欲張りの 人々の中 欲張らず 真に気楽に 生きていこうよ(199)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。

=================================================================
9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内
来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復興応援バザーを開催します。詳細はこちらをご覧下さい。http://www.geocities.jp/msrwp662/
=================================================================

○子供のためのダンマパダ

子供のように生きてみよう
欲張りたちがいる中で欲はなく
目の血走った人々の足元で
欲張らずに元気に遊ぼう


○パーリ語原文と訳語

ススカン   ワタ   ジーワーマ 
Susukhaṃ   vata   jīvāma,
真に安楽に  実に   生きよう 

ウッスケース    アヌッスカー
ussukesu      anussukā;
貪欲な者の中で   貪欲な者でなく

ウッスケース  マナッセース 
Ussukesu    manassesu,
貪欲な     人々の中で 

ウィハラーマ  アヌッスカー
viharāma    anussukā.
住もう     貪欲でなく


○直訳
実に真に安楽に生きよう
貪欲な者の中で貪欲な者でなく
貪欲な人々の中で
貪欲でなく住もう


○一口メモ
今日の199番の詩の一行目も「実に真に安楽に生きよう」です。そして、後半の言葉は「貪欲な人々の中で貪欲でなく住もう」です。今回は貪欲をなくすことによって、安楽に生きることがテーマです。

煩悩を大きく三つに分類すると、貪欲(欲望)、瞋恚(怒り)、愚痴(愚かさ)になります。このうち、正義の怒りがあるとか、怒りはある程度必要だと言う人もいますが、怒りがある状態はかなり苦しいので、怒りをやめたい人はかなりいるのです。愚痴(愚かさ)についても、これが必要だと言う人はあまりいません。しかし、欲望に関しては、これを捨てようと思っている人はほとんどいません。欲望が満たされることが幸福だと思っているのです。ですから、貪欲をなくすことによって、楽に、安楽に、幸福になれるとは考えられないのです。

186番で学んだように、すなわち「金貨の雨が降っても欲望は満足はしない」のですから、欲望は満たされないのです。満足しないから、幸福になれないのです。次の187番では次のように歌われています。

天界の欲望における楽といえども
彼(賢者)求めようとはしない
正自覚者の弟子は
渇愛(欲望)の滅尽を楽しむ者である

ついでに「子供のためのダンパダ」

欲張らず
おもちゃあげれば
喜ばれ
友だち増えて
楽しいな

という訳で、貪欲(欲望)を捨てると楽に、安楽に、幸福になれるのです。

貪欲(欲望)の捨て方ですが、いっぺんに貪欲を捨てるのは難しいかもしれません。その時、「少欲知足」という考え方を取り入れると、少し楽に実践できると思います。欲を捨てるのではなく、少し減らすのです。欲しい欲しいと思うのではなく、必要なものは何か、どれくらい必要か理性的に考えるのです。それならば、満たすことができますから、満足できるのです。そして現在ある物で満足することも学ぶのです。これらならば、無理することが少なく、楽に生きることができるのではないでしょうか。そうすれば、他の人々がどんなに貪欲であろうとも、自分は貪欲でなく、安楽に生きることができるのではないでしょうか。

欲張りの 人々の中 欲張らず 真に気楽に 生きていこうよ(199)


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200807/article_10.html
http://76263383.at.webry.info/200905/article_23.html
http://76263383.at.webry.info/201004/article_1.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

あすか
2012年09月13日 06:47
安楽に生きよう三部作、
最後を飾るのは「欲のない」。
欲もしっかり観察すると
満足という強い刺激は一瞬、
あとは、欲しい、もっと欲しい、
苦しみの方が多い気がします。
感情で「ほしいか」ではなく、
理性で「必要か」で考えると、
おだやかに生きられますね。

Susukhaṃ vata jīvāma.
今日も幸せに生きましょう。^^
noritarou
2012年09月13日 11:18
>欲望は満たされないのです

ワンギーサ先生の仰る通り、肉体は満たされることを知りません。
満たされるどころか、瞬間瞬間破れ腐り、朽ちてゆきます。
かろうじて生きているだけのように思えます。
ただ、世界中でどれだけ人が死んでいても、死なない人がいないと知っていても、葉っぱが落ちていても、虫が死んでいても、体調が悪くても、日々、死随念をしていても、自分が死にゆくことは、実感しにくいです。
私はそれだけ、生存欲のもと、肉体に執着していて、認識を欲しているのでしょう。
また、このようにも感じます。
腕や足や脳など、ただの物体であるこの死体(肉体)に命を吹き込んでいる命というもの、尊い一息をさせている意識と自分とは、切っても切れないものだと感じます。
これが自己愛でしょうか?
そして、今生きていて、修行出来ることに感謝しています。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
カエルくん
2012年09月13日 19:09
こんばんは。

欲しいもの、やりたいことはきりもなくあります。
どれも皆、この身体と同じ泡のようなもの、ということを思い出すと、理性が蘇ります。
少欲知足が心を楽にする呪文です。

職場では、休みの日にどんどん遊びに行くことがかっこいいこと、とされています。私はあまり出かけないので軽く見られがちです。
私は休みの日は穏やかに過ごしたいので、馬鹿にされたままでもいいかな、と思います。
こころざし
2015年12月10日 07:48
欲を持つほどその欲を満たすことに思考が回り、今を安楽に生きられなくなる印象を感じます。
先日電気自動車を見に行って400万円と知りましたが買える金額ではなく・でも欲しいと思うとさっとストレスが生じる自分を感じました→私事ですが十数年目程の今の車の車検を通して、まだ乗り続ける方向で予定する事にしました。
欲を減らし・捨てれるように、努めたいです。