職人は 材料ととのえ 仕事する 清浄な人は 自己をととのえる(145)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ウダカンヒ   ナヤンティ  ネッティカー
Udakañhi    nayanti    nettikā,
水を まさに  導く     治水者は

ウサカーラー  ナマヤンティ  テージャナン
usukārā     namayanti   tejanaṃ;
矢作りは    矯正する    矢を

ダールン  ナマヤンティ  タッチャカー
Dāruṃ    namayanti   tacchakā,
木を     矯正する   大工は

アッターナン  ダマヤンティ  スッバター
attānaṃ     damayanti   subbatā.
自己を     調御する    善行者は


○直訳
まさに治水者は水を導く
矢作りは矢を矯正する
大工は木を矯正する
善行者は自己を調御する


○子供のためのダンマパダ
あのおじちゃんたちは水田に水を導いているんですよ
このおじちゃんたちは矢を作っているんですよ
このおじちゃんたちは家具職人ですよ
尊師、私は何をやればいいのですか
出家した人は心を育てるものなんですよ


○一口メモ
前々回のブログ記事に次のように書いてあります。
「今回の145番の詩は、80番の詩と、4行目の一つの言葉、「賢い人」と「善行者」だけ異なるだけです。80番は「賢者の章」の詩ですが、今回は「暴力の章」の中の詩です。なぜここにあるのかは分かりません。古典といわれるものは、古い時代のものだけに、言葉の使い方や背景となる時代が違いますので現代からは、理解できない謎も多いのです。仏教の本筋から言えばそれらに興味を持つのは邪道かも知れませんが、たまにはそんなことを考えるのも楽しいものです。」

しかし、今はこの詩が「暴力(棒)の章」に置かれているかわかります。詩には「矢」(武器)という言葉があるからです。80番の詩は、「賢者」という言葉があるので、「賢者の章」にあるのです。2009年には分からなかったことが、2012年には分かるというのも面白いです。

この詩ができた因縁物語は、大人にも子供にも非常に面白く、ためになるものですから是非お読みください。前回のブログ記事に、スマナサーラ長老がまとめたものを引用してあります。http://76263383.at.webry.info/201002/article_17.html


「職人は 材料ととのえ 仕事する 清浄な人は 自己をととのえる」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_10.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_17.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

とも
2012年07月25日 07:21
おはようございます
 スマナサーラ長老がまとめられた因縁物語、読みました。
素直で真面目な沙弥を尊敬します。
 私は今までにあまりにも多くの悪行を重ねてきて、無駄な知識が多く、心が汚れきっていますのでなかなか悟りまでは辿り着けそうにありませんが、この沙弥を見習って真面目に進んで行こうと決意しました。
あすか
2012年07月25日 10:14
子供のためのダンマパダ、いいですね。
子ども達にも心が柔軟なうちから
触れる機会を作ってあげたいです。
洗脳や押しつけではないですし、
考える力を養います。
どれが正しいということでなく、
今の西洋的、科学的な見方だけが
絶対というのも怖い気がするのです。
カエルくん
2012年07月25日 17:55
こんにちは。

身近にいる子供というと甥や姪ですが、自分は彼らのお手本になれるような大人だろうか…と、考えてしまいました。
彼らを大事に思っている分、余計にしっかりしなくては、と考えました。
2012年07月25日 19:08
こんばんは。

「善行者は自己を調御する」という偈の意味で、昨日はお寺で経集の「人間が破滅する十二の門をスマナサーラ長老に経典解説して頂き大変参考になりました。

その中で第三の破滅の門に「睡眠の癖、貪り、好み」のNiddaasiilinの項目がありました。
〃人間は疲れを取るため休息は必要だが、必要以上に寝るのを好むのは=動物と同じだという事。

蛇、犬猫など食べる以外寝ている。なので動物はそれくらいしか脳のプログラムがない。
よって「心を開発する、調御する」などは出来ない。

人間が睡眠を好むという事は「動物並で進化しない」という事。

「寝る子は育つ」?というが、多く睡眠を取る事で良いことは一つもない。
で一旦(幼少期)でも「寝る癖をつける」と脳にその回路が出来、なかなかそのルートが消せない〃。(眠るというのが、その人間の習慣になり、身体の体質が何でも眠る体質になってしまう。)

実に耳が痛いご法話でした。

なるほどスマナサーラ長老の頭脳明晰さやあの膨大なお仕事量を拝見致しますと納得です。
noritarou
2012年07月25日 21:18
自然を人に役立つように手を加えることで仕事は成り立ち、その恩恵を被ることで人間は快適に、便利に生活することが出来ます。今目の前に広がる文明社会は、その積み重ねのありようですね。そしてその社会も楽や怠けが根底にある。
私は世界を織り成す部品のひとつに過ぎません。あらゆる行為の中で、心を制御することが清らかな道だと言われます。まさに今、これからしようとしているひと呼吸の中にある内面世界に、制御を超えた世界を観察してみたいと思います。
SRKWブッダ
2014年08月08日 22:20
一度導かれた水は、散じることがない。
一度まっすぐにされた矢は、曲がってしまうことがない。
一度整備された木材は、変形することがない。
一度自己を矯めたならば、まっすぐに歩むことを得る。(その先に、確かにニルヴァーナが存在している。)

(それぞれの)巧みはそのようにするし、そのように出来るものである。

慧能ブッダ曰く。『功徳とは、見性することに巧みであり、素直なこころが徳そのものであることを云う。』

***
こころざし
2015年11月24日 07:47
心を育てる事は、何より大事なことと実感しています。
こちらで勉強をさせて頂きながら、日常であれもこれも重なると切れる自分がいます。修行不足を感じます。
心を育てて、そして導かれた水・矯正された矢や木のようにまっぐに成れるように精進したいです。