善人は 遠くからでも よく見える 近くいても 悪人見えぬ( 304)

○子供のためのダンマパダ。
・・・
子供がどんなにたくさんいても
お母さんは自分の子供は一目でわかる
そのようにお釈迦さまは
心のきれいな人は一目でわかる


○パーリ語原文と訳語
ドゥーレー  サントー  パカーセンティ
Dūre     santo    pakāsenti,
遠くで    善人は   見える(輝く)

ヒマワントーワ    パッバトー
himavantova      pabbato;
ヒマラヤの ように   山々

アサンテッタ   ナ   ディッサンティ
Asantettha     na   dissanti,
不善人はここで  ない  見え

ラッティン  キッター  ヤター   サラー
rattiṃ     khittā    yathā   sarā.
夜に     放たれた  ように   矢の


○直訳
遠くで善人は見える(輝く)
ヒマラヤの山々のように
不善人はここで見えない
夜に放たれた矢のように


○意訳
遠くにいても善人は輝いて見える
ヒマラヤ山のように
近くにいても悪人は見えない
夜中に放たれた矢のように


○一口メモ
今回の詩は何気なく読むと「そうかな」と思いますが、よく読むと自分の実感と違うような気がしました。
どうですか、皆さんはどう感じますか?

また、始めに掲げた「子供のためのダンマパダ」は、この詩の本分とどのように関係があるのかと疑問に思われたかもしれません。(もっとも、いつもあんまり関係のない適当な詩だと感じておられる方はそのようには思わないでしょうが。)この詩では、お母さんはブッダの象徴で、自分の子供は善人を意味しているのです。説明する必要はなかったかもしれませんが。

ダンマパダは基本的に、ブッダの詩であり、ブッダの言葉ですから、ブッダの感じ方なのです。ですから凡人や愚か者の感じ方とは異なるのです。

凡人は、悪人も善人もあまり区別ができないのです。善人より悪人の方が善人らしく振舞って、多くの人々をだますという行為をします。善人はそのようなことはしません。ですから、おおくの人々は悪人を善人だと見間違えます。本当の善人はあまり、弁解などもしませんから、人から悪口を言われる人を悪人だと思ったりもします。

この辺の事情は、人の本心を見抜けるようになればだんだん分かってくると思います。本心を隠して、取り繕う人は悪人です。ですからその人の本心を見抜けるようになればよいのです。その人は自分は間違っていると知っているのです。

しかし、本心を取り繕うわけでなく、本心がそのまま、私に言わせれば間違っている人もいます。つまり邪見を本気で信じているのです。具体例が分かりやすいでしょう。国を守るために戦争の準備が必要だと言う見解です。これは戦争を肯定しているのです、いざと言う時は戦争をしようと言うわけです。戦争になれば、殺し合うことになるのです。それは絶対に避けるべきなのです。殺し合っては絶対にいけません。それがブッダの教えです。このことを理解できない人々がいるのです。それらの人々を変えるのは困難です。

話しはもとに戻しますが、うわべの言葉には本心が隠されています。智慧を開発している仏教徒は、うわべの言葉の下の本心を洞察しなければいけません。それが多くの人々の不幸を止めて、幸福の道につながるからです。
今は選挙の時期です。この国が戦争への道を進まないようにしっかり考えて下さい。

原子力発電所の再稼働を望む勢力があります。それは原発で利益を得ている人々です。原発で不幸になった人々、不幸になる多くの人々がいます。それらの人々の命と利益を踏みにじっているのです。それらの人々の中には原子力を平和利用という名目で、核兵器を保持のためにと本心では思っているのです。消費税の値上げをしようとする人々の理由とその本心を知る必要があります。日本がギリシャのようになるとう理由は本当でしょうか。その本心は何なのでしょうか。TPPについても同様なことが言えます。うわべの理由で騙されてはいけません。

今回の詩に述べられているようには、凡人はなかなか見えないのです。ブッダはこの詩のようにすぐわかるのですが。


善人は 遠くからでも よく見える 近くいても 悪人見えぬ(304)


○スマナサーラ長老のこの詩に関する御説法
*お釈迦様と効率主義 ~ブッダに気付かれることほど名誉はない~
http://www.j-theravada.net/howa/howa180.html

○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
*304.善き人々は遠くにおいてもヒマラヤ山の如くに輝く
http://76263383.at.webry.info/201006/article_9.html
*善人は遠くからでもよく見える近くいても悪人見えぬ
http://76263383.at.webry.info/200907/article_33.html

* 遠くにいても善人見える近くにいても見えぬ悪人
http://76263383.at.webry.info/200809/article_22.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~お知らせ~~~~~

◎10月30日雨安居は終了しましたが、ワンギーサがゴータミー精舎に滞在中は
朝5時から7時まで及び夜7時から9時までのゴータミー精舎での自主瞑想会は
毎日行います。ふるって参加して下さい。但し木曜の夜は、瞑想会は休みます。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。現在2位す。

この記事へのコメント

優太
2012年12月08日 10:12
ワンギーサ先生、おはようございます。今回の詩の矢のように、という表現が興味深いと思いました。矢は人を傷つけるので、悪人は大勢を不幸に導くという意味もあるのかな?と思いました。

ところで昨日地震がありました。原発が気にかかりました。3.11後、原発のため自宅に住むことができなくなった人はたくさんいます。まだ地震が多発しているのに、原発を稼動させることはとても危険だと思います。
あすか
2012年12月08日 10:22
ブッダからみたら
どう見えているんだろう。
この世界のためにできる有意義なこと。
慈悲と智慧を磨き、常に気づきをもって
よく考えて行動せねばなりませんね。
こころざし
2016年01月07日 07:44
その人の外見や立派な発言で騙される事があります。ですが暫く一緒にいると、その人の言動が伴っていなかったり、道徳を守れていない事が分かり、善意は上辺だけ?と分かります。
見かけではなく心で感じる事が出来るように、まずは自分の心をしっかり観察していきたいです。