スッタニパータはどんなお経か?

私の師匠であるスマナサーラ長老は、スッタニパータの解説はあまり好まれていないのです。その理由ははっきりとはわかりませんが、あまり修行もしてない者が、スッタニパータの文字だけ読んで、分かった気になられては困るという思いではないかと思っています。ですから、私がこのようにブログで解説のようなことをすることにもあまり賛成ではないかもしれません。

スッタニパータの日本語訳には、中村元博士が岩波文庫に「ブッダの言葉」として出版されています。この本はやさしい日本語で分かりやすく訳されていますから、スッタニパータの普及に大きな貢献していると思います。その反面ブッダの真意が理解されないで読まれているおそれもあります。それはともかくとして、修行も真面目にして、ブッダの言葉を表面的に分かった気にならず、ブッダの真意を理解するように学ぶならば問題はありません。

それでも、スナマサーラ長老はスッタニパータの始めの章「蛇の章」を解説する説法をなされたことがあります。それは「原訳『スッタ・ニパータ』蛇の章」として佼成出版社から出版されています。まだお読みでない方は、このブログで学ぶ重要な参考書としてください。

その本の「はじめに」の始めを以下に引用させて頂きます。

ブッダの教えの「公式集」
『スッタ・ニパータ』は、初期経典が結集される前、サーリプッタ尊者など偉大なる阿羅漢たちが活躍されていたときから知られていた経典です。もちろん、きちんと編集されたのはブッダが般涅槃にはいられてからですが、ブッダが直々に説法をなさっていた頃から伝えられていた詩集のです。

スッタ(sutta)は「糸」という意味ですが、それよりも英語のフォーミュラ(formula)という言葉の意味がふさわしいかもしれません。フォーミュラは数学で言えば「式」という意味です。哲学や文法を語る場合も、まず「式」を作ってから語ることは、インドではよくあるやり方なのです。

この場合、「式」といっても、それは一つの文章です。その文章の中に、言いたいことは全部入っているのですが、ただそれを読んだだけでは理解できません。

そこで、色々な先生たちが、この「式」をどのように理解すればよいかと、長い文章でずっと解釈したりするのです。「式」が先にあって、その「式」について論文を書くという順番なのです。現代風にいえば、論文には一行で書ける結論があるとします。しかし、一行で結論だけを書いても、だれも認めてくれません。そこで、証拠となる情報を挙げながら論証して「ゆえに、こういうことですと」と最終的な結論までもっていくわけです。哲学的に解釈すれば、スッタとは「結論」のまとめのようなものです。

中略

『スッタ・ニパータ』のニパータ(nipaata)という意味は、ちょっとわかり難くて、ブッダゴーサ長老も色々定義しています。「集まり」という意味でもだいたいよいでしょう。ですから、「スッタの集」、「選集」のようなものと理解してください。スッタとう「ブッダの教えの式」の選集だったので、昔から大切に記憶されてきたのです。

以上引用終わり。

4月1日スッタニパータの本文を始める前に、もう少しスッタニパータはどんなお経か、次回も述べようと思います。


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~お知らせ~~~~~

◎2013年3月25日(月)~3月31日(日)はワンギーサが熱海における一週間宿泊自主冥想会を担当するために、ゴータミー精舎の朝晩の自主冥想会はお休み致します。
4月1日(月)からは通常通り朝晩の自主冥想会は再開致します。ご注意お願いいたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

カエルくん
2013年03月29日 10:03
こんにちは。
スマナサーラ長老の『スッタニパータ 蛇の章』持ってます。
大分前に読んだので、内容を忘れてしまいました。繰り返し読まないとだめですね。
この機会に再読します。
あすか
2013年03月29日 11:49
そのようなお経でしたらなおさら
独学、自己流ではなく、
こうしてみんなで学べるのは
ありがたいことですね。
こころざし
2016年02月13日 06:12
以前スッタニパータは有名なお経と伺った事があります。
本文には中村先生の「ブッダの言葉」本は優しい日本語とありますが、私が途中で挫折するまで読んだ時の事を思い出すと、意味が分からず何が言いたいのか理解出来ないと思った記憶があります。
こちらでしっかりと学ばせて頂けます事、至福の宝になります。ワンギーサ長老の厚意を心より感謝致します。