善業の 結果はなくとも 安心だ 善業熟せば 幸せいっぱい(120)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


バドゥローピ   パッサティ   パーパン
Bhadropi      passati      pāpaṃ,
善人も      見る      不幸を

ヤーワ   バドゥラン   ナ   パッチャティ
yāva     bhadraṃ    na    paccati;
限り     善が     ない   熟さ

ヤダー  チャ     パッチャティ  バドゥラン
Yadā    ca      paccati     bhadraṃ,
その時  しかし    熟した     善が

アタ     バドゥロー    バドゥラーニ  パッサティ
atha     bhadro      bhadrāni     passati.
その時   善人は      幸せを     見る


○直訳
善が熟さない限り
善人も不幸を見る(=不幸でいる)
しかし、善が熟すその時
その時善人は幸福を見る(=幸福になる)

○一口メモ
今回は瞑想について考えてみようと思います。

智慧を得る方法は次の三つがあります。
1.因果関係を考え考察して得る方法
2.聴き学んで得る方法
3.八正道と瞑想の実践から得る方法

この1.2.については、多くの人々に受け入れられて、実践もされています。
しかし、3.については多くの人々に受け入れられていません。そればかりか、その必要性を認める人でも、実践する人は少ないのです。

特に瞑想の必要性を学び瞑想合宿などに参加して、瞑想を初めても心は瞑想を嫌がっている様子がよく分かります。瞑想は簡単でなく、時間がかかり、エネルギーが必要で、できればやりたくないものなのです。

この瞑想という善行為は、その結果が出るまでは、実践者にとって不幸の状態であると言っていいのです。ですから、この詩の例として瞑想を取り上げてみました。

瞑想と言われるもの種類は非常に多くあり、玉石混合の状態で、はっきり言って危険なものもあります。しかし、ブッダの教えるヴィパッサナー瞑想や慈悲の瞑想などは一切副作用がなく安全です。

しかも、人類の最高・最善の智慧を得る瞑想です。せっかく人間として生まれて、それを知らずに、実践せずに人生を終わってしまうのは、本当にもったいない話ですが、縁がなかったとしか言いようがありません。

しかし、反対にそれらの瞑想法にめぐりあい、それを実践できたならば、これほど幸運なことはありません。それはこれまでの善業のおかげなのです。それだけの善業に恵まれた人は、成功する条件は十分にあります。少し精進を始めれば、多く精進することができるようになり、善業が熟せば 幸せいっぱいになると確信します。

「善業の 結果はなくとも 安心だ 善業熟せば 幸せいっぱい」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_24.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_31.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

とも
2012年07月03日 05:00
おはようございます
 時に嫌になって瞑想をサボることがありますが、今日の先生の解説を読み、やる気が出てきました。何の因果か、せっかくテーラワーダ仏教に巡り会えたので精進して幸せになります。ありがとうございました。
カエルくん
2012年07月03日 05:15
おはようございます。

瞑想法に出会えたこと自体が善業の結果、と聞くと何だか嬉しくなります。
人間に生まれてくるのは稀なこと。
仏法を聞くことが出来るのは更に稀なこと。
そう思うと、この幸運を逃がさずに実践しようという気持ちが強くなります。
今日も一日精進します。
2012年07月03日 07:25
おはようございます。確かに現世でちゃんと循環有機農法を営んでいる方々が、突然ベトナム枯葉剤で儲けた遺伝子組み換え農薬会社から盗みで訴えられたり、
福島で無農薬農業が軌道にのってこれから学校給食にも配給という喜びの時に、福島原発の核爆発に将来を悲観して自殺してしまった例とかを見ると実に「理不尽な事」だと思ったりもします。

この偈で思い出しますのは、パーリ小部経典の最後の方に比喩譬経みたいなのがありまして、そこには仏陀になるまでのご自分の為した数々の悪業を仏陀自ら詩の形で独白するものがありまして、輪廻の中で悪業の報いにより悪趣に落ちたり、仏陀になられた後の言われなき誹謗中傷、妨害も
悪業の残余であると述べられています。
(南伝大蔵経小部経典訳による)

お幸せでありますように。

『すべて作られたものは 壊れる性質のものである。 気づきを怠らずに 修行を完成させなさい。』仏陀最後の御言葉~ 大般涅槃経より・Ven.A.Sumanasara スマナサーラ Nayaka ナーヤカ Theroテーロー訳)  
祈願 衆生皆安穏 三宝御加護

あすか
2012年07月03日 08:44
せっかくの瞑想なのに、あやしげな
ものも多いのは残念です。とはいえ、
瞑想に限ったことではないので何事も
よく見る目を養わねばなりませんね。

奇跡的な確率で人間に生まれ、
奇跡的な確率で教えに出会えました。
貴重な機会に恵まれたことに感謝し、
有難い時間を無駄にせぬよう
精進に励みます。

今日も皆様の歩みが進みますように。
生きとし生けるものが
幸せでおだやかでありますように。
noritarou
2012年07月03日 09:59
仏教と出会えた奇跡に感謝します。
私は日に何度も慈悲の瞑想に還り、呼吸に還ろうとします。また、身体の動き、存在に気付こうとし、自分がイライラしたり、焦ったり、喜んだり、感情を持った時にサティを入れることを気をつけるようにしています。感情の始まりに気付き、感情に栄養を与えないこと。深く感情の根源を見ること、そのように感情を制御することに重点を置いています。
本来は、誰もいない時間、空間で瞑想するのがいいのでしょうけど、なかなか出来ません。精進します。
善友の存在に感謝します。励まされます。有難いです。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
ささ
2012年07月03日 17:31
お釈迦さまの教えてくださる瞑想法に出会え、更に実践出来る事がこれまでの善業とは、これほど嬉しいお言葉はありません。

日々めげずに少しずつ実践していたら、以前より座る瞑想も眠気に負けず出来るようになってきました。
これからも、毎日少しずつ精進していきたいと思います。

励みになる解説、いつもありがとうございます。

皆さまが、生きとし生けるものが幸せでありますように。
こころざし
2015年11月16日 07:26
冥想はやる気とは裏腹に、日々何かしらの用事を先行させて、深層心理?では出来ればやりたくないのかな・・と感じる自分がいます。ノルマのようにやるまでもっていく時もあります。
ですが、冥想をした後の心の爽やかさはなんとも言えない幸福感があります、やって良かったなと思わないときはない位いです。
なんだかんだあっても志を持って、冥想を行って参りたいです。