眠りこけ 大食喰らう 愚か者 母胎に入り 輪廻を続ける(325)

○子供のためのダンマパダ。
・・・
ポテトチップやケーキなど
好きなだけ食べ、
あとは眠くなるから寝ていれば、
ぶくぶくふとるだけ。
そんな子供になりたいの。


○パーリ語原文と訳語

ミッディー  ヤダー  ホーティ  マハッガソー  チャ
Middhī    yadā    hoti    mahagghaso   ca,
眠る者    時に   である   大食者     また

ニッダーイター    サンパリワッタサーイー
niddāyitā       samparivattasāyī;
眠りを貪る人は    ころごろ横たわる者は

マハーワラーホーワ  ニワーパプットー
Mahāvarāhova     nivāpapuṭṭho,
大豚  ように    餌で育てた

プナップナン  ガッバムペーティ  マンドー
punappunaṃ   gabbhamupeti    mando.
何度も     母胎に入る     愚鈍の人は


○直訳
眠る者また大食者である時は
眠りを貪る人、ごろごろ横たわる人
餌で育てた大豚のように
愚鈍のものは何度も母胎に入る


○意訳
眠りこけ 大食を喰らい
ごろごろ寝るのを好む愚鈍の人は
えさを与えられる大豚のように
何度も母胎に入り輪廻を続ける


○一口メモ
この詩には豚が出てきます。なぜ「象の章」なのに豚が出てくるのかわかりません。なぜかなと思っていればいいのではないかな。

さて、この詩は飼われている豚は餌をあたえられますから、餌を食べっていればいいのです。たくさん食べると豚も人間と同じように、眠くなります。飼われている豚は餌を探すような仕事もありませんから、すぐ眠くなります。眠くなればねむります。眼がさめればまた餌を食べます。豚はよく太った大豚になるのです。

人間もたくさん食べれば眠くなります。眠くなればねむります。以前勉強したダンマパダ152番は次のような詩でした。

学ぶこと少ない人は
牡牛のように老いていく
彼の肉は増えるが
智慧は増えることはない(152)

このような人は、どんどん太り肉は増えるが、智慧が増えずに愚鈍の人になるのです。これでは善いはずはありません。この詩ではそれを、「愚鈍のものは何度も母胎に入る」と表現しているのです。この意味は「何度も母胎に入り輪廻を続ける」ということです。この意味は輪廻(生まれ変わること)を続けることは望まないこと、避けるべきことだと理解できなければわかりません。

輪廻については何度か説明してきました。しかし、輪廻は簡単に受け入れられるものではありません。これにはもう一つ難解な問題があります。それはブッダが悟った「生きることは苦だ」という真理です。これも「生きることは楽ではない」と言う通常の意味で使う以上の意味を理解しないと、もし輪廻があったとしても輪廻を繰り返すのは避けるべきだという結論にならないのです。ここで注意することは、生きることは苦であると言っても、それは死ねばよいと言うことではないと理解しておく必要があります。そうではないと仏教は虚無主義だと考えることになるからです。生は苦ではあるけれども、苦を超越するする道(方法)が明確に提示されています。それは八正道であり、涅槃に至る道がそれなのです。

食事の量について注意することは、修行僧にとって重要な課題なのです。それはダンマパダ185番について明記されています。食事の量を適正にしなければ、瞑想をしても眠くなり、修行にならないのです。

他人を非難せず、傷つけない
戒律に関しては自分を守り
食事に関しては量を知り
静かなところで生活する
心に関して努力する
これが諸仏の教えである


眠りこけ 大食喰らう 愚か者 母胎に入り 輪廻を続ける(325)


○スマナサーラ長老のこの詩に関する御説法
この御説法は日本テーラワーダ仏教協会のHPにアップされていません。
2011年7月号のパティパダーの巻頭言に掲載されています。


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
*325.大食漢で怠けてばかり寝て転々する愚者は
http://76263383.at.webry.info/201006/article_23.html

*眠りこけ 大食喰らう 愚か者 母胎に入り 輪廻を続ける
http://76263383.at.webry.info/200908/article_17.html

*大食くらい寝転ぶ人は大豚のごとく輪廻する
http://76263383.at.webry.info/200810/article_8.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。



~~~~~お知らせ~~~~~

◎年末年始も、ゴータミー精舎での自主瞑想会は常通り行います。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」
で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。現在2位す。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年12月26日 08:32
こんにちは。
これは私のこと、と思いながら読みました。
食事量の適正を守ることは難しいです。
あすか
2012年12月26日 18:06
食事は禁止できないので難しいです。
はじめたことを適度な所で止めるのは
やらないよりずっっと難しいです。

生きることは苦ですが、こうした
学びの機会を得られた奇跡を思うと
死へ逃げるなんてもったいない。
一刻も無駄にはできません。

とかっこよく思うのですが、
そこは修行中の身、現実は…。
それでもめげずがんばります。^^;
こころざし
2016年01月13日 07:48
私事ですが、食事を多く食べてしまう状況がも続いています。そして、本文にありますように寝てしまいます。時間が限られる中もったいない話です。
食事の冥想をもっと真剣にして、そして食事についても大食にならないように戒めたいです。
私事ですが、性欲の制御と食事の冥想を唱えていながら新聞を読まない事は現時点で守れています。大食してしまう事もやめれるよう続けて参りたいです。