嘘をつく 来世無視する ような人 悪事を止める 歯止めがないぞ(176)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


○子供のためのダンマパダ

一つ嘘をつくと
また嘘をつく
閻魔さまは
嘘つきの舌をぬく


○パーリ語原文と訳語

エーカン  ダンマン   アティータッサ
Ekaṃ    dhammaṃ   atītassa,
一つの   法を     犯して

ムサーワーディッサ  ジャントゥノー
musāvādissa      jantuno;
嘘を言う       人間にとって

ウィティンナパラローカッサ
Vitiṇṇaparalokassa,
来世を捨てた

ナッティ  パーパン  アカーリヤン
natthi    pāpaṃ   akāriyaṃ.
ない    悪は    できない


○直訳
一つの法を犯して
嘘を言う、来世を捨てた
人間にとって
できない悪はない


○一口メモ
この詩の1行目「Ekaṃ  dhammaṃ」は直訳すると「一つの法」です。これはいろいろ意味に取れるのです。今回で4回の解説になりますが、この訳について苦労したことが思い出されます。今考えてみるといい加減としか言えませんが、その時の境地で訳しているのです。ですから、みなさんはもちろん私の解説を鵜呑みにはしてないと思いますが、自分でよく考えて、自分で確かめることが大切です。

一回目は「唯一の真理」と取って、しかもそれを、「すべての生命は自己愛がある」と言う意味に解釈したようです。
二回目は「唯一の真理」と取って、それを「ブッダの教え」と理解したようです。
三回目は「たった一つの真理」と取って、「五戒の一つの真理」すなわち「嘘をついてはいけないという真理」と意味に取りました。

一回眼は少し考え過ぎだったかなと思います。今回は「たった一つの真理」、「いろいろあるブッダの教えのどれか、たった一つだけでも、それを犯して、嘘をつくと」という意味でいいかなと思っています。

「来世を捨てた人間にとって」の意味は、来世があると信じない人、来世を無視した人の意味で、ですから、そのような人は、この世でどんな悪事を働いても、来世に悪い結果があると思っていない人なのです。そのような人はこの世、すなわち現在どんな悪いこともできる、悪事を止める歯止めがないと言うことです。

いずれにせよ、嘘はつくことを軽くみてはいけません。嘘だけは絶対につかないことを、人生の最高の信条にした方がよいのです。嘘をつくとそれをごまかすために、また嘘をつくと言うようなことになります。そのため、頭が混乱し、頭が悪くなるのです。大きな声では言えませんが、嘘をつく人は認知症になりやすいのではないかと考えています。それ以外の理由で認知症になりますから、この言葉は決して認知症の方を侮辱した言葉ではありません。

嘘をつかなければならない状況の時は、嘘をつかないための智慧を出すことです。智慧が出ない時は、何としてでも黙っていることです。そうすれば嘘をついたことにはなりません。


嘘をつく 来世無視する ような人 悪事を止める 歯止めがないぞ


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200806/article_4.html
http://76263383.at.webry.info/200905/article_8.html
http://76263383.at.webry.info/201003/article_17.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

あすか
2012年08月25日 11:22
嘘をつかないことのはよい訓練です。
嘘をつきそうな状況でなぜ嘘をつこうと
してるか考えるのも得るものがあります。
何のため?どうなってほしいのか?
日々何事も学びですね。

ささ
2012年08月25日 22:02
嘘をつくことだけを気をつければいいという程、嘘をつくことが悪いことなのですね。五戒の、いつわりをかたらない以外の戒めも、嘘をつくことがセットになったら、延々悪い行為から抜けられなくなるどころか、エスカレートする一方だなと気がついて、より納得できました。五戒の中でも特に意識して気をつけていきたいと思います。
カエルくん
2012年08月25日 23:45
こんばんは。

嘘をつかない、という戒律は真面目に守ろうとすると、とても難しいです。
正確に物事を話そうとすると、とても頭を使います。そのときはサティが必要なのかな、と思います。
それから嘘をつかないと切り抜けられないような状況に陥ることがあります。そんな状況になること自体が失敗なのかな、と思います。
日々訓練ですね。
嘘をつかない、は、分かりやすくて、奥が深い戒律だなあと思います。
2012年08月27日 07:51
まさに
「来世を捨てた人間にとってできない悪はない」というのは、本当にその通りだと思います。

米日の軍需・財閥・官僚・与党政治家・マスコミの世論操作を拝見しますと頷かされます。まぁ人の事は言えませんが(笑)。

不妄語戒につきましては、お釈迦さまの前世物語ジャータカの中でも、他の四つの戒を破る事はあっても、嘘だけはつかなかったとあります。
SRKWブッダ
2014年09月08日 00:22
一つの法:

これは「一なる法」というほどの意味である。法(ダルマ)は、唯一のことを指し示すからである。なお、これが言葉の形をとったとき、「真実の言葉」と称される。

真実の言葉は、一つの言葉で唯一のことを語る。ところが、世の多くの言葉はそうではなく、一つの言葉で相反する複数の言葉を語るのである。たとえば、賞讃の言葉は、それに賛同する人には賞讃され、それに賛同しない人には非難される。つまり、一つの言葉が、同時に二つのことを語ってしまっているのである。非難の言葉も同様である。これらは真実ならざる言葉と言われる。

何かを語ったとき、自分では意識していなくても、相反する二つのことがらを語るならば、それは嘘をついたのと変わりはない。愚者は、これを知らずに行なうので、この悪行に際限がない。それで、そのような愚者の行き着く先は恐るべき悪処となる。

修行者は、言葉をつつしみ、もし何かを語るときには真実の言葉を語れ。振る舞いは想いについても同様である。一つのことで、相反する複数のことがらを為さないようにせよ。

***
こころざし
2015年12月04日 12:59
日常で嘘をつきそうな時の自分を観察すると、相手に注目して欲しいとかもっと話をし続けたい等の甘えや欲的なものが元になっていると分かりました。見栄を張っているという表現も的確かと思います。
そんな甘えや欲に走らず、本文の「嘘をつかないための智慧を出す・・智慧がなければ何としてでも黙っていること・・」を実践して参りたいです。