好き嫌い ない人間は 苦悩ない 私は彼を バラモンと呼ぶ(385)

○子供のためのダンマパダ。
・・・
食べ物の好き嫌いなくせば、
元気な身体ができますよ。
友だちの好き嫌いをなくすと、
立派なこころができますよ。


○パーリ語原文と訳語

ヤッサ   パーラン  アパーラン  ワー
Yassa    pāraṃ    apāraṃ    vā,
その人の  彼岸も   此岸も    また

パーラーパーラン  ナ   ウィッジャティ
pārāpāraṃ      na   vijjati;
彼岸此岸も     ない  存在し

ウィータッダラン  ウィサンユッタン
Vītaddaraṃ     visaṃyuttaṃ,
苦悩から離れ    束縛から離れた

タマハン   ブルーミ  ブラーフマナン
tamahaṃ   brūmi    brāhmaṇaṃ.
彼を私は   呼ぶ    バラモンと


○直訳
その人の彼岸も此岸もまた
彼岸此岸も存在しない
苦悩から離れた、束縛から離れた
彼を私はバラモンと呼ぶ


○意訳
彼岸も此岸もまた
彼岸此岸のない彼に
苦悩と束縛はない
彼を私はバラモン呼ぶ


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
2008年11月
*彼・此岸のない彼には苦悩ない私は彼をバラモンと呼ぶ
http://76263383.at.webry.info/200811/article_21.html

2009年9月
*好き嫌いない人間は苦悩ない私は彼をバラモンと呼ぶ(385)
http://76263383.at.webry.info/200909/article_27.html


○一口メモ
ある日、悪魔が人間の姿になり、ブッダに近づき質問しました。「尊師よ、彼岸、彼岸と言いますが、彼岸とは何でしょうか?」と。ブッダはこの者は悪魔であるとお知りになり、「愚かな者よ、そなたに彼岸が何になりますか。彼岸は無欲の者たちによってのみ得られるものだからです。」と言われこの詩を述べました。この説法を聞いて多くの者が預流果を得たということです。この場の彼岸の意味は涅槃という意味です。

しかし、今回の詩での彼岸と此岸及び彼岸此岸は少し意味がことなります。

この詩の彼岸は感覚の対象を意味しています。具体的には形、音、香り、味、触、法(思考・感情・意思など)です。

この詩の此岸の意味は眼、耳、鼻、舌、皮膚、意(心の感覚器官)です。

「彼岸も此岸もあるいは彼岸此岸のない彼に」の意味を分解して考えると次の通りです。「感覚の対象がない」とは感覚の対象に執着しないということです。「感覚がない」とは、
感覚に執着しないことです。感覚に執着しないとは、感覚には苦、楽、苦でも楽でもないとありますが、苦にも楽にも不苦不楽に執着しないことです。「彼岸此岸のない」とは、感覚の対象にも感覚にもどちらにも執着がないのですから、涅槃の境地を指していると言えます。

そのような訳で、そのような人は悩みも束縛もありませんから、阿羅漢です。ですからそのような人は最高の人間であるバラモンなのです。


好き嫌い ない人間は 苦悩ない 私は彼を バラモンと呼ぶ(385)


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~お知らせ~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

あすか
2013年02月12日 12:07
快に欲、不快に怒があらわれ
それがいかに苦しいか
よく観察すればわかります。
そんなに苦しいのに
手放すのが難しいとは。
くりかえし、くりかえし、
訓練、また訓練です。
カエルくん
2013年02月12日 19:37
こんばんは。
感覚を刺激する物を遠ざけようとして、怒りの心が生まれてしまったことがあります。本当は手放したくなかったからです。
愚かなことだと思いますが、心から納得するのは難しいです。
時麿
2013年02月12日 22:37
好き、嫌い、という感情は直感的に湧き上がります。
その感情に流されないようにしたいのに、やはり、引きずられる。
感情に引きずられる速度を少しでも遅くしていけるよう、自分の心を冷静に観察できるよう、努力していきます。
こころざし
2016年01月29日 07:29
好きや嫌いを思った瞬間、その後の思考・妄想が早期に回転し始めると思います。
好きや嫌いを思わなければ、そこで止まるように思います。
思ってもそれ以上思考・妄想を回転させないように、出来れば思う前で止めれるように、冥想を実践したいです。