もろもろの 武器も悪意も ない者を 棒で害する 悪者は(137~140)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


もろもろの 武器も悪意も ない者を 棒で害する 悪者は
次の災難 訪れる 激しい痛みと 老衰と 身体の破壊と 重病と
心の錯乱 逮捕投獄 誹謗中傷 一族滅亡 破産の末に 火事に遭い
死後は必ず 地獄に再生(137~140) 


ヨー ダンデーナ  アダンデース     アッパドゥッテース     ドゥッサティ
Yo   daṇḍena  adaṇḍesu,    appaduṭṭhesu    dussati;
人は  棒で    棒のない者   悪意のない者に   害する

ダサンナマンニャタラン ターナン   キッパメーワ ニガッチャティ
Dasannamaññataraṃ   ṭhānaṃ,  khippameva  nigacchati.(137)
十のうちの一つの     状態に  極めてすぐに  陥る

ウェーダナン パルサン ジャーニン サリーラッサ チャ ベーダナン
Vedanaṃ   pharusaṃ  jāniṃ,   sarīrassa   ca  bhedanaṃ;
感受     激しい   老衰    肉体の   と   破壊

ガルカン ワーピ   アーバダン チッタッケーパン   ワー パープネー
Garukaṃ  vāpi   ābādhaṃ,   cittakkhepaṃ  va   pāpuṇe.(138)
重大な  或は   病気     心の錯乱    或は  得るであろう

ラージャトー ワー ウパッサッガン アッバッカーナン ワー ダールナン
Rājato   vā   upassaggaṃ,   abbhakkhānaṃ   va   dāruṇaṃ;
王からの  或は  禍        誹謗       或は  恐ろしい

パリッカヤン ワー ニャーティーナン ボーガーナン ワー パバングラン
Parikkhayaṃ  va  ñātīnaṃ,    bhogānaṃ   va  pabhaṅguraṃ.(139)
滅亡      或は 親族の    財産の   或は 破滅

アタ ワッサ アガーラーニ アッギ ダハティ パーワコー
Atha  vāssa    agārāni,    aggi   ḍahati     pāvako;
或は  また彼の  家を     火が  焼き尽くす  かがやく


カーヤッサ ベーダー ドゥッパンニョー ニラヤン ソーパパッジャティ
Kāyassa    bhedā    duppañño,    nirayaṃ  sopapajjati.(140)
身体の    破壊から   智慧なき    地獄に   彼は再生する


○直訳
棒のない者、悪意のない者に棒で害する人は
十のうちの一つの状態に、 極めてすぐに 陥る(137)

激しい感受(激痛)①、老衰②と 肉体の破壊③
或は重大な病気④、心の錯乱⑤、を 得るであろう(138)

或は王からの禍⑥、或は恐ろしい誹謗⑦、
或は親族の滅亡⑧、或は財産の破滅⑨、(139)

或はまた彼の家をかがやく火が 焼き尽くす⑩
智慧なき彼は身体の破壊から地獄に再生する(140)


○一口メモ
今回の詩は、四つの詩が一つながりまとめて掲載します。
要約は短歌でまとめられないので、長歌にしました。
おかげで、万葉時代の柿本人麻呂の気分になりましたが、詩の内容は恐ろしいですね。
決して、悪いことはできないと思います。

しかし、仏教は決して脅して、教えを信じさせると言うやり方はとりません。自分で確かめながら、理解して、実践するものなのです。ですから、ブッダは情報を提供しているのです。この詩が示すように、棒のない者とは、抵抗しないもの、非暴力な人です。悪意のない人は怒りのない人、心の清らかな人です。そのような人を暴力で傷つけたらどうなるでしょうか。考えてみて下さい。過去にそのような人はどうなったでしょうか。ここに上げた10項目はサンプルです。日本や世界の歴史上の暴君を調べて見ても、彼らの末路はどうなったかを見れば、この詩に述べられていることはこの詩の正当性が納得できるのではないでしょうか。

もろもろの 武器も悪意も ない者を 棒で害する 悪者は
次の災難 訪れる 激しい痛みと 老衰と 身体の破壊と 重病と
心の錯乱 逮捕投獄 誹謗中傷 一族滅亡 破産の末に 火事に遭い
死後は必ず 地獄に再生(137~140) 


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_6.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_13.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年07月20日 07:01
おはようございます。

私を苛める先輩に、不幸なことが起こりました。うまく説明できないのですが、私に吐きかけた毒が、先輩自身に反ってしまったようにみえます。
先輩は機嫌が悪くなって、ますます荒れ狂っています。また罪を作るのでしょう。悪循環だなと思います。

一人一人が幸せでないと、本当の幸せはないのだな、と思います。もしくは完全に悟って誰の影響も受けなくなるか…。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
とも
2012年07月20日 07:27
おはようございます
この世はこうなっているのですね。知っている人のことで思い当たる節があります。が人の悪いところは見ません。ダンマパダ50番、自分を観察します。したこと、しなかったことを。

