健康と 満足・信頼 あるならば さらに涅槃に 至れば最高(204)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。

=================================================================
9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内
来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復興応援バザーを開催します。詳細はこちらをご覧下さい。http://www.geocities.jp/msrwp662/
=================================================================

○子供のためのダンマパダ

病気をすると、元気が最高
お腹がすくと、満腹が最高
喧嘩をすると、仲直りが最高
最高の最高は最高の幸福


○パーリ語原文と訳語

アーローギャパラマー  ラーバー
Ārogyaparamā      lābhā,
健康は最高の       利得

サントゥッティパラマン  ダナン
santuṭṭhiparamaṃ     dhanaṃ;
満足は最高の       財産

ウィッサーサパラマー  ニャーティ
Vissāsaparamā      ñāti ,
信頼は最高の       親族

ニッバーナン  パラマン   スカン
nibbānaṃ    paramaṃ   sukhaṃ.
涅槃は     最高の    安楽


○直訳
健康は最高の利得
満足は最高の財産
信頼は最高の親族
涅槃は最高の安楽


○一口メモ
この詩の意味を理解するために、先ず、健康以外に最高に利得になるものを考えてみました。株や不動産、金、その他儲かる情報など考えられます。しかし、これらはすべて必ず利得になるとは限らないもので、時には利得どころか大損をすることがあると言うより、その方が多いのです。これらは一時的に儲かって、利得なったとしても、病気になったらどうしますか? 病気になったら、どんなにお金が掛かってもそれを治そうとします。そうするとやはり健康が最高の利得だと言わざるをえません。自分の欲望を満たそうとする人でも、健康が最高の利得と言うでしょう。修行をして、心を清らかにして、解脱を目指す人にとっても、健康であれば、修行に励むことができます。ですからそのような人々にとっても健康は最高の利得なのです。

財産についても、最高の財産につて考えてみました。何度も述べましたが、欲望は限界を知りません。ですから、最高の財産などは考えられないのです。最高の財産を求める人はいつも不満で不幸なのです。ただ、ここで考えたいのは、なぜ最高の財産を求めるのかと言うことです。それは満足と幸福を得たいためではないでしょうか。それならば、満足できればよいのです。その意味で満足が最高の財産なのです。納得できませんか。

親族に求めるものは何でしょうか。信頼です。困った時は助けてくれるという信頼です。人生なにがあるか分かりません。ですから私たちはいつも心配しています。困った時は、親兄弟などの親族は助けてくれる場合もありますが、それができない場合もあります。親族以上に助けてくれる人は、親族に求めている信頼を持っているのです。その意味で信頼できる人は最高の親族なのです。

健康も財産も親族も、最高を求めるのは最高の幸福のためです。しかし、これらも無常ですから、変化して、最後はなくなります。ですから、これらに執着するとむなしくなり、悩み苦しむことになるのです。それで、それらに執着しないことにするのです。そうすると煩悩がなくなり、解脱して、涅槃を体験するのです。その時、涅槃は最高の安楽(幸福)だと分かるのです。

健康と 満足・信頼 あるならば さらに涅槃に 至れば最高(204)


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200807/article_15.html
http://76263383.at.webry.info/200905/article_28.html
http://76263383.at.webry.info/201004/article_6.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

2012年09月18日 07:19
おはようございます。昨日から今朝にかけて、スマナサーラ長老お一人で唱えられている「ブッダの日常読誦経典」(サンガ発行)CDを聞いています。
録音の仕方も良いせいか、心に染み入ります。
ちょっと値段が高いですがオススメです。
あすか
2012年09月18日 09:59
全ては無常で欲に際限がない以上、
そこに幸福を求めると苦しくなります。
執着を手放す心地よさ、
少しずつですがわかってきました。
さらなる幸せに向け今日も精進します。
noritarou
2012年09月18日 12:58
こんにちは。
私の今の心境から、以下のように受け取りました。

健康ならばもうけもの
満足を貯めて徳を積む
信頼(帰依)することで助けられる
涅槃の道も最高です♪
カエルくん
2012年09月18日 20:01
こんばんは。
健康のありがたさは病気をしないとなかなか気付かないものですが…。今、持病を持つようになっても悲観せず、今の自分に出来ることは何か考えながら、淡々と前進していこうと思っています。
こころざし
2015年12月12日 07:53
悩みが苦しみがない状況になったら、それはそれは幸せと思います。その道を学んでいく事はとても大切と感じます。
俗世間の流れにながされず、心の成長が出来るように精進して参りたいです。