田畑の 雑草のような 愚かさの ない人にこそ 施しをせよ(358)

○子供のためのダンマパダ。
・・・
雑草が生えている畑に、
まいた種はよく実らない。
雑草のない畑に、
まいた種はよく実る。
・・・
愚かな人にお布施をしても、
よい結果が現れない。
賢い人にお布施をすれば、
よい結果が現れる。


○パーリ語原文と訳語

ティナドーサーニ  ケッターニ
Tiṇadosāni      khettāni,
雑草で荒らされる  田は

モーハドーサー   アヤン   パジャー
mohadosā       ayaṃ    pajā;
愚かさで荒らされる   この   人々は

タサマー  ヒ   ヴィータモーヘース
Tasmā    hi   vītamohesu,
それ故   実に  賢い人に

ディンナン  ホーティ  マハッパラン
dinnaṃ    hoti     mahapphalaṃ.
施しは    です    大きな果報


○直訳
田は雑草で荒らされる
この人々は愚かさで荒らされる
それ故実に賢い人に
施しは大きな果報です。


○意訳
田畑は雑草に荒らされるように
人々の心は愚かさで荒らされる
それ故に賢い人に布施すれば
大きな果報がある


○一口メモ
今回の詩のテーマは「愚かさ(無智)」です。
パーリ語ではmoha です。辞書には「痴、愚痴」と書かれていますが、私は無知と訳していました。しかし、無知と言っても、ものを知らないと言う知識的なものではなく、智慧がない、愚かだと言う意味です。ですから、最近は「無智」と訳すことにしています。これならばその意味が取れるかなと思ったからです。

しかし、moha 無智は、貪欲や怒りに比べると意味の取り難い言葉です。自分に今、欲がある、あるいは欲がない。怒りがある、怒りがないなどは比較的わかります。(実際には気づけない場合が多いのですが。)無智の場合には、これに気付けません。自分の心を無智が支配している場合は、気づけないと言うのが無智ですから、分からないのです。

また、無智はおとなしそうに見えて、実は煩悩の親分なのです。どんな煩悩の裏には無智が控えています。心に貪欲がある時、必ず無智があります。怒りがある時も必ず無智があるのです。貪欲と怒りは共存しないと言われています。貪欲のある時は怒りはありません。怒りがある時は貪欲がありません。しかし、貪欲が裏切られると怒りにかわります。ですから、貪欲と怒りはコインの裏表のような関係です。無智は怒りと貪欲の存在する場のようなものなのです。すべての無智がなくなるとすべての煩悩がなくなるのです。

ですから、無智のない人、これは智慧のある人、賢い人です。このような人々にお布施してすることは多くな功徳がありますし、これらの人々から、学ぶことは多いのです。無智をなくし、智慧を開発することも易しいことではありませんが、それらの人々と親交することで、その困難も乗り越えられるのです。


田畑の 雑草のような 愚かさの ない人にこそ 施しをせよ(358)


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
*356~359.田畑は雑草に荒らされるように、人々は貪欲に荒らされる
http://76263383.at.webry.info/201007/article_9.html

*田の草のような貪欲のない人に施しすれば果報は大きい
http://76263383.at.webry.info/200909/article_4.html

*田の草のような貪欲のない人に施しすれば果報は大きい
http://76263383.at.webry.info/200810/article_28.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~お知らせ~~~~~

◎1月19日(土)夜、三田のマーヤーデーヴィー精舎から幡ヶ谷のゴータミー精舎に帰ってきましたから、
1月20日(日)朝からの自主瞑想会は通常通り行われます。

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

カエルくん
2013年01月20日 11:13
こんにちは。
自分の無痴に気づくとき…。やはり愚痴をこぼしたくなったときや、ぼんやりとして眠たいときなのです。
怒っているときなどは、感情に気づくたけで精一杯の気がします。
こころざし
2016年01月21日 07:45
指摘解釈を恐縮です、感情的になってしまう度合いが多い程、無智を感じます。それに気が付く事も出来ていないとすると無智決定な印象があります。
有難いご縁を頂いている尊敬できる師匠に学ばせて頂きながら、その無智をなくせるように・感情的になる度合いを減らせる・無くせるように、日々精進して参りたいです。