悪いこと 好きなことのみ やる人は 努力する人を 羨むだろう(209)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。

=================================================================
9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内
来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復興応援バザーを開催します。詳細はこちらをご覧下さい。http://www.geocities.jp/msrwp662/
=================================================================

○子供のためのダンマパダ

勉強しないで遊んでばかり
努力をしない
目的捨てて、好きなことをする人は
努力する人を羨むことになるよ



○パーリ語原文と訳語

アヨーゲー  ユンジャマッターナン
Ayoge     yuñjamattānaṃ,
非道理に   自分を結びつける
 
ヨーガスミンチャ  アヨージャヤン
yogasmiñca     ayojayaṃ;
道理に また    結びつけない

アッタン  ヒトゥワー  ピヤッガーヒー
Atthaṃ   hitvā     piyaggāhī,
目的を   捨てて    愛(好きなこと)を取る人は

ピヘータッターヌヨーギナン
pihet’attānuyoginaṃ.
羨む  自分の(道に向かって)努力をする人を


○直訳
非道理に自分を結びつける
また道理に結び付けない
目的を捨てて愛(好きなこと)を取る人は
自分の(道に向かって)努力をする人を羨む(ことになる)


○一口メモ
今回はこの詩の始めの言葉Ayogeを「非道理に」と訳すことにしました。Ayogaは最近では日本語として使われているヨーガ(yoga)を否定した言葉です。Yogaには「結合すること、適合、相応、軛、瑜伽、修行、努力」などの意味がありますですから、いろいろな訳が可能です。前回はこの詩の意味を狭くとらえて、修行について述べっているように訳しましたが、今回はもっと広く、人間の生き方全体に関わるものとして訳すことにしました。

「非道理に自分を結びつける」とは、道理に合わないことすることです。分かりやすく言えば、非道徳的な行為を好んで行うことです。「道理に結びつけない」は道徳的な行為をしないことです。

「目的を捨てて愛(好きなこと)を取る人」とは、自分の本来の目的のために、努力することを止めて、目先の好きなことだけを行ってしまう人」と言う意味です。「子供のためのダンマパダ」では、「勉強しないで、遊んでばかり」と表現しました。大人ならば、仕事をしないで、賭け事やお酒を飲むばかりの人」でしょう。これらの人々は人生に失敗し、不幸になります。

「自分の(道に向かって)努力をする人」は、勉強を努力して行う人、仕事を真面目に行う人、道徳的な行為を行う人です。これらの人々は、目先の好きなことを行うのではなく、道理や目的に従って努力するのです。これらの人々は仕事や勉強で成功します。幸福になります。

そうすれば、不幸になった人々は幸福になった人々を羨むことになるのです。

この詩から、「第16 愛の章」が始まりましたが、仏教では「愛」はあまりよい意味では使わないと言うことを覚えておいて下さい。この詩では「愛」は「好きなこと」の意味に使いました。仏教では愛は、愛欲、愛着、渇愛などの意味に使います。明日の詩では、現代日本人には、ちょっと受け止められない愛の用法が出てきます。


悪いこと 好きなことのみ やる人は 努力する人を 羨むだろう(209)


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200807/article_19.html
http://76263383.at.webry.info/200906/article_3.html
http://76263383.at.webry.info/201004/article_9.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

あすか
2012年09月23日 10:55
今日の偈も耳が痛いです。
ということは今の自分にとって
大切な事なのでしょう。
とくに子供のためのものは
わかりやすいだけに心にひびきます。

ゴータミー精舎でバザーのようですね。
おつかれさまです。
三宝の御加護がありますように。

さささん
虫たち、実は私も…。
慈悲の瞑想をして心から語りかけると
虫も鳥も他の動物も、多少近寄っても
逃げないのですよ、不思議。
同じ生き物として接するよう
がんばります。^^
カエルくん
2012年09月23日 17:45
こんにちは。
好きな人たちに執着しすぎないように。
一人で過ごす時間を無駄にしないように。
何度自分に言い聞かせても、足りない気がします。

愛という言葉は万能のように言われがちですが、愛よりも慈悲、と心に言い聞かせて精進します。
noritarou
2012年09月23日 19:01
>非道理に自分を結びつける
>自ら不正な思惟(しゆい)に耽り
悪いことにはなじみやすいですね。
また、楽しい、好きなことにもなじみやすいです。
惹きつけられる理由、好きなものがある理由は、「この」身体があり、「この」感覚があるからでしょう。
結局は、「この」身体も感覚も破れてゆくというのに。
無常で成り立たないはずなのに、瞬間で成り立つ「私」というラベルを貼って、迷い(五感で受け取る世界、見るものと見られるものがある世界)の中にいます。

>「人は本来悟っている」
人間が仏であるなら、どうしてそれが理解できないのか、理解するためには、やはり修行が必要でしょう。

愛にもいろいろな意味があるのですね。
明日の詩が楽しみです。

>さささん
>あすかさん
虫には、慈悲の気持ちは確実に伝わっていると感じます。
彼らとつながれれば、心の中に、大変豊かなスペースが生まれますよね^^
彼らの方が「知っている」と思うことばかりです。
虫も人間も、私たちは、同じ「いま」を生きていますね。感謝です。
ささ
2012年09月23日 23:54
こんばんは。
目先の好きなことだけ行う…という言葉にドキっとしました。心をよく見張っておかないと油断も隙もあったもんじゃないなと思います。

あすかさん、noritarouさん。
コメントありがとうございます。^ ^
皆さんのように思えるよう、慈悲の実践に励むばかりの私です。^^;


こころざし
2015年12月14日 07:51
努力しない方は、その存在が重んじられることはなく、そのような意味でも軽い生き方になるような印象があります。職場で努力をせず、人に頼る度合いが多大なのに「給料が安い・待遇が悪い」と言ってきた方の事を思い出します(その後依頼退職となりました・・)
努力する人は周囲の人に喜ばれるような存在になる印象を感じます。心の成長が出来るように怠らず努めたいです。