放逸を 後には止めた 正念者 満月のよう 世を照らす(172)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


○子供のためのダンマパダ

三年寝ていた寝太郎は
ある時突然起き上がり
岩を動かし川を止め
洪水のない農地を作ったとさ


○パーリ語原文と訳語

ヨー  チャ   プッベー  パマッジトゥワー
Yo    ca    pubbe    pamajjitvā,
者が  しかし  以前は    放逸であった

パッチャー ソー   ナッパマッジャティ
pacchā    so    nappamajjati;
後で    彼は   不放逸になる

ソー  イマン  ローカン  パバーセーティ
So   imaṃ   lokaṃ    pabhāseti,
彼は  この   世を    輝かす

アバー  ムットー  ワ     チャンディマー
abbhā   mutto   va     candimā.
雲を   離れた   ように   月


○直訳
以前は放逸であった者が
しかし、後ではれは不放逸になった
彼はこの世を輝かす
雲を離れた月のように


○一口メモ
「子供のためのダンマパダ」では表現できなかったのですが、この詩では「怠け」と「放逸」の違いを理解することが大切です。

この詩の因縁物語にサムマジャナ(掃除)長老が出てきます。彼は一日の多くの時間を僧院の掃除に費やしていました。一方、レヴァタ長老は、多くの時間を瞑想に集中していました。ある時、サムマジャナ長老はレヴァタ長老に「あなたは大変な怠け者だ」と批判しました。これに対して、レヴァタ長老は「比丘は一日掃除ばかりしていればよいと言うものではない。多くの時間は、瞑想して、自分自身に注意を向けている不放逸の態度が必要だ」と諭しました。彼はこの忠告に目覚めて、以後正しい修行に励み、「雲を離れた月のように世を輝かす」阿羅漢になりました。

という訳で、修行者が掃除などをして働いていれば怠けているとは言えませんが、修行者の本分である正しい修行するという点から見ると怠けているということになります。正しい修行をするためには、不放逸(心を悪から守る気づきを続けること)が必要なのです。この気づきによって心が成長し、智慧が生まれ、修行者は阿羅漢になり、世を輝かすことができるのです。この気づきを育て、智慧を開発する瞑想がヴィパッサナー瞑想です。

尚、「子供のためのダンマパダ」に用いた三年寝太郎の話題はいろいろな伝説があるようですが、私は単に、三年寝ていて怠けていた寝太郎が、ある時皆のために働いて、皆のためになる仕事をして、皆に喜ばれたと言うことを言いたかっただけですので、あまり、深く詮索しないで下さい。


「放逸を 後には止めた 正念者 満月のよう 世を照らす」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200905/article_4.html
http://76263383.at.webry.info/201003/article_13.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

2012年08月21日 07:09
おはようございます。実にこの偈には怠け者の僕は励まされます。

>さささん
本日のダンマパダ因縁物語に偶然?あうような、また
睡眠につきまして、小部経典・如是語経からご紹介致します(編集引用)。(原始仏典八・長崎法潤 渡辺顕信 訳 講談社P277)
(ブッダの福音 サンガP84~正田大観 訳カッコ内は補足)

確かに次の事を世尊が説かれたとわたしは聞いている。(中略~)

行為(生活の為の道具作り・修理作業)を喜びとし、談話に喜びあり、かつまた、睡眠を喜びとし、〔心が〕高ぶっている、そのような比丘は、最高の悟りを体得することが出来ない。

それゆえに、まさに、為すべきこと(世俗の義務)少なく、眠り少なく、〔心が〕高ぶらない者として存するなら、彼は、そのような比丘は、最高の悟りを体得することが出来る。
カエルくん
2012年08月21日 09:03
おはようございます。

日々の雑事を楽しんでいる私は、雑事そのものを減らしていく努力も必要かな、と思いました。
それとも雑事の最中も、ラべリングを忘れないように努力すれば良いのでしょうか。瞑想時間を増やすとか…。
課題が増えました。よく考えます。
あすか
2012年08月21日 10:02
こんなにいっぱい勉強してるのに!
と言った時の恩師の言葉を思い出しました。
いくら時間をかけたからって…。

一方、心がけ次第では掃除だって
立派な心のお稽古になります。
『勘違い』に気をつけ精進します。

===========
セミの羽だけがたくさん散乱しています。
蜘蛛の巣に蝶の羽だけが残っています。
写真集『死を食べる』をみてから
気味悪くは感じなくなりました。
なくなった身体の部分はきっとどこかで
他の生命を支えたことでしょう。

宮崎学さんの写真集『死』もまた
大変学びになりました。

生きとし生けるものが
しあわせでありますように。
noritarou
2012年08月21日 10:48
おはようございます。
ワンギーサ先生、三年寝太郎のお話、この偈にぴったりですね^^

>瞑想して、自分自身に注意を向けている不放逸の態度が必要だ
いつも忙しく掃除(行為)していたサムマジャナ長老も、ヴィパッサナー瞑想をしながらの長時間にわたる掃除であれば、また、違った結果が出ていたのかもしれませんね。怠けそのものである私も、レヴァタ長老の言葉に帰依します。

>蒼氓さん、
詳しくご紹介くださり、大変参考になります。ありがとうございます。
高橋優太
2012年08月21日 11:34
僕は3.11を経験しました。一瞬で多くの方々が亡くなりました。僕も数日間、水・電気などがなく、大変でした。その時に感じたことは明日はどうなるかわからないということです。かつては怠け者でも、今この瞬間に仏教を学べるなら、学ぶべきだと思いました。未来は来ていませんし、過去は終ったことなので、仏教を学べるのは今・現在・ここしかありませんね。
カエルくん
2012年08月21日 19:24
あすかさんへ

コメントを拝見して、あ、そうか、大事なのは心掛けだ、ということに気付きました。
混乱していた頭が整理されました。
ありがとうございます。
ささ
2012年08月21日 21:12
とても元気になれる偈です。雲を離れた月のように。というのがいいですね。雲は煩悩のことだと伺いました。

これはどうなんだろう?という疑問が湧くことがありますが、考え、学びながら、自然とよいバランスを保てるように
なることがありますね。

蒼氓さん、今日の内容と共に大変勉強になります。とても分かりやすいので、メモして日常心がけたいと思います。
丁寧にご紹介くださりありがとうございました。


こころざし
2015年12月03日 08:45
感情的に怒ってしまった時や・言動には出さなくても怒りを思った時、妄想している時などに不放逸が出来ていない怠けを感じます。
志を持ってその時そのときで実践出来るように努めたいです。