パーリー語と読み、訳のズレですが全然気にならないですよ。このままでよいとおもいます。

あすかさん
昨日新月だったのですね。今気づきました(^_^)
本日ウポーサタ行います。毎日懺悔の日々です(..;)
ささ
2012年07月20日 09:31
お久しぶりです。皆さま、おはようございます。

恐ろしい詩ですね(苦笑)しかし、歴史にも身近にも思い当たる事があります。
悪い事はしないよう繰り返し繰り返し気をつけたいと思います。

昨日、初ウポーサタ(だいぶ自己流かもしれませんが…)を行いました。定かな時間が分からなかったので、職場のシフトで決められている昼食をとった以降、夕飯を抜きました。
自身の中では職場に化粧をせずに行くというのが結構厳しいと思いました。
顔をみられる度に気になってしまいましたが、なんとか一日何も言われず(触れられなかったのかもしれません(^^;;)終える事が出来ました。

実際に行ってみて感じた事は、夕飯を食べないという事で、朝、昼こうしようと計画的になれたこと。化粧などしないこと、夕飯をとらない事で、余計な時間がとられず、他の事に時間を使えるのだな。合理的だなと感じました。

なるほど、お腹が膨れてないと歩く瞑想もいつもよりスッキリ行う事が出来、修行に集中できるのだなと実感。

しかし情けない事に、慈悲の瞑想をしている最中、心地よい眠りに誘われてしまい、家族に聞いたところ、かなり長い時間、正座に合掌して額をつけた体勢で眠っていたようです。
座る瞑想をスッキリ出来ると思っていたのに残念でした。

ワンギーサ先生の紹介とあすかさんのコメントのおかげで、貴重な経験をする事が出来ました。恥ずかしながらご報告でした。

ともさん、がんばってください。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
noritarou
2012年07月20日 11:15
雲を離れた月のように、世界を照らす人たちがいることも確かですが、人類の歴史が積み重なるほどに、地獄は賑わっているのではないでしょうか。
個人が覚醒していても、大衆は、ブッダの言葉よりもヒトラーの言葉を聞いてしまいます。今でいえば、橋本さんや石原さんですね。社会の不正、悪を止めることは今も昔も、出来ません。出来ていたら、原発は建っていないし、再稼働もしていません。戦争は止むはずです。そして、権力が社会を抑えるために、大勢の方が知らないうちに
>武器も悪意も ない者を 棒で害する 悪者
となり、増えることになります。
せめて私は、棒で打たれる側に回りたいものです。
生きとしけるものが幸せでありますように。
あすか
2012年07月20日 18:20
禁止です、しなさい、とはどこにも
書いていません。押しつけでなく、
自分で考えるのですね。

今日は長歌。文学的、科学的、
どちらか一方ではない、
先生の幅広さが嬉しいです。
お釈迦様も阿羅漢の皆様も
偏ってないですものね。
>カエルくん
どこにもいますね。私もターゲット。
注意が正当→改善、
やつあたり→気にしない、
そして慈悲の瞑想。
よい訓練の機会と考えて、
お互い精進しましょう。^^
悪循環におちいってる人々も
幸せでありますように。
>ともさん、さささん、
私も今日もやります。
型どおりできないからやらない、より、
少々アレンジの方がいい気もします。
ただし、都合よくねじまげてないか、
変えてはいけない所まで変えてないか、
毎回見直すようにしています。
===========
会議や仕事も在宅でできる時代。
直接参加のようにはいかなくとも
オンライン瞑想指導のような機会、
できると嬉しいです。
もちろん参加が理想ですが、
産後だの何だの、行けない時ほど、
皮肉にも、参加できる時以上に
指導が必要な気がするのです。
===========
さて、この後寝るまでが魔の時間。
マーラの誘いにはのりませんよ。
危ないのでここで宣言。^^;
カエルくん
2012年07月20日 19:16
あすか様
いつもエールをありがとうございます(*^^*)
先輩は怒りをモチベーションにして生きている人で、近くに寄ると怒りがぐるぐる回転しているのがよく分かります。
私は慈悲の瞑想で対抗です。慈悲の気持ちをぐるぐる回転させていると、影響を最小限に抑えられます。
ほんとに良い訓練の場ですね。

ささ様
初ウポーサタ、おめでとうございます。
ノーメイクで出勤したとのこと。尊敬します。
これまで、化粧を理由に逃げていましたが、私もやってみようかな…という気持ちになりました。
うう。でも勇気が出ませんが…。
自分が気にしているほど、周りは気にしてないかもしれないですね。
皆様に触発されて、次回ひとりウポーサタにチャレンジしてみようと思います。
こころざし
2015年11月22日 07:50
心の清らかな人を害するような事をすると、悪業がどっと増すように思います。
世界の独裁者等でなくても、日常レベルで道徳的に生きれない方はいるように思います。その中で害する人に同調して悪業が増さないように、心清らかでいられるように精進したいです。