学ぶこと 少ない人は 牛のよう 肉は増えるが 智慧は増えない(152)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


アッパッスターヤン  プリソー
Appassutāyaṃ     puriso,
少し 聞く       人は

バリワッドーワ  ジーラティ
balivaddova    jīrati;
牡牛 ように   老いる

マンサーニ  タッサ   ワッダンティ
Maṃsāni    tassa    vaḍḍhanti,
肉は      彼の   増える

パンニャー  タッサ  ナ   ワッダティ
paññā     tassa   na   vaḍḍhati.
智慧は     彼の  ない  増え


○直訳
少し聞く人は
牡牛のように老いる
彼の肉は増える(が)
彼の智慧は増えない


○一口メモ
「少し聞く人は」の「聞く」とは学ぶという意味です。
文字がない時代の勉強は、先生から知識や知恵について聞いて学ぶのでした。ですから学ぶとは聞くことでした。
「少し聞く人は」、「少ししか勉強しない人は」という意味です。
「牡牛のように老いる」とは、牡牛と同じような老い方をするという意味です。
牡牛のような老い方とはどのようなものでしょうか?
それは、次の二行「彼の肉は増える(が)、彼の智慧は増えない」です。

さて、この「彼の肉は増える(が)、彼の智慧は増えない」についてどう考えるべきでしょうか?

ここで考えておくべきことは、牡牛であるということと、インドの牛ということです。
インドでは、牛は聖なる動物としていますから、牛の肉はたべません。ですから肉が増えても食用として役に立つわけではありません。また、牡牛の場合は牛乳が取れるわけではありませんから、役に立たないのです。労働に使えますが、太った老いた牛はあまり役に立たないと思います。

牛は学ぶわけではありませんから、智慧もふえません。そのような役に立たない老い方を牡牛のような老い方と言うのです。これで良いわけはありません。

ブッダの言葉からもう少し、学んでみましょう。
少し学ぶのではなく、多く学べばどのようになるでしょう。
そすれば、牡牛の老い方と違う老い方ができるということでしょう。
牡牛の老い方は役に立たない老い方でしたが、牡牛と違う老い方は役に立つ老い方です。
ここまで考えてくると老い方とは生き方だったのですね。

多く学ぶと何が分かるのでしょうか?
いろいろな生命の生き方が分かってきます。生命は生まれ、成長し、悩み、苦しみながらも、子供を産み、育て、老いて、病み、死にます。その中で、自分と同じように、すべての生命は苦しみをなくし、幸せに生きたいと望んでいることが分かります。

そうであるならば、すべての生命の望みが叶えられるような生き方が役に立つ生き方でしょう。すべて生命の中には、もちろん自分自身も含みます。自分の親しい人々もそうです。生きとし生けるものが幸せになるような生き方が役にたつ生き方なのです。多く学ぶことで、役に立つ老い方、すなわち役にたつ生き方とは何かが分かってくるのです。


「学ぶこと 少ない人は 牛のよう 肉は増えるが 智慧は増えない」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_17.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_24.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

2012年08月01日 06:53
おはようございます。
この偈で思うのは、三食(特に夕食)を好きなだけ食べると、あとは寝るだけで、冥想などとても出来ないし、お経を読む気にもなりません。
ただ腹が出るだけ(笑)。
諸佛の教えや増支部経典に「食事の量を調節しないならば、身随観(身体の冥想)は出来ない」とあった事を今思い出しました。
noritarou
2012年08月01日 10:19
「聞く」とは、師の話はもとより、自分自身の深い部分に対して、敬虔な気持ちで傾聴する態度のことも含まれているように思います。
「学ぶ」とは、知識を増やすこともそうですが、何よりも自分の呼吸に、感覚に学ぶことだとも思います。

長老の法話にもありましたが、今、オリンピックが賑やかです。
もちろん、参加してる方達は素晴らしい方ばかりなので、その人たちが楽しんだらいいだけのもので、そこまで騒ぐこともないと思ってしまいます。
それに、肉体を賛美することが、生きている人間にとって、それほど良いこととは思えません。
ここで提案なんですが、こういうオリンピックでこそ、1位を決めないのはどうなのでしょうか?
結局、人生も、競技も、その人が全力を出し切れたらいいだけだと思います。
勝ち負けから来る緊張感、優越感、劣等感、悔しさ、そういうのがないスポーツの世界も、たまには見せたらいいんじゃないかと思います。
決勝出場者、全員1位。勝っても負けても優勝。8人全員金メダルとか^^
私のように、選手の競演を見るだけで、順位はどうだっていいって人が多数いると思うんですが。。。
あすか
2012年08月01日 10:37
肉は増えるときいて、
だらだらしてると体型も、
と連想してしまいました。
役に立たないという例えなのですね。

今朝、5時から家で礼拝に挑戦。
ウポーサタ、雨安居入りを
一日勘違いしたからなのですが
朝は涼しくていろいろはかどり、
一日得した気分。
日々少しでも多く学べるよう、
習慣にしようかと考えています。

>カエルくん 
髪って老化が顕著で気になりますね。
在家女性が剃髪というわけにも行かず
ショートカットにしたところ、
だいぶ悩みが減りました。^^;
身なりは人が不愉快に感じない、
を基準にしたいのですが人それぞれ。
難しいです。
カエルくん
2012年08月01日 18:02
こんにちは。

学ぶことも、瞑想も、サボる口実はたくさんあります。
結果、牡牛のように老いる、と言われるのは恥ずかしいことだと思いました。
精進します。
こころざし
2015年11月26日 12:47
色々と知識を増やそうとするような生き方を通じ、様々な人の生き様に接する機会を頂きました。人それぞれ・・でも無明な点では一致しているように感じます。
こちらからすべてに皆様が幸いになるような生き方を学び、そして実践して参りたいです。