暴走の 車を制御 するように 怒りを制御 する人が御者(222)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


○子供のためのダンマパダ

怒っている人はカッコ悪い
怒っている人は鬼みたい
怒っている人は嫌われる
だから私は怒りません


○パーリ語原文と訳語

ヨー  ウェー  ウッパティタン  コーダン
Yo    ve    uppatitaṃ     kodhaṃ,
者   実に   飛び上がる    怒りを

ラタン  バンタンワ     ダーライェー
rathaṃ  bhantaṃva      dhāraye;
車を   暴走する(ように)  抑える者
 
タマハン  サーラティン ブルーミ
Tamahaṃ  sārathiṃ    brūmi,
彼を私は  御者と     呼ぶ

ラスミッガーホー  イタロー  ジャノー
rasmiggāho     itaro    jano.
手綱を取る人    他の   人は


○直訳
実に暴走する車のように
飛び上がる怒りを抑える者
彼を私は御者と呼ぶ
他の人は手綱を取る人(御者とは呼べない)


○一口メモ
この詩のできた因縁物語は少し感動的ですから、一度書きましたが、今回はスマナサーラ長老の説法から引用します。
「お釈迦さまの時代の話です。アーラーヴィという村に、一人の比丘が住んでいました。彼は自分の修行に励むために小さな庵を造りたかったのです。斧を持って森に入って、一つの木を切ることにしました。その木には神霊が宿っていました。樹神が自分の住処を壊さないようにと頼みましたが、比丘は一旦切り始めたので、止める気はなかったのです。そこで樹神が自分の息子を比丘の前に置きました。ちょうどその瞬間、比丘は斧を振り降ろすところでした。そして樹神の息子の手が、切断されてしまいました。

樹神が激しく怒り、比丘をその場で殺そうと手を上げたのですが、その瞬間でまた考えたのです。「私はこの人を殺しても、結局は戒律を守り修行に励む出家を殺したことになります。罪は重大になります。私に習って他の人々も、何かあったら比丘達を殺す可能性もあります。この比丘に指導者がいます。指導者に訴えれば良い。」彼女は、お釈迦さまの前で泣き崩れながら、この出来事を伝えたのです。

お釈迦さまが、このように語りました。「君は瞬間に起きた激しい怒りを見事に管理しました。それは、そう簡単にできるものではない。君の感情の管理は、並大抵のものではありません。」自分の素晴らしさを釈尊に讃えられたので、彼女が落ち着きました。説法を聞いて、樹神は預流果に悟りました。釈尊が彼女に、祇園精舎の一つの木を住処として与えてあげたのです。それから釈尊が比丘達に、生きている植物を切ってはならないという戒律を定めたのです。」

この物語にあるように、燃え上がる怒りを抑えることは大変なことなのです。普通はできないことなのです。ですから、このように、暴走する馬車に例えられた怒りを抑える人が本当の御者と言える人なのだと、それができなければ、ただ手綱を持つだけの人で、御者と言えませんと述べています。

では、怒らないようにするにはどうしたらよいでしょうか?
1.怒りについてよく理解する。
ダンマパダの次の詩を復習する。3番、4番、5番、6番、42番、131番、133番134番、201番、202番、221番、以上は怒りに関する詩ですから再度お読みください。

2.慈悲の瞑想を常に行い、慈悲の心、穏やかな心を育てておく。そうするとあまり怒らなくなります。逆に、常にイライラした心でいると、すぐの怒りが暴走します。

怒りが燃えあがった時はどうするか?
1.怒りにすぐ気づき、怒りを観察する。
2.眼を閉じ、耳を閉じ、口を閉じ、怒りが静まるまで何もしない。何かをすれば、すべて悪い結果になるから。怒りがあるときの行為はすべて悪行為です。


暴走の 車を制御 するように 怒りを制御 する人が御者(222)


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200807/article_28.html
http://76263383.at.webry.info/200906/article_12.html
http://76263383.at.webry.info/201004/article_18.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

2012年10月04日 06:51
おはようございます。

2.眼を閉じ、耳を閉じ、口を閉じ、怒りが静まるまで何もしない。何かをすれば、すべて悪い結果になるから。怒りがあるときの行為はすべて悪行為です。

この方法は知りませんでした。
ありがとうございます。
あすか
2012年10月04日 07:21
怒を観察するといかに無駄な行為か、
それどころか自分にも周りにも
いかに迷惑な行為かがわかります。

昨日の職場も不穏な雰囲気。^^;
これは来るな、とあらかじめ
慈悲の瞑想でガードをかためました。
案の定、やつあたり、とばっちりが
来ましたが大丈夫です。
跳ね返す、というより、かわす感じ。
彼らも幸せな状態に戻れますようにと
穏やかに心で唱えていました。
以前のようにまわりに引きずられ、
怒る事はあまりありません。

ですが樹神のような立場に置かれたら
どうでしょう。できるでしょうか。
おごることなく、怠けにまけず、
より一層、心を鍛え磨いていきます。
てくてく
2012年10月04日 08:35
おはようございます。
今朝の一口メモにもまた、とても励まされました。
お釈迦様の教えは、訳された日本語を文章として読むことはできても、実際に、実行しようと思って読むと、途端に難しくなって、分かり難く、遠くに感じてしまうので、この頃は、憂に支配されそうでした。
でも、今朝の記事や10月2日の記事を読んだら、頑張る勇気が湧きました。
ありがとうございます。
諦めないで、何度でも頑張ります。
この喜びをすべての生命に回向いたします。
生きとし生きるものたちが幸せでありますように。
カエルくん
2012年10月04日 19:27
こんばんは。
怒りっぽい性格なので、パッと燃え上がる怒りを制御する難しさは見に染みて分かります。
それでも慈悲の瞑想をするようになってから、怒る回数が減ってきた気がします。
まさに人生の万能薬ですね。
これからも続けます。
こころざし
2015年12月17日 07:59
私事ですが、職場で70代の同僚のある事からブチギレてしまい、怒りを爆発させた事があります。結果は「こいつはどうしようもない社会常識のない最低のやつだ」と、自分の評価を限りなく落とす状況にしかなりませんでした。今の僕のさまざまな職場の困難な状況等に配慮して下さる方はかなり限定的で、怒ると損にしかならないとまじまじと実感致しました。
怒らない事の大切さを改めて認識し、この失敗からもう怒らないようにしようと決めました。成長して参りたいです。