法津(のりつ)如来 の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 放逸で 他人の妻を 犯す者 悪業不満 非難と地獄(309)及び(310)

<<   作成日時 : 2012/12/13 04:55   >>

トラックバック 0 / コメント 3

○子供のためのダンマパダ。
・・・
人の奥さんと浮気をしたら、
自分もまわりの人も不幸にし、
世間から非難され、
地獄におちますよ。
ですから浮気はしないこと。


○パーリ語原文と訳語

チャッターリ  ターナーニ  ナロー  パマットー
Cattāri     ṭhānāni    naro    pamatto,
四つ      問題に    人は   放逸な

アーパッジャティ  パラダールーパセーヴィー
āpajjati       paradārūpasevī;
陥る        他人の妻に近づく者は

アプンニャラーバン ナ   ニカーマセッヤン
Apuññalābhaṃ    na   nikāmaseyyaṃ,
禍を招くことを   ない  望むように眠むれ

ニンダン  タティーヤン  ニラヤン  チャトゥッタン
nindaṃ   tatīyaṃ     nirayaṃ   catutthaṃ.
非難を   第三に     地獄に   第四に(309)


アプンニャラーボー  チャ  ガティー  チャ  パーピカー
Apuññalābho     ca    gatī     ca   pāpikā,
禍を招くこと     と   死去    と   悪所

ビータッサ  ビーターヤ   ラティー  チャ   トーキカー
bhītassa    bhītāya     ratī     ca    thokikā;
恐れた男の  恐れた女の   楽は    そして  少し

ラージャー  チャ   ダンダン  ガルカン  パネーティ
Rājā      ca    daṇḍaṃ   garukaṃ   paṇeti,
王は     そして  罰を    重い    与える
タスマー  ナロー  パラダーラン  ナ   セーヴェー
tasmā    naro   paradāraṃ    na   seve.
それ故   人は   他人の妻に   な   近づく(310)


○直訳
放逸な他人の妻に近づく者は
四つの問題に陥る
禍を招くことを、望むように眠れない
第三に非難を、第四に地獄に(309)

禍を招くことと死去と悪所
そして恐れた男の恐れた女の楽は少し
そして王は重い罰を与える
それ故、人は他人の妻に近づくな(310)


○意訳
他人の妻と浮気をする者は
四つの災難にあう
悪業が増え、満足がない 
第三は非難、第四は地獄(309)

悪業を得、死後は地獄を
怯える男女の快楽は少ない
国王は重い罰を与える
だから他人の妻と浮気をするな(310)


○一口メモ
今回は地獄に落ちるような悪行為として不倫がテーマになっています。

なぜ、不倫が地獄に落ちるような悪行為なのでしょうか?

それを考える前に性行為について正しく理解しておく必要があります。性行為の目的は生殖です。子孫を増やすために行います。その行為が継続的に行われるように、遺伝子は多くの場合、生殖に快楽と言う副作用を付加しています。多くの生物は快楽を求める形で生殖を行うのです。しかし、生殖の目的が達成すると、快楽を求めるという要求も消えていきます。人間だけが、生殖を目的とせずに、快楽のために性行為を行います。(一部の霊長類は人間と同様な行為があるかもしれません。)

不倫は完全に快楽をのみを目的にして行う行為です。不倫する者にとって生殖は迷惑な産物であり、生殖を目的とするのであれば、本来の配偶者と性行為を行う筈です。快楽のみを求める行為は、欲に基づく行為であり悪行為になるのです。性欲は本能だと、性欲に基づく性行為を全面的に肯定する考え方もありますが、本能に基づく行為は理性で制御しなければなりません。本能に基づく行為だと肯定できないのです。また、性欲は食欲などとは異なり、それを満たさなければ死ぬという欲とはことなります。快楽のみを求める性欲は完全に妄想に基づくものであり、妄想に基づくものであるならば、妄想を止めれば、止むものなのです。

さらに、不倫には、それ以上に大きな問題があります。夫婦というものは信頼関係で結ばれたものです。不倫は夫婦の信頼関係を壊すものです。昨日、一昨日でも述べたように比丘と信者の信頼関係を壊すことは地獄に落ちるような大きな罪であることを述べました。それと同様に、夫婦の信頼関係を壊す行為は地獄に落ちるような悪行為なのです。

