この年の 雨の季節は ここに住む 明日死ぬことを 知らずに思う(286)

○子供のためのダンマパダ。
・・・
死ぬ人は老人とは限らない、
子供でも死ぬ人もいる、
明日の命はわからない、
だから今日一日を幸せに生きよう。


○パーリ語原文と訳語
イダ  ワッサン  ワスィッサーミ
Idha   vassaṃ   vasissāmi,
ここで  雨期を  過ごそう

イダ   ヘーマンタギンヒス
idha    hemantagimhisu;
ここで  冬期 夏期において
    
イティ バーロー  ヴィチンテーティ
Iti    bālo    vicinteti,
と   愚か者   考える

アンタラーヤン   ナ  ブッジャティ
antarāyaṃ     na   bujjhati.
(命の)難事を  ない  理解し


○直訳
ここで雨期を過ごそう
ここで 冬期 夏期において
と愚か者考える
(命の)難事を理解しない


○意訳
雨期にはここで住もう
冬と夏はここで住もうと
愚か者は考える
死がせまっているのを知らないで


○一口メモ
この詩の因縁物語は次の通りです。お釈迦様の時代、マハーダナという商人がいました。ベナレスから商品をもって舎衛城に来ました。川があふれて渡れなくなり、1週間もそのまま足止めを食らっていました。しかし、彼は商品をすべて売るまでは帰るつもりはなかったのです。計画を実行したかったのです。舎衛城に入って、店を開いている彼を見た釈尊はアーナンダ尊者に、このように言いました。
「アーナンダ、あの商人が見えますか。彼は商品をすべて売って帰るつもりです。しかし、彼の寿命は尽きています。彼が自分にとって何かしたいならば、今日一日のうちに、行うべきです。彼にとって唯一有意義なことは、気づきを実践してこころを清らかにすることです。」
アーナンダ尊者はその旨を彼に伝えました。彼はこわくなりました。商売をすぐに止めて、7日間かけてお布施をしました。釈尊の説法(286番の詩)を聞いて、悟りに達しました。そうして彼は7日目になくなりました。

この因縁物語のように、自分の死期を教えてくれる人が教えてくれる人がいれば、ありがたいのですが、普通がそのようには行きません。(もっとも、ガンで死ぬのは、死期がある程度分かるから、ありがたいと言う人がいます。)

私たちは何時死ぬか分かりません。しかし、死ぬことは確かです。そうであるならば、明日死ぬかもしれません。そうであるならば、明日死んでも悔いの残らないように、毎日毎日、そのように生きた方がよいと思います。

それはどのような生き方でしょうか?

また、一つ小話をします。
お母さんが子供に「勉強しなさい」と言いました。
子供は「何のために勉強するの?」と聞きました。
「いい中学に入るためよ。」とお母さんは答えました。
「何のためにいい中学に入るの?」と子供は聞きました。
「いい高校に入るためよ。」とお母さんは答えました。
「何のためにいい高校に入るの?」
「いい大学に入るためよ。」
「何のためにいい大学に入るの?」
「いい会社に入るためよ。」
「何のためにいい会社に入るの?」
「楽をするためよ。」
「じゃー、今楽をする。」と言って子供は昼寝をしました。

この小話のような生き方は、あまり望ましくありません。何かのために生きるのではなく、日々の生活自体が有意義な生き方をすべきでしょう。因縁物語の中でお釈迦様が述べられた「唯一有意義なことは、気づきを実践してこころを清らかにすることです。」このような生き方をすべきです。そのような生き方をしていれば、いつ死んでも悔いはありません。


この年の 雨の季節は ここに住む 明日死ぬことを 知らずに思う(286)


○スマナサーラ長老のこの詩に関する御説法
計画的に生きる ~理性があるなら捨てられる計画を立てる~
http://www.j-theravada.net/howa/howa169.html

○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
*286.愚か者は考える、死がせまっているのを知らない
http://76263383.at.webry.info/201005/article_26.html
*この年の雨の季節はここに住む明日死ぬことを知らずに思う
http://76263383.at.webry.info/200907/article_21.html
*雨期にはここに冬と夏にはここに住めると考える
http://76263383.at.webry.info/200809/article_7.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~お知らせ~~~~~

◎10月30日雨安居は終了しましたが、ワンギーサがゴータミー精舎に滞在中は
朝5時から7時まで及び夜7時から9時までのゴータミー精舎での自主瞑想会は
毎日行います。ふるって参加して下さい。但し木曜の夜は、瞑想会は休みます。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。現在2位す。

この記事へのコメント

才木広之
2012年11月22日 12:08
息が出来なければ、
体が壊れれば
内臓が壊れれば

考え事をしていて、気づかず
赤信号をわたれば、又は
赤信号で止まらなければ、
 
生きているときに、成しておきたい事は、

あるのか、ないのか、

死ぬ瞬間にその答えが分かっても遅い

私ははっきり宣言できます。しています。

いつ死んでも、相手に対しても、自分に対しても
後悔することはありません。今この瞬間でもです
あすか
2012年11月22日 16:19
いい学校に行くため、資格のため、
今日の小話ではありませんが
未来の妄想のために生きてきました。
これからは昼寝、じゃなかった。
今を大切に生きていきます。
noritarou
2012年11月22日 20:34
昼寝が悪いわけでもなく、頑張るのがいいわけでもなく、明日がこないかもしれない。
世の中の人をみていて、死ぬのが唯一確実な中で、迷いながらも真実に生きようと無我夢中でいられれば、人間としての使命を果たすという意味では、十分かなぁと思います。
カエルくん
2012年11月22日 23:09
こんばんは。
長いこと資格マニアでした。使う予定のない資格をいくつも持っているし、いま現在も何か取っておいたほうがいい資格はないかな、と、キョロキョロするのを止められません。
先のことが心配だからですが、明日死ぬかもしれないことを考えると、我ながらもう少し落ち着かなければ、と思います。
学ぶことは悪いこととは思えないので、必要性の高いものを見極める冷静さを持ちたいです。
もちろん、仏教を学ぶことを生活の基本にしながら。
こころざし
2016年01月02日 17:41
以前は自分が楽しいと思える何かがないと、心を保てない様な弱さがありました。
今は、今感じている事のサティが出来る事が有意義な生き方に繋がると実感しています。悪いことをせず善行為をして、そしてサティの実践をして参りたいです。