調御した 象に王が乗る 調御して 誹謗に耐える 最高の人(321)

○子供のためのダンマパダ。
・・・
ぞうさんも
べんきょうしないと
かしこくならない。
やくにたたないよ。

○パーリ語原文と訳語

ダンタン   ナヤンティ  サミティン
Dantaṃ    nayanti    samitiṃ,
調御された  伴い行く   集会に

ダンタン   ラージャービルーハティ
dantaṃ    rājābhirūhati;
調御された  王が乗る

ダントー  セットー   マヌッセース
Danto    seṭṭho     manussesu,
調御して  最上の人   人間の中

ヨーティワーキャン   ティティッカティ
yotivākyaṃ       titikkhati.
その人は 非難を    耐え忍ぶ


○直訳
調御された(象)を集会(=戦場)に伴い行く
調御された(象)に王が乗る
調御して非難を耐え忍ぶ人は
人間の中で最上の人


○意訳
訓練された象が戦場に行く
王たちは訓練された象に乗る
訓練して非難を耐え忍ぶ人は
人間の中で最高の人である


○一口メモ
12月20日新宿朝日カルチャー公開講座がありました。そこでスマナサーラ長老は「ブッダと調教師ケーシーの対話」(南伝大蔵経18増支部経典2p198~201)と言うお経の講義をされました。調教に関連したお話なのでその要約を掲載します。

ブッダは調教師ケーシーに「どのように駿馬を調教するのか?」訊ねました。ケーシーは次のように答えました。1.素直な馬は優しく調教する。2.鈍い馬は厳しく調教する。3.普通の馬はある時は優しく、ある時は厳しく調教する。ブッダはさらに「1.2.3.の方法で効果がない時はどうするか?」と尋ねました。ケーシーは「その時はその馬を殺します。調教できなかったということは我々の不名誉になるからです。」と答えました。

そこで、ケーシーはブッダに「どのように弟子を指導されますか?」と訊ねました。
ブッダは、「1.素直な弟子は優しく指導する。2.鈍い弟子は厳しく指導する。3.普通の弟子はある時は優しく、ある時は厳しく指導する。」と答えました。

そして、優しく指導するとはどういうことか説明しました。善身行、善口行、善意行は何かと教えます。そしてそれらの行為をすると、天界あるいは人間界に生まれ変わると教えます。

厳しく指導するとはどういうことか説明しました。悪身行、悪口行、悪意行は何かを教えます。それらの行為をすると、地獄、畜生、餓鬼に生まれ変わると教えます。

ある時は優しく、ある時は厳しく指導するとは、善身行、善口行、善意行および悪身行、悪口行、悪意行は何かを教え、それぞれの行為の結果を教えるということです。

そこで、ケーシーはブッダに、1.2.3.の指導をしても効果がなかった場合はどうするか訊ねました。ブッダは「私は彼を殺します。」と答えました。ケーシーは、それは殺生をしないブッダにとってふさわしいことではないと言いますと、ブッダは「仏道の立場から見ると、指導を止めるということは、その人を殺すと同じことなのです。」答えました。

この経はかなり厳しいお経ですね。次の事を学ぶべきです。「頑固な人は仏教を学ぶという希なチャンスをのがします。」「人間には人に話を素直に聞くという性格が必要です。」「自我を張り、頑固になる人はそこからの有益な情報を受け取れないのです。」

象の調教も同じように行われます。そしてよく調教された象を戦場に連れていけるのです。その中で、忍耐力のある象に王が乗るのです。  


調御した 象に王が乗る 調御して 誹謗に耐える 最高の人(321)


○スマナサーラ長老のこの詩に関する御説法
残念ながらまだ、この御説法は日本テーラワーダ仏教協会のHPにアップされていません。
2011年3月号のパティパダーの巻頭言に掲載されています。


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
*320.~322.あたかも象が戦場で矢より放つ矢に耐える如く
http://76263383.at.webry.info/201006/article_20.html

*訓練した象に王が乗る訓練して誹謗に耐える最高の人(321)
http://76263383.at.webry.info/200908/article_14.html

* 訓練された象のように誹謗に耐えるスーパーマン(321)
http://76263383.at.webry.info/200810/article_5.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~お知らせ~~~~~

◎10月30日雨安居は終了しましたが、ワンギーサがゴータミー精舎に滞在中は
朝5時から7時まで及び夜7時から9時までのゴータミー精舎での自主瞑想会は
毎日行います。ふるって参加して下さい。但し木曜の夜は、瞑想会は休みます。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。現在2位す。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年12月22日 09:45
こんにちは。
「よく調教された」象が素晴らしい、ということなのですね。
心をよく調教すれば、外からの非難にも動じなくなるということでしょうか。
素直な人間でありたいと思っていますが、実際は鈍い人間のように思えます。

一方で、人に物を教えるとき、ただただ優しくしてしまう傾向があります。相手に合わせて教え方を変えなければならないのだな、と思いました。
あすか
2012年12月22日 10:07
やさしく、時にきびしく、
指導していただけているうちが
花ですね。

自分へのつまらぬこだわりで
大切な機会を失わないよう、
心して今日も精進、精進。^^
こころざし
2016年01月11日 20:10
ブッダの教えは参考になると生かしても、冥想をするか?となると、やらない人が増えるような印象を感じています。過去にそのような人と接した時、自我を大事にされているなとの印象を受けた事があります。
素直に学び・実践し、そして成長できるようにしたいです。