虚仮(コケ)知って 無知を離れて 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<13>

○少年少女のためのスッタニパータ13
・・・
自分が賢いと
思う人は愚かだ。
自分は愚かだと
思う人は賢い。


13.第1 蛇の章 13.

○スマナサーラ長老訳
行き過ぎることもなく止まることもなく
[世界(存在)において]一切は虚妄であると知って、
無知を離れた修行者は、
蛇が脱皮するように
この世とかの世とをともに捨て去る。


○中村元先生訳
走っても疾過ぎることなく、また遅れることもなく、
「一切のものは虚妄である」と知って迷妄を離れた修行者は、
この世とかの世とをともに捨て去る。
──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。


○正田大観先生訳
行き過ぎず、戻り過ぎず、
「これは、一切が真実を離れたものである」と、迷い(痴)を離れた、
その比丘は、此岸と彼岸を捨てる
――蛇が老化した旧皮を〔捨て去る〕ように。


○パーリ語原文
ヨー  ナッチャサーリー  ナ   パッチャサーリ
Yo    nāccasārī      na   paccasārī,
者は  行き過ぎず     ない  戻り過ぎ

サッバン  ウィタタミダンティ   ウィータモーホー
sabbaṃ    vitathamidanti      vītamoho ;
「一切は   虚妄だ この」と    無知を離れた
 
ソー  ビック    ジャハーティ  オーラパーラン
So    bhikkhu   jahāti      orapāraṃ,
その   比丘は   捨てる     この世あの世を

ウラゴー  ジンナミワッタチャン  プラーナン
urago    jiṇṇamivattacaṃ     purāṇaṃ.
蛇が    老化した皮を      古い


○一口メモ
「ヨー ナッチャサーリー ナ パッチャサーリ」(行き過ぎず、遅れもしない者)で始まる偈は6つ続きましたが、今日で終わります。そこでそれらを要約した短歌を下に列挙してみます。

行き過ぎず 遅れもしない 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<8>
http://76263383.at.webry.info/201304/article_8.html
一切は 虚仮なりと知り 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<9>
http://76263383.at.webry.info/201304/article_9.html
虚仮知って 貪欲離れ 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<10>
http://76263383.at.webry.info/201304/article_10.html
虚仮知って 愛欲を離れ 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<11>
http://76263383.at.webry.info/201304/article_11.html
虚仮知って 怒りを離れ 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<12>
http://76263383.at.webry.info/201304/article_12.html
虚仮知って 無知を離れて 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<13>

この一連の偈の出発は第8の偈です。この偈で「行き過ぎず、遅れ過ぎず」の説明をしました。これはサティ(念)の実践を意味します。念の実践により、事実を正しく観ることでできるようになるのです。これによりパパンチャ(妄想・捏造)を克服できるようになるのです。パパンチャを克服した修行者は、この世あの世への執着をすべて克服して、それらを捨て涅槃に至るのです。

パパンチャ(妄想・捏造)を克服した修行者は何を悟ったのでしょうか?それは第9偈で語られるのです。世間の一切は虚構・実体のないもの・虚妄・事実から離れたものであると悟るのです。それを聖徳太子は「世間虚仮」と言われたのです。そのことを本当に体得できれば世間に一切に執着するはずはありません。

「世間虚仮」の真理を悟った方は世間に対する一切の貪欲はありません。そのことを第10の偈で述べられています。

「世間虚仮」の真理を悟った方は世間に対する一切の愛欲はありません。そのことを第11の偈で述べられています。

「世間虚仮」の真理を悟った方は世間に対する一切の怒りはありません。そのことを第12の偈で述べられています。

さて、今回の第13の偈は何でしょう。貪欲(愛欲)・怒りと続けば、次は無知です。今回の偈では、「世間虚仮」の真理を悟った方は世間に対する一切の無知はありません。そのことが述べられています。

無知について、少し説明しなければなりません。無明、愚かさ、痴、愚痴、迷妄、迷いなどは無知の同義語です。ダンマパダから243番の詩を引用します。
最大の 垢は無明 この垢を 洗い捨て去り 垢なき者に(243)
http://76263383.at.webry.info/201210/article_22.html

垢とは煩悩の事ですが、無明(無知)は最大のものであると述べられているのです。なぜならば、すべての煩悩の原因は無知だからです。無知がなければ欲もなく、怒りもないからです。ですから無知は煩悩の親玉だと言われています。しかも、この無知には自分には無知があると気づきにくいものなのです。怒りがある時や、欲が有る時は少し冷静になれば分かります。しかし無知は自分が無知ですから気づけないのです。その意味でも無知はくせ者なのです。

無知に関するダンマパダの詩をもう一つ取り上げます。それは63番です。
愚か者 自分を愚かと 知るならば 彼は悟ったと 言うべきだろう(63)
http://76263383.at.webry.info/201205/article_8.html
○直訳
愚者が(自分を)愚ろかと考えるならば
それ故にかれは賢者である
しかし、愚者が賢者との慢心があれば
実に彼は愚者と言われる

無知な人を愚か者というのですが、愚か者は自分を賢い、自分は正しいと思っている人なのです。自分は正しいと思っている人は世間が虚構である、実体はない、あるいは事実から離れているとは夢にも思っていないのです。ですから、この「世間虚仮」の真理は知るよしもありません。世間に執着し、この世あの世にしがみついているのです。しかし、自分は愚か者と気づいた人のみが、自分の考えている世間に疑問に思い、それが間違えているかもしれないと考えられるのです。

「ナッチャサーリー ナ パッチャサーリ」(行き過ぎず、遅れ過ぎない)サティ(念)ある修行者は自分の無知に気づき、無知をなくして、「世間虚仮」の真実を悟るのです。


虚仮知って 無知を離れて 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<13>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~お知らせ~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

カエルくん
2013年04月13日 08:53
おはようございます。
迷うのは愚かだからですね。愚痴をこぼすのも。

ところで、昨日、夢の中で怒ってしまいました。夢うつつの中で「怒っている自分」自覚してましたが、止められませんでした。ほんと、まだまだだなあと思います。
あすか
2013年04月13日 10:59
無知は自覚しずらいので
たちが悪いです。
こうして何度も学び、
戎を守り、気づきを忘れない生活を
心がけることで
なんとかしていけたらと思います。
ささ
2013年04月13日 21:29
欲や怒りならまだ比較的気づきやすいですが、森と木の譬えを読んだ時にも、無知は気づきづらいよなぁ…と感じたばかりでした。
先日、長老から最後まで残る慢の話を聞いた時にも思ったのですが、RPGでいうと無知はラスボスだな、ラスボスを倒すためにはレベルを上げながら、目の前に現れる敵(欲や怒りや怠け)をコツコツ倒していくしか方法はなさそうだななどと考えていました。^ ^;
こころざし
2016年02月17日 07:46
私事ですが、何故か「凄い自分の・・」とのフレーズが自分の中で自然に出る事があり、その度に「大したことはない自分」と戒めています。
もっと深めて「世間虚仮」の意味を心で振り返って、そのような自己慢を減らせるように・無くせるようにしたいです。
たか坊
2016年05月01日 15:55
虚妄の喝6つ様々な視点から、学ぶコトができました!
またコツコツ精進して行きます♪