不放逸で 自分の心 よく守れ 心の沼から 抜け出すように(327)

○子供のためのダンマパダ。
・・・
年老いた巨象は
たいこの音を聞き
元気をだして
泥沼から抜け出たゾー


○パーリ語原文と訳語

アッパマーダラター   ホータ
Appamādaratā      hotha,
不放逸を楽しむことで   あれ

サチッタマヌラッカタ
sacittamanurakkhatha;
自分の心を守れ

ドゥッガー  ウッダラタッターナン
Duggā     uddharath'  attānaṃ,
難路から   引き上げよ  自分を

パンケー  サンノーワ    クンジャロー
paṅke    sannova      kuñjaro.
汚泥に   沈んだ ように  象の


○直訳
不放逸を楽しむことであれ
自分の心を守れ
難路から自分を引き上げよ
汚泥に沈んだ象ように


○意訳
不放逸を楽しめ
自分の心を守れ
難所(執着)から抜け出せ
泥沼に沈んだ象のように


○一口メモ
この詩に関しては、やはりこの詩のできた因縁物語を語る他はありません。この話を想い出すと、老象の最後の頑張りと、王様、象使いなどの心使いにいつも感動しますので、また繰り返します。

若い時は大変強い象がいました。しかし、年をとって弱くなりました。その象が水場に行った時に泥沼にはまって、そこから抜けられなくなりました。それを聞いた王様は象を助けるために象使いを水場に送りました。象使いたちは戦闘用の太鼓を打ち鳴らしました。その老象はその音を聞き、奮い立ち、昔の血が全身に 蘇ったように力強く足を踏み出し、見事に泥沼から脱出したのでした。

その様子を見ていた比丘たちは仏陀にその報告をしました。仏陀はその比丘たちに、「気付いていることを楽しみ、自分の心を守りなさい。そして、泥沼にはまった象が奮い立ち、全力を出して泥沼から抜け出るように、自分自身の執着から脱出しなさい。」と説法されました。この説法を聞いてこの比丘たちは阿羅漢果の悟りを得たということです。

ブッダは比丘たちの年老いた象の話を聞いて、なぜ「不放逸を楽しめ、自分の心を守れ、難所(執着)から抜け出せ」と説法されたのでしょうか?

「不放逸を楽しめ」、不放逸とは気づきを怠らないことですが、不放逸を続けることは緊張していてはできないことなのです。リラックスしながら、気づきを怠らないようにしなければできないのです。そのためには不放逸を楽しむ気持ちが必要だと教えておられるのです。そのつもりで不放逸に取り組めば、心の変化なども分かり楽しめるものなのでしょう。

また、たびたび出てくる言葉「心を守る」は、戒を守ることの核心なのです。これさえできれば、すべての戒を守ることができるのです。

難所から抜け出すこと、すなわち執着から離れることが非常に困難な課題なのです。なぜならば、自分が執着していることは、執着していることがあたり前と思っていますから、執着していることに気付けません。またそれに気づいても自分の執着から離れることは困難なのです。ですから、先ず執着について理解することが大切です。執着の対象は次の四つに注意すれば自分の執着が分かります。

1.欲に対する執着です。欲しいと思うとどうしても欲しいと思い、あきらめることができないのです。
2.見解に対する執着、例えば神を信じている人は、神を否定できないのです。
3.戒禁に対する執着もあります。無意味な儀式、儀礼、修行方法などへの執着です。
4、我語に対する執着は、自分の意見、自分が言ったことに固執することです。

執着は無理に捨てようとしても捨てられません。自分では捨てたつもりになっていても、心は捨てていないのです。心から執着を捨てるためには理解(智慧)が必要なのです。その執着の無意味さとそれが自分を苦しめ、自分の自由を奪っていることを徹底的に理解する必要があるのです。その過程は言葉で表現すれば、理解、気づき、悟りと言うようなものでしょう。すべての執着の無意味さを知った時、そしてそれを捨てた時、それは悟りと言うのでしょう。


不放逸で 自分の心 よく守れ 心の沼から 抜け出すように(327)


○スマナサーラ長老のこの詩に関する御説法
この御説法は日本テーラワーダ仏教協会のHPにアップされていません。
2011年9月号のパティパダーの巻頭言に掲載されています。


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
*327.難所から自分を引き上げよ、泥沼に沈んだ象のように
http://76263383.at.webry.info/201006/article_25.html

*不放逸で自分の心よく守れ心の沼から抜け出すように
http://76263383.at.webry.info/200908/article_19.html

* 気付きを楽しみ心を守れ 執着捨てて解脱せよ
http://76263383.at.webry.info/200810/article_10.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~お知らせ~~~~~

◎年末年始も、ゴータミー精舎での自主瞑想会は常通り行います。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。いつの間にか1位になっていました。ご協力感謝いたします。今後も御支援をお願いいたします。

この記事へのコメント

あすか
2012年12月28日 12:19
泥沼にどっぷりつかっています。
なるほどとは思うのですがなかなか。
戎を守り、気付きを忘れず、
この泥沼の苦しさをしっかり観察し、
えいやっと抜け出せるよう気長に
リラックスして精進(?!)します。
カエルくん
2012年12月28日 20:26
今日の因縁物語も、好きなエピソードのひとつです。
老象が力を振り絞って泥沼から脱出する様が、目に浮かびます。
そんなふうに、自分も執着の泥沼から脱出せねば、と思います。

取り敢えず、年末ですし、物への執着を再点検して、持ち物を減らそうと思います(*^^*)
SRKWブッダ
2014年09月16日 14:02
不放逸とは、「だらしないことがない」というほどの意味である。

どんな小さな決意でも、それが悪を制しとどめる機縁となるならば、それはまさしく素晴らしい思いつきである。どんな些細な決心でも、それが本心にもとづくものであるならば、それは解脱の因縁を生む元のものともなる。

それゆえに、こころある人は小さな決意でも軽んじてはならない。些細な決心でも、自ら決心したことを他ならぬ自分自身が尊守せよ。それが不放逸を一つの修行と為すということなのである。

理法に適った行ないはつねに人の心を安んじ、法(ダルマ)に従う念いはつねに人の心を浄めるものである。不放逸を修行と為す人は、このような行ないを為し遂げ、このような念いを想起すると期待され得る。

***
こころざし
2016年01月13日 07:58
不放逸を実践していると、思考・妄想が回転しにくく、執着しにくくなる流れに繋がる事を実感しています。ですが日常で執着に繋がりかねない事は次々と起こります。
学ばせて頂いている事を生かせるように、不放逸を実践して執着を減らし、心を成長させて参りたいです。