善いことを たくさん行い 悪いこと 行わなければ どこでも安心(169)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


○子供のためのダンマパダ

みんなと仲良くしなさい
けんかはしないように
そうすれば楽しく遊べるよ


○パーリ語原文と訳語

ダンマン    チャレー   スチャリタン
Dhammaṃ   care      sucaritaṃ,
法を      行うように  善行の

ナ  ナン  ドゥッチャリタン チャレー
na   naṃ  duccaritaṃ     care;
ない その  悪行を       行わ(ない)ように

ダンマチャーリー  スカン   セーティ
Dhammacārī     sukhaṃ   seti,
法 行者は      楽に    臥す
 
アスミン ローケー  パランヒ  チャ
asmiṃ   loke    paramhi   ca.
この    世    あの    と

○直訳
善行の法を行うように
その悪行を行わないように
(善行の)法行者は楽に臥す
この世とあの世で

○一口メモ
奮起するように、放逸にならないように
善行の法を行うように
(善行の)法行者は楽に臥す
この世とあの世で(168 昨日の詩)

善行の法を行うように
その悪行を行わないように
(善行の)法行者は楽に臥す
この世とあの世で(169 今日の詩)

前半2行の内、一行が異なります。
後半2行は同じ句です。
前半は条件で後半が結論です。後半の結論は同じです。


姿勢を正しなさい、だらだらしないこと
先に宿題をすませなさい
そうすれば楽しく遊べるよ(昨日の子供のためのダンマパダ)

みんなと仲良くしなさい
けんかはしないように
そうすれば楽しく遊べるよ(今日の子供のためのダンマパダ)

ウツの時 背筋伸ばして 気合入れ 善いことすれば 元気が出るよ(168)
善いことを たくさん行い 悪いこと 行わなければ どこでも安心(169)

「どこでも安心」の「どこでも」は「この世とあの世」という意味です。

昨日の詩と今日の詩を比べてみました。
皆様も二つの詩を比べて、ブッダの意図を考えて下さい。


「善いことを たくさん行い 悪いこと 行わなければ どこでも安心」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200905/article_1.html
http://76263383.at.webry.info/201003/article_10.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年08月18日 08:37
おはようございます。

善いことをして悪いことをしない。仏道の基本ですよね。分かっていても完全に実行するのは難しい。チャレンジしがいがあります。

眠ることが好きです。心を休める手段のひとつになっています。でも集中して瞑想ができたときは、眠ることよりももっと「心が休んだなあ」という気持ちがします。
眠ることを瞑想に置き換えて過ごせれば良いのでしょうか。言うのは簡単ですが、実行となると…。
ちょっとずつですね。がんばります。
あすか
2012年08月18日 12:20
168で「さぁ、善行為をはじめましょう」
169で「善行為を繰り返し続けましょう」
といった感じでしょうか。

新月ですね。
新たな気持で精進します。
ささ
2012年08月18日 16:03
二つの詩を見比べて思い出したのは、経典解説でスマナサーラ長老に教わったことです。
①瞬発力②維持する
①まずスタートする。はじめなさい。動きなさい。
②動いたら、一歩ずつ難しくなる。それから、動きを妨げる怠けに気を付ける。
成長するにはこの二つが必要。
山登りと一緒で上に行くほど苦しい。どんどん難しくなる=これが当たり前→誰もがやらない→だめになる。

難しいのは当たり前なんだから、明るく、今日も苦しくなるでしょうと、取り組みましょう。
なんだこりゃと怒りで取り組んではだめ。

背筋を伸ばすことについても、心のエネルギーが減ってくると猫背になってくる(呼吸してない)。
背筋を伸ばしていると、エネルギーが生まれてくる。

以上、メモしたノートからでした。

動きだすのにまず勇気が必要で、動き出したら続けることと、必ず出てきてしまう欲や怒りや怠けに負けないように励み続けること。お釈迦さまの意図に慈しみを感じます。

新月ですね。いつもより長い時間瞑想することに加え、教えを学ぶ時間をいつもより多くとろうと計画しています。

高橋優太
2012年08月18日 21:05
ワンギーサ先生、皆様、今晩は。
奮起すること。そういえば前に「努力のエネルギーは使えば使うほど大きくなる。省エネは電気やガスなど資源にだけすればいい。」ということを言っている人がいました。物のエネルギーはすぐになくなりますが、慈悲は無量・無限大に育てることができるので、奮起して惜しみなく慈悲の心を育てたいです。

最近は忙しいので前のように毎日コメント・勉強できないですが、時間を見つけてまたコメント・勉強させていただきます。ありがとうございました。生きとし生けるものが幸せでありますように。
こころざし
2015年12月02日 07:57
良い評価を得ようとか迷惑になりたくないとかを思うよりも、悪いことをせず善いことをしようとする方が現実的で結果も確実と思います。
見栄を張ったりすると転ぶ原因になると思いますので、とにかく善行為をするように努めたいです。