生存の 原因なくした 修行者は この世あの世を ともに捨て去る <16>

○少年少女のためのスッタニパータ16
・・・
ジャングルと掛けて何と解く?
欲望と解く。
そのココロは?
危険がいっぱい。

(今の若い人は「そのココロは?」って知らないかな。その共通点は何と言う意味です。)


16.第1 蛇の章 1.蛇16.

○スマナサーラ長老訳
この世につなぎ止める存在の原因、煩悩が
何一つないならば、その修行者は
蛇が脱皮するように
この世とかの世とをともに捨て去る。


○中村元先生訳
ひとを生存に縛りつける原因となる<妄執から生ずるもの>を
いささかももたない修行者は
この世とかの世とをともに捨て去る。
──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

○正田大観先生訳
彼に、何であれ、〔迷いの〕生存の結縛の因たる諸々の妄想が〔存在せず〕、
諸々の〔欲の〕下草から生じるものが存在しないなら、
その比丘は、此岸と彼岸を捨てる
――蛇が老化した旧皮を〔捨て去る〕ように。


○パーリ語原文
ヤッサ  ワナタジャー     ナ  サンティ  ケーチ
Yassa   vanathajā       na   santi    keci,
彼に   欲望から生ずるもの  ない  存在し   何も

ヴィニバンダーヤ  バワーヤ  ヘートゥカッパー
vinibandhāya    bhavāya   hetukappā;
拘束されている   存在の   原因になるような

ソー  ビック    ジャハーティ  オーラパーラン
So    bhikkhu   jahāti      orapāraṃ,
その   比丘は   捨てる     この世あの世を

ウラゴー  ジンナミワッタチャン  プラーナン
urago    jiṇṇamivattacaṃ     purāṇaṃ.
蛇が    老化した皮を      古い


○一口メモ
始めに、昨日の15番の偈の「一口メモ」の輪廻の説明の文章の中の「消滅」は「生滅」の誤りです。Kumetsuさんのご指摘で発見できました。Kumetsuさんにはお礼を申しあげるとともに、皆様にはお詫びして訂正いたします。

昨日の偈は輪廻(再生)のもと(縁)になる煩悩について語られていましたが、今回は今ここにいる生命の生存の原因になる「欲から生じるもの」について述べられています。欲に相当するパーリ語はvana ですが、ここではvanathajāという形で表現されています。Jāは生じるものとい言う意味です。このvana に言葉については下記のダンマパダ283番の詩の記事で説明しました。パーリ語のvana には森と欲望という意味があることを知って、森の危険性から欲望の危険性も理解するようにということを述べました。

欲の森 恐怖の森を 切り倒し 欲望のない 涅槃者であれ(283)
http://76263383.at.webry.info/201211/article_17.html

輪廻のもとになる煩悩も、生命を生存させる欲から生じるものは、同じものなのです。渇愛すなわちこの世に生きていたいという本能が生存させ、輪廻させるのです。それが何も存在しない修行者は、悟った方であり、この世あの世にも何も未練がないのです。人間としてすべきことは、すべてなし終えた阿羅漢なのです。


生存の 原因なくした 修行者は この世あの世を ともに捨て去る <16>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~お知らせ~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年04月16日 10:57
「無始」なる過去ですが
己の修行次第で
「有終」がありえると言う事ですね。
あっきん
2013年04月16日 11:22
おはようございます。
自由が好きな私です。
拘束しないでよ!と人に文句つけるのは勘違い。
自分で見出さないとね。
カエルくん
2013年04月16日 20:00
こんばんは。
妄想がない状態、というのは、正しく見ることができる状態、ということでしょうか。正見は何とセットでしたっけ? そんