着飾るも 冷静自制 純潔な 暴力振るわぬ 彼はバラモン(142)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


アランカトー  チェーピ  サマン   チャレッヤ
Alaṅkato     cepi     samaṃ  careyya,
着飾ると    いえども   正しく   行い

サントー  ダントー  ニヤトー  ブラフマチャーリー
santo    danto    niyato    brahmacārī;
静まり   調御し  定まり    梵行者(であり)

サッベース  ブーテース  ニダーヤ  ダンダン
Sabbesu    bhūtesu    nidhāya   daṇḍaṃ,
すべての   生き物に    下に置く   棒を

ソー  ブラーフマノー  ソー  サマノー   サ   ビックー
so   brāhmaṇo     so    samaṇo   sa   bhikkhu.
彼は バラモン     彼は  沙門     彼は  比丘


○直訳
着飾るといえども、正しく行い
(心が)静まり、(自己を)調御し、(道が)定まる、梵行者(であり)、
すべての生き物に対して棒を下に置く
彼はバラモン、彼は沙門、彼は比丘(である)


○一口メモ
上の直訳の「着飾るといえども」の意味は、昨日の141番の出だし「裸身の行」と対比して、外見はどうであれ、大切なことは、行為と内面、心の状態だと言っているのです。

行為と内面のチェックポイントは次の通りです。
①正しく行うこと。五戒を守っていること。
②心が静まっていること。
③自己を制御していること。
④道が定まっていること。仏道を歩むという確信があること。
⑤梵行者であること。禁欲、清浄行の実践者でありこと。
⑥「すべての生き物に対して棒を下に置く」の意味は「すべての生き物に対して暴力を振るわない」ということ。

この詩は昨日の詩とは独立のものとも考えられますが、一対の詩と考えた方が分かりやすいと思います。また、実は昨日の詩には棒(暴力)と言う言葉が出ていないのに、「暴力の章」に編集されているのです。それは今回の詩と一対になっているからだと考えられます。

①から⑥を実践している人は、バラモン(阿羅漢)であり、沙門(出家修行者)であり、比丘であると言うのです。

ダンマパダには外見と内面に関する次のような詩が既にありました。
煩悩の 汚れなくさぬ 坊さんは きれいな衣が 似合いませんよ(9)
煩悩の 汚れなくす 坊さんは きれいな衣が よく似合う(10)


「着飾るも 冷静自制 純潔な 暴力振るわぬ 彼はバラモン」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_8.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_15.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年07月22日 05:10
おはようございます。

ちょうど次のウポーサタに、ノーメイクで出勤すべきかどうか迷っていたので、この詩は考えさせられました。
自分の外見に固執していなければ、着飾っていても良いし、着飾らなくても良いし、ということなのかな、と受け取りました。
もちろん、職業によってはフルメイクが必要な場合もあるでしょうし…。
あまり、化粧については悩まないことにします。
noritarou
2012年07月22日 12:58
生きてると、次々に新たな苦しみに出会いますね。苦しみこそが、生きる本質と言われますね。
仏教は、それを乗り越えるための智慧を教えてくれています。ワンギーサ先生をはじめ、お坊様は、私のような凡愚が溺れないように浮輪を投げてくれています。お坊様のような、素晴らしい格好をしてみたいです。私の業、私の罪、私の汚れ、煩悩の大海で泳いでいる私にも、悟りの光があらわれますように。
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように。
あすか
2012年07月22日 18:08
「自分のためのおしゃれは
おしゃれじゃないの、エゴなの。」
ある人の言葉です。
過剰なおしゃれ、だらしない身なり
どちらも極端はよくないですね。
いくら心を清らかにといっても
社会で生活している以上、
できるだけ周りに不快感を与えない
身なりは大切です。
カエルくんも仰るとおりメイクも
職業によっては必須ですよね。
ときにそれもユニフォームの一部。
仏道を実践しようとすると
いろいろでてくるものですね。^^;
私はノーメイクでも大丈夫な
仕事に変えました。
(精進の為だけでなく、体質的に
お化粧があわないようなので)

「おしゃれをしても、
おいしいものを選んで食べても、
普通の社会で皆と仲良く、楽しく、
生きていても、心の清らかな人が
すばらしい人です。」
長老のこの言葉を心に刻み、
内も外もシンプルで清らかに
しておくよう努力します。
とも
2012年07月22日 20:36
こんにちは
その人のファッションで大体の好みや性格がわかる感じがしますが妄想ですね。
気をつけます。
六つのチェックポイントで自分の状態をチェックします。
ありがとうございました。

2012年07月22日 22:38
ワンギーサ師、今晩は
僕も着飾ることを優先し精舎に派手な服を着てきてしまったり
瞑想に適さぬ服(デニム等の硬く柔軟性のないパンツ)を
はいてきてしまうことがありました
以後、気をつけます
こころざし
2015年11月23日 08:35
心の状態を着飾るように出来るよう6つの行為と内面のチェックポイントを実践して参りたいです。
自身を見ると、そのレベルは低いと感じざるを得ません。特に ②心が静まっていること・ ③自己を制御していることについて、誰かに指示・命令を受けるような状況時において容易に難が出て心が曇り反発する自分がいます。そのような時でも心が静まり・制御出来るように努め、成長していきたいです。