財産は 愚かな人を 害すなり 執着しない 人は害せない(355)

○子供のためのダンマパダ。
・・・
お金が一番大切と思う子は
お金があれば勉強しない。
何をしたらよいかわからない。
お金がないと悲しくなって、
病気になって死んでしまう。
・・・
立派な人間になろうとする子は、
お金があってもなくとも、
よく勉強して、
皆のために働いて、
元気で明るく生きる。


○パーリ語原文と訳語

ハナンティ  ボーガー  ドゥンメーダン
Hananti    bhogā    dummedhaṃ,
害す      財は    智慧のない者を

ノー  チャ   パーラガヴェースィノー
no    ca    pāragavesino;
ない  しかし  彼岸を求める者たちを

ボーガタンハーヤ  ドゥンメードー
Bhogataṇhāya    dummedho,
財への渇望で    智慧のない者は

ハンティ  アンニェーワ  アッタナン
hanti    aññeva     attanaṃ.
害す    他人のように  自分を


○直訳
財は智慧のない者を害す
しかし、彼岸を求める者たちを(害さ)ない
財への渇望で智慧のない者は
他人のように自分を害す


○意訳
財産は愚か者を害す
涅槃を求める人を害さない
財産への渇愛によって愚か者は
他人のように自分を害す


○一口メモ
この詩の理解に参考になるダンマパダ62番があります。

私の子がいる、私の財産がある
と愚か者は悩まされる。
自分さえ自分のものでない
どうして子か、どうして財産か。

愚か者は家族や自分の財産に悩まされます。なぜならばそれらに執着するからです。つまりそれらにたいする渇愛があるからです。

涅槃を求める人は、渇愛から離れようとしていますから、財産に害されることがないのです。

前回あるいは前々回にこの詩に関する記事を書いたときは、例えば2億円宝くじで当たった女性が殺された事件がありましたが、今回はそのようなニュースは聞いていません。財産に害される人々が日常なことでニュースにならないのでしょう。また私がそのようなニュースについて関心がないので知らないのかもしれません。わたしはむしろ財産がない人の悲惨な状況が気になります。日本や世界はどうなっていくのでしょうか。

昨年12月30に掲載したダンマパダ331、332、333を想い出して、現在の悪政のもとでも、幸福に暮らせる生き方を目指してください。
http://76263383.at.webry.info/201212/article_30.html


財産は 愚かな人を 害すなり 執着しない 人は害せない(355)


○スマナサーラ長老のこの詩に関する御説法
この御説法は日本テーラワーダ仏教協会のHPにまだアップされていません。
2013年2月号のパティパダーの巻頭言に掲載されると思いますが、まだ発行されていません。
残念ですが、これ以後の詩についてスマナサーラ長老の説法はまだ読めないことになります。


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
*355.財産は愚か者を殺す、涅槃を求める人を殺さない
http://76263383.at.webry.info/201007/article_8.html

*財産は愚かな者を殺すなり無執着の人は殺せない
http://76263383.at.webry.info/200909/article_3.html

*財産は愚かな者を殺すなり無執着の人は殺せない
http://76263383.at.webry.info/200810/article_27.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~お知らせ~~~~~

◎1月18日(金)の夜、1月19日(土)朝及び夜の自主瞑想会はお休みします。
私(ワンギーサ)がマーヤーデーヴィー精舎における新年祝福法要に参加するためです。

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

まさこ
2013年01月16日 14:04

こんにちは。


老人ホームに勤めていた時に、若いころ国民年金を払わない期間があり今お金がなくて本当に困っていると嘆いていたお年寄りに、年配の女性ヘルパーが、「億万長者のビルゲイツは、子供に遺産は残さない。お金で幸せになれるとは限らないから、と言っているそうですよ」と慰めの言葉をかけたと、日誌に書いていました。

お金があったって、悪いことしたら、精神的に苦しくなります。心のやすらぎが、一番大切ですよね。助け合って、不景気乗り越えたいですね。
カエルくん
2013年01月16日 17:34
こんにちは。
もうちょっとお金があれば、○○ができるのに。
考えたら人生、この思考の繰り返しな気がします。

ちょうど昨日、大切なものを無くす夢を見ました。
目が覚めてこのブログを開き、欲しがるから無くしたり手に入らなかったとき苦しむのだ、と再確認しました。
欲しがらないこと、という本があったら買うのになあ、と思いますが、戦時中のスローガンみたいで難しいでしょうか。

その一方で、必要なものが手に入らない暮らしをしている人がいる現実がありますね。できることからコツコツと。
身の回りの困っている人のお手伝いから始めようと思います。
カエルくん
2013年01月16日 19:23
失礼しました。「執着しないこと」という本がありますね。
しかも持ってます(^^;
再読します。
あすか
2013年01月17日 09:08
宿題にして考えても
答えが出ないことも多いです。
他のことを学んでいて
あるいは、全く別の事をしていて、
あ、こういうことだったのか。
と気付くこともあるので
無駄ではないのかな。

執着を手放すと軽やかです。
それなのにすぐまた
執着の心が生まれてしまいます。
毎日の服の洗濯や掃除のように
心の汚れも繰り返し落とすよう
がんばります。
こころざし
2016年01月20日 07:06
私事ですが、親が小金持ちで、子供が欲しい玩具等は頼めば買ってもらえます。もっとおねだりすれば小金が手に入るのかもしれませんが、それを当てにして人間が落ちる状況になりかねないと戒めています。
ボランティアで児童福祉施設に行っていますが、そこでの子供達が今後ある程度成長したら、自分の力で資金を得て・生きていく状況にならないといけない現実を感じる事があります。
そのような意味でも心の成長がないと、ブラックになりかねないと感じます。精進したいと思います。