虚仮(コケ)知って 愛欲を離れ 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<11>

○少年少女のためのスッタニパータ11
・・・
永遠の愛なんてあるのかい。
愛だって変わるから、
失恋したって、
そんなに悩むなよ。


11.第1 蛇の章 11.

○スマナサーラ長老訳
行き過ぎることもなく止まることもなく
[世界(存在)において]一切は虚妄であると知って、
愛欲を離れた修行者は、
蛇が脱皮するように
この世とかの世とをともに捨て去る。


○中村元先生訳
走っても疾(ハヤ)過ぎることなく、また遅れることもなく、
「一切のものは虚妄である」と知って愛欲を離れた修行者は、
この世とかの世とをともに捨て去る。
──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。


○正田大観先生訳
行き過ぎず、戻り過ぎず、
「これは、一切が真実を離れたものである」と、貪り(貪)を離れた、
その比丘は、此岸と彼岸を捨てる
――蛇が老化した旧皮を〔捨て去る〕ように。


○パーリ語原文
ヨー  ナッチャサーリー  ナ   パッチャサーリ
Yo    nāccasārī      na   paccasārī,
者は  行き過ぎず     ない  戻り過ぎ

サッバン  ウィタタミダンティ   ウィータラーゴー
sabbaṃ   vitathamidanti      vītarāgo ;
「一切は   虚妄だ この」と   貪欲を離れた
 
ソー  ビック    ジャハーティ  オーラパーラン
So    bhikkhu   jahāti      orapāraṃ,
その   比丘は   捨てる     この世あの世を

ウラゴー  ジンナミワッタチャン  プラーナン
urago    jiṇṇamivattacaṃ     purāṇaṃ.
蛇が    老化した皮を      古い


○一口メモ
今回の偈と昨日の違いは、「貪欲(ローバ)を離れた」が「愛欲(ラーガ)を離れた」になっている所です。

パーリ語辞書によれば、ローバとラーガには次の訳語が掲載されています。ローバ:貪、貪欲、欲。ラーガ:貪、貪欲、染。どちらもあまり変わりないようです。注釈書にもこの違いについて明確な説明はありません。スマナサーラ長老の解説では、ローバとは「あれもこれも欲しい」という意味で、ラーガは愛欲であると、区別しておきましょうと書かれています。

ラーガ(愛欲)以外の言葉は昨日と同じ言葉ですから、昨日の説明を繰り返すことになりますが、全体の意味を復習しましょう。

「ナッチャサーリー ナ パッチャサーリ」(行き過ぎることもなく止まることもなく)はサティ(念)のことでした。サティがあれば、考え過ぎて、妄想することもなく、頑張り過ぎや怠けることもなくなります。

サティがあれば、正しく観ることができ、一切が虚構、虚妄であり、実体のない、執着に値しないことが分かるのです。しかし、このことはなかなかわかることではなく、本当に「ナッチャサーリー ナ パッチャサーリ」(行き過ぎることもなく止まることもなく)を実践した方のみが悟ることなのです。

この偈ではそれを愛欲と言う言葉で確かめます。自分に愛欲があるだろうか? 「世間虚仮」(世界は虚構(虚妄)であることを本当に悟った方は一片の愛欲はありません。その方は当然、蛇が脱皮するように、この世とあの世をともに捨て去るのです。

愛欲に関するダンマパダの詩は幾つかありましたが、284番の詩を想い出しましょう。
284 少しでも 性欲あれば 男らは 母牛慕う 子牛のようだ
284 http://76263383.at.webry.info/201211/article_17.html
284番の詩は、森の草むらのように煩悩が少しでも残っていれば執着が残ることを教えています。それを母牛の乳にしたう子牛を例えて、男に女に対する性欲が少しでもあれば、執着が残ることを示しています。この場合は、性欲すなわち愛欲が残っていますので、蛇が脱皮するように、この世とあの世をまだ捨てられないでいるのです。


虚仮(コケ)知って 愛欲を離れ 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<11>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~お知らせ~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

カエルくん
2013年04月11日 06:08
おはようございます。
愛欲はお酒と一緒で(かつて、すごく飲んだので)、なければないでいられるものなのだなあ、というのが歳を重ねた今の感想です。
求めればきりがないし、満足することもないところも、貪欲と一緒ですね。
あとは、なくしたつもりで不意に現れる愛欲に、気を付けようと思います。
あすか
2013年04月11日 11:34
カエルくんのコメント、
不意に現れる、にドキリとしました。
大丈夫なんて気をゆるめると
欲や怒が突然生じたりします。
常に観察を怠らないよう
気をつけないと。油断は禁物!
みき
2013年04月11日 16:18
こんにちは、ワンギーサ長老。愛欲や貪欲に打ち勝つにはどのくらいの努力がいるのかと考えることがありますが、答えはわかりません。『戦場で百万人に勝つよりも一人の己に打ち勝ちがたい』という文章を思い出します。
ささ
2013年04月12日 05:22
284番のダンマパダの中で出てくる森と木のたとえ。今まで分かり難かったですが、今回改めて読んでみて、とても参考になりました。
こころざし
2016年02月17日 07:40
私事ですが、昨日役所に行って、対応下さったのが若い女性職員で、ラッキーに思う自分がいました・・。愛欲?的なものはなかなか無くせないなと苦笑しました。
「自分の子供を産めるかな」の本能的なささやき?が自分の中にあるのだと感じます。戒めて参りたいです。