空腹で 己が苦だと よく分かる 己を知って 涅槃に至る (203)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。

=================================================================
9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内
来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復興応援バザーを開催します。詳細はこちらをご覧下さい。http://www.geocities.jp/msrwp662/
=================================================================

○子供のためのダンマパダ

お腹がすくと、心が乱れて
頭が働かない、
満腹になると、ねむくなる
身体と心は厄介なもの


○パーリ語原文と訳語

ジガッチャーパラマー  ローガー
Jighacchāparamā     rogā,
飢は   最大の    病気

サンカーラパラマー  ドゥカー
saṅkhāraparamā    dukhā;
諸行は 最大の    苦

エータン  ニャトゥワー  ヤターブータン
Etaṃ    ñatvā      yathābhūtaṃ,
これを   知ると     ありのままに

ニッバーナン  パラマン   スカン
nibbānaṃ    paramaṃ   sukhaṃ.
涅槃は     最大の    安楽


○直訳
飢は最大の病気
諸行(身口意)は最大の苦
これをありのままに知ると
涅槃は最大の安楽(と分かる)


○一口メモ
なぜ、飢えは最大の病気なのですか?
飢えの治療のために、食べ物を補給しても、決して治らないのです。また明日治療をしなければならないのです。飢えは不治の病ですから、最大の病気なのです。

saṅkhāraparamāのsaṅkhāraは、通常「行」と訳されます。五蘊(色受想行識)の行を意味する場合、この場合は感情、思考、意志、衝動などの意味です。もう一つは十二支因縁の二番目「無明によって行が生じる」の行の意味です。この場合は、現生においていろいろな結果をもたらす業と言う意味です。両者の違いは、自己の一部か自己の全体かという違いです。この詩全体の流れからは、昨日の202番の詩の五蘊と同じような意味と考えていいのではないかと思います。つまりこの諸行は自己、すなわち身体と心と言う意味です。ですから、「諸行は最大の苦」は「この身体と心は最大の苦」という言う意味なります。

一行目で述べた最大の病である飢えを抱えているこの身体と心は最大の苦ですから、執着する意味はないのです。この身体と心に執着しなければ、欲や怒りがなくなります。このようにして、身体と心が最大の苦であることが分かれば、煩悩がなくなり、涅槃を体験し、涅槃が最大の安楽だと分かるのです。

空腹で 己が苦だと よく分かる 己を知って 涅槃に至る (203)


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200807/article_14.html
http://76263383.at.webry.info/200905/article_27.html
http://76263383.at.webry.info/201004/article_5.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年09月17日 08:54
おはようございます。
子供のためのダンマパダ、まさにその通りで言いえて妙と思いました。
理性のもとに食事をするのは難しいです。病気、と言われると納得です。
心も厄介です。目に見えないものなのに、毎日振り回されています。
自分で自分をコントロールできるようになったら楽だろうなあと思います。そのためには瞑想ですね。頑張ります。
noritarou
2012年09月17日 10:14
ワンギーサ先生、詳しく説明して頂きありがとうございます。
サンカーラには、自己の一部、自己の全体、二つの意味があるのですね。
すみませんが、その境目が、私にはよく理解できません。。

現象を「私」だとしてしまうから苦があらわれると聞いたことがあります。
流れである私は、私でありえないのに、どうして私と勘違いしてしまうのでしょうか。
生命の、人間の認識システムが、主観をもとにしているからでしょうか。

生命ならどんなものでもわかる「お腹がすく」という実感から真理の道を示される、智慧深きブッダの教えに帰依します。
あすか
2012年09月18日 09:50
飢えは全く厄介です。
酒などは飲まなければ住みます。
食べないわけにはいきません。
今は食べる情報があふれています。
必要なだけで満足するよう
日々のよい訓練の機会にします。
・・・・・・・・・・
昨日コメントしたつもりが
おくれていませんでした。
以前ならせっかくのコメントが、
と、怒でいっぱいだったでしょう。
しかし怒は何も生み出しません。
PCに不具合はつきもの、
と思い出せたことに感謝し、
もしもに備え対策を考えます。
noritarou
2012年09月18日 12:45
あすかさんのコメント、いつも楽しみにしています。
励みになります。

私にも、時間がたつとコメントが反映されない?ことが何度かありました。
今は、本文をコピーしてから送信することにしています^^
あすか
2012年09月18日 18:35
noritarouさん、ありがとうございます。
こちらこそ、いつも励みになります。
善友の皆様と共に歩むのは楽しいですね。
これからもみなさんどうぞよろしく。

PCや携帯でのやりとりは、何でも
必ず控えをとるようにします。^^;
こころざし
2015年12月12日 07:50
お腹がすくと、冷静でいるのが難しいような状況になります。
また、食べる過ぎる時が多いのですが、その後は眠くなり修行にならない状況になる事が多いです(反省しています)
食べ物をたべすぎず、そして定期的に食べないとおれない自分を観察し、それに執着しないように努めたいです。