苦しみの 作者をみたぞ 渇愛と 無明は尽きた 輪廻はやめた(154)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ガハカーラカ      ディットースィ
Gahakāraka       diṭṭhosi,
家の作者(渇愛)よ   お前は見られた

プナ  ゲーハン ナ   カーハスィ
puna  gehaṃ   na   kāhasi;
再び  家を   ない  作ら

サッバー  テー   パースカー   バッガー
Sabbā    te     phāsukā     bhaggā,
すべての  お前の  梁(煩悩)は  壊れた

ガハクータン      ウィサンカタン
gahakūṭaṃ       visaṅkhataṃ;
家の屋根(無明)は   構成力を離れた

ウィサンカーラガタン   チッタン
Visaṅkhāragataṃ     cittaṃ,
構成力を離れた      心は

タンハーナン  カヤマッジャガー
taṇhānaṃ     khayamajjhagā.
渇愛を      滅尽に到達した


○直訳
家の作者(渇愛)よ、お前は見られた
再び家を作らない
すべてのお前の梁(煩悩)は壊れた
家の屋根(無明)は構成力を離れた
構成力を離れた心は
渇愛を滅尽に到達した


○一口メモ
「家」は身体のこと。「家の作者」は身体を再生させる原因である渇愛です。「梁」は煩悩のことです。「屋根」は無明の例えです。「「渇愛」はいつまでも生き続けたいと思う気持ちです。

再生の原因が分かったのです。
それは渇愛だったのです。
渇愛、いつまでも生きていたいという思いが身体の再生を促していたのです。
しかし、生命の生涯は苦しみに満ちたものなのです。
渇愛はそのことが分からずに、ただ生きていたいと望むだけなのです。
この状態を無明といいます。

渇愛の愚かさを自覚した時、渇愛は働けなくなるのです。
この時、無明の闇が消え、智慧の光りが現れるのです。

渇愛が働けなくなれば、執着がなくなります。
執着がなくなれば、再生はなくなります。
再生がなくなれば、すべての煩悩がなくなります。
それが渇愛の滅尽した時の境地です。
それを涅槃といいます。

このことを悟った時、ブッダは自分自身の悩み苦しみを克服しました。
それはすべての生命が苦しみから脱出する方法でした。

その時の喜びは私たちには想像すらできません。
しかし、153番と154番の詩で少しでも感じとりたいものです。


苦しみの 作者をみたぞ 渇愛と 無明は尽きた 輪廻はやめた


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_18.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_25.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年08月03日 06:01
おはようございます。

最初この詩を読んだとき、分かりにくいなあと思ったことを覚えています。輪廻のからくりがそれほど難しい、ということなのでしょう。
家=身体というのは納得です。なんで無明が屋根なのだろうと思ってしまうのですが、五蓋のことを思うと、無明は頭上を塞いでいる、ということなのかなと思います。


昨日も夕飯を食べてしまいました。親に「夕飯は食べません」と言えなかったからです。信仰を持っていることは言ってあるので(反対されていますが)、お釈迦様の教えだから夕飯は食べません、と言うまであと一歩だと思います。
五戒を守り始めて五戒の奥深さに気付いたように、八斎戒も守り始めればなぜ必要な戒律なのか分かってくることと思います。そのためには実行するしかないですね。
頑張ります。
noritarou
2012年08月03日 06:49
この詩は、ダンマパダを読んでいて感動して、何度も読み返しました。目覚めは誰にでも起きるものと言われます。なぜなら、覚者がいて、その教えが伝えられているということが、その証拠となります。釈尊は、自分に起こった体験を、誰にでも体験してもらいたかったはずです。私たちにも必ず起きるのです。思考でも概念でも、生滅変化するこの世のものではないありのままの真理を体験するという、目覚めや悟りを知りたいのに遠ざけているのが誰なのか、慈しみと敬虔な態度の中で、本当に深く理解しようとしなければいけないと思います。
ワンギーサ
2012年08月03日 07:39
皆様、おはようございます。

今日から雨安居がはじまります。10月30日まで。
ゴターミー精舎では毎朝5時から開門し、瞑想を始めます。この期間、一日でもよいですからゴータミー精舎に来て一緒に瞑想をしませんか。
遠方の方は幡ヶ谷の近くのホテルに宿泊して、朝5時からの瞑想に参加するという考え方もあります。

三宝のご加護がありますように
幸せでありますように
ワンギーサ
ささ
2012年08月03日 09:21
おはようございます。毎日学ばせていただきありがとうございます。
期間中、一度は朝5時から先生と共に瞑想出来るように計画を立てたいと思います。
昨日、2度目のウポーサタを行いました。戒を守る事も、瞑想実践も、一度めより成長出来た事が感じられました。とはいえ、
まだまだ反省点だらけですけれども…。
お釈迦さまの教えに出逢え、スマナサーラ長老やワンギーサ先生のご指導を受けられること、本当に有難いです。
これからも少しずつでも成長していけるように精進いたします。ありがとうございました。
あすか
2012年08月03日 09:30
貪瞋癡をじっと見つめていたら
悟りまでは、まだまだでも、
欲や怒りの炎が強くならず
弱まっていくでしょうか。
これからは感情にもサティを入れ
よく観察してみます。

先生、雨安居ですね。
まずは朝、家で礼拝しています。
状況と相談しながら、善いことは
続け、増やしていくつもりです。

カエルくん
おせっかいを承知で一言。
そういうシチュエーションなら
夕飯もありかな、と。
ご両親との時間もどうぞ
大切になさってください。
母が他界してからああすれば…
と思うこと数えきれません。
後悔しても仕方ないので
今とこれからをしっかり
生きることしかできませんが。
お釈迦様も在家の人に
八斎戒厳守!とは
おっしゃっていないようですし。
「自分も相手もみんなも幸せ?」
を基準に臨機応変に
かんばりましょう。^^
カエルくん
2012年08月03日 13:57
ワンギーサ先生
雨安居は10月30日までとのこと。
期間も長いですし、一度くらい直接伺って、お布施できたらなあと思います。
先生がいらっしゃれば、ご挨拶もできますし。
予定を考えようと思います。

あすか様
いつもあたたかいコメントをありがとうございます(*^^*)
在家の仏教徒として、家族や世間と折り合いをつけながら修行を続けていくのが私の目標ですし課題です。
食事のことも無理のない範囲内でチャレンジしようと思っていますm(__)m
こころざし
2015年11月27日 08:47
煩悩の梁に支えられて無明の屋根が出来る。その家に守られてるように身体は渇愛によって続く事、自分の生き方を見るとまさにそのものと思います。
それを教えて下さる先生の厚意のお陰様で、(凡夫レベルで)分かる機会が得られている幸運を心より嬉しく思います。さらに、それを克服しようと修行する域までは行けています。
もっと進めて、悟りを得らるように精進したいです。