白鳥は 大空を飛ぶ 賢者たち 煩悩捨てて 輪廻を離れる(175)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


○子供のためのダンマパダ

人は鳥を見て
飛行機を発明した
ブッダは人々の不幸を見て
幸福への道を発見した


○パーリ語原文と訳語

ハンサーディッチャパテー  ヤンティ
Haṃsādiccapathe       yanti,
白鳥は 太陽路を      行く

アーカーセー  ヤンティ  イッディヤー
ākāse      yanti    iddhiyā;
虚空を     行く    神通により

ニーヤンティ  ディーラー  ローカンハー
Nīyanti     dhīrā     lokamhā,
導かれる    賢者は    この世から

ジェートゥワー  マーラン  サワーヒニン
jetvā       māraṃ    savāhiniṃ.
勝って      悪魔に   軍隊を持つ


○直訳
白鳥は太陽路を行く
(神通ある者は)神通により虚空を行く
賢者は軍隊を持つ悪魔に勝って
この世から(涅槃に)導かれる


○一口メモ
神通には六種類あります。
1.神変智:空を飛び地下にもぐりいろいろなものに化身できる智慧
2.天耳智:天人の耳のように遠くの声や小さな声を聞くことができる智慧
3.他心智:他人の心が読める智慧
4.宿住智:自分と他人の過去世を知ることができる智慧
5.天眼智:天人の眼のように肉眼で見えない遠い所や小さなものを見ることができる智慧
6.漏尽智:一切の煩悩を滅し尽くすことができる智慧
ブッダは神通に関しては1~6の智慧がありましたが、多くの阿羅漢は4.5.6.の智慧、すなわち三明があったと言われています。またこの中で一番重要な6番目なのです。これにより人間の能力を越えたすべての煩悩を捨てることができるのです。

悪魔の軍隊とは、十煩悩のことです。①貪、②瞋、③痴、④慢、⑤見、⑥疑、⑦昏沈、⑧掉挙、⑨無慚、⑩無愧です。

あるいは、スッタニパータの436、437、438の詩から、次のように理解してもよいでしょう。①欲望、②嫌悪、③飢渇、④渇愛、⑤昏沈・睡眠、⑥恐怖、⑦疑惑、⑧見せかけと強情、⑨利得・名声・尊敬・名誉、⑩自己を誉めること・他人をけなすこと。

空を飛べるような阿羅漢は悪魔の軍隊すなわち十煩悩に打ち勝って、涅槃の境地を体得していると言うことです。

八正道の正定の色界禅定を完成した修行者が、そこから涅槃に至る道は三つあると言われています。
一つは、さらに無色界禅定(空無辺処、識無辺処、無所有処、非想非非想)を完成して、想受滅定を経て涅槃に至る道。
二つは、三明を得て、特に漏尽智を得て、涅槃に至る道。
三つは、ヴィパッサナー瞑想により、智慧を開発して、煩悩を捨てる智慧を得て涅槃に至る道。

無色界の禅定は一般人には時間的に難しいのではないかと思います。
神通の道は、超能力を獲得したと言う邪なる思いが出やすく、危険な道のように思います。
第三のヴィパッサナー瞑想の道は、「大念処経」にも示されているように、ブッダが一番進めている道ですから、この道を進むことが一番安全であり、近道だと思います。
経典にはいろいろな修行法が書かれていますので、私の考え方を述べてみました。


「白鳥は 大空を飛ぶ 賢者たち 煩悩捨てて 輪廻を離れる」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200806/article_3.html
http://76263383.at.webry.info/200905/article_7.html
http://76263383.at.webry.info/201003/article_16.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

あすか
2012年08月24日 13:15
ヴィパッサナーは性に合っている
ような気がします。
うっかり神通など持ってしまったら
ただでさえ手を焼く「慢」が
どうなることやら。^^;

いろいろな事が起きますが
全てが課題、全てが訓練。
欲・怒りではなく慈悲と知恵で
のりこえていきます。
noritarou
2012年08月24日 18:24
ワンギーサ先生、多岐にわたる内容を、わかりやすく解説して頂きまして、ありがとうございます。

>白鳥は太陽路を行く
この言葉から、「光あるうちに光の中を歩め」を思い出しました。以下、引用します。
いったい俺は何者だろう? 幸福を求める人間だ。
俺はそれを地上の諸々の欲望のうちに求めて見出しえなかった。
俺と同じような生き方に終始している人間は、みんな発見しえないのだ。
みんな邪悪にひきゆがみ、みんな苦悩に濡れしょぼたれている。…
人生のまっすぐな道に入りなさい、そうすればあなたは神と共にあるようになるだろう。
そしてあなたの仕事は大きくも小さくもならない、ただ神の仕事となるだろう。(引用終わり)

私たちは、ただ生きているという煩悩の中にありながら、真に幸福に生きる道をブッダに示して頂いています。そして有難いことに、たった今、それを実践する機会に恵まれています。
白鳥が大空を飛ぶとは、真に自由で幸福な状態を表す、象徴のようにも思えます。
カエルくん
2012年08月24日 20:47
こんばんは。

悪魔の軍隊、どれひとつをとっても手強いですね。
一日の終わりに、じょうこに振り回されている自分を感じます。気持ちを静めて落ち着かせるのは、結構、力わざです。それでもちょっとずつ、短時間で落ち着けるようになってきました。
このブログと、瞑想のおかげかな、と思います。
こころざし
2015年12月04日 12:55
本文を拝見し、ヴィパッサナー冥想を更にやりたいと思いました。涅槃となると今の自分との差が大きすぎですが、日常で思考・妄想が回らない方が生きやすいと実感しています。精進して参りたいです。