ですから、今回の詩で述べられているように、不倫をするものは悪業が増え、満足がなく、 
非難され、地獄に落ちるのです。さらに、国王にも重い罪で罰せられるのです。すなわち法律で罰せられるということです。


放逸で 他人の妻を 犯す者 悪業不満 非難と地獄(309)
よこしまな 行為をする者も もろもろの 禍あるので すぐ止めるべき(310)


○スマナサーラ長老のこの詩に関する御説法
*不倫とはどんなもの? 〜仏教から見る性行為の話〜
http://www.j-theravada.net/howa/howa186.html


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
*309.310.他人の妻と浮気をする者は四つの災難に遭う
http://76263383.at.webry.info/201006/article_14.html

*放逸で他人の妻を犯す者悪業不満非難と地獄
http://76263383.at.webry.info/200908/article_5.html

*他人の妻に近づく者は苦しみ増えて地獄行く
http://76263383.at.webry.info/200809/article_27.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜

◎緊急連絡:12月14日(金)夜の自主瞑想会は中止します。
当日の夜、スマナサーラ長老の初期仏教月例講演会が開催されるためです。
宜しく、お願いいたします。

◎10月30日雨安居は終了しましたが、ワンギーサがゴータミー精舎に滞在中は
朝5時から7時まで及び夜7時から9時までのゴータミー精舎での自主瞑想会は
毎日行います。ふるって参加して下さい。但し木曜の夜は、瞑想会は休みます。
詳細はワンギーサの携帯番号090−2311−9317に御連絡下さい。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。現在2位す。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
性別によるのか性格によるのか
不邪淫戒もそうですが、この項目
あまり悩んだことはないですが
何かできることとして、
欲を喚起するような身なりや行動は
慎みたいと思います。

>もくぎょさん
育児で自宅軟禁(?!)の頃、
ブッダの教えのおかげで救われました。
ブッダの言葉は論理的、実践的で
個人的には○、なのですが
神様や呪文、魔法のような
魅力的アイテム(?!)がないので
女性への評判が…。で、同じく
育児中の苦しんでいる人に、
「とっつきにくいかもしれないけど
なかなかいいこと言ってるよ。
こんな考え方もあるんだよ」
と知ってもらえたらとはじめました。

ところが、まだまだ修行中の身、
「慢」がむくむくと生じてきて
ついつい読者受けするブログを、
となってしまい、これは違う!
と今はやめることにしました。
ランキングなどにふりまわされない
しっかりした状態で
誰かの役に立つものを作れたらと
ホームページはこつこつ準備しています。
^^
あすか
2012/12/13 10:37
子育て、ブログ競争?大変〜。
あすかさまの「再子育てブログ」そのときは1週間ぐらいは応援できるかも、です(^^;;

公園を散歩していたとき出会った、3人の親子連れの出来事。

もくぎょがイスに座っていると、向こうから歩き疲れた感じのお母さんと、小学5年位の女の子、小学3年位の男の子←すでに顔に怒りが表れてる〜、が並んで歩いてきました。男の子は立ち止まると、前を歩く2人に向かい「お母さんうそつき!ドコソコに寄るって約束したのに!」と怒鳴り始め、肩にかけていたバックを地面にたたきつけ、今来た道をどんどん引き返し始めました。(公園内の施設のようでした)もくぎょの目は点。

母親のほうは、あたふたして、どんどん遠くなる後姿に呼びかけるのですが、戻ってきません。女の子は、サッと地面のバッグを拾い「お母さん大丈夫。駐車場で待とう」と、そちらに向かいました。しっかりお姉さんです〜(^^)その後3人がどうなったか?もくぎょも、その場であたふたして帰ってきたので知りません。残念、とほ。

うそをついたのがいけなかったのかな〜??(^^;
もくぎょ
2012/12/14 20:34
数年前自治会の役員が回ってきて、その時に関わったある奥様が美女で、胸元等にクギ付けになった記憶があります。その程度といえばそうなのですが、その後もし不倫に走ったとしたら不幸にしかならないと思います。今は魅力的な女性に目を奪われそうになる度に、遺伝子の性欲に踊らされる自分を感じて控えたり、慈しみの投げかけをしてそれまでとしています。
常にサティして過ちを犯さないように戒めたいです。
こころざし
2016/01/08 06:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
放逸で 他人の妻を 犯す者 悪業不満 非難と地獄(309)及び(310) 法津(のりつ)如来 の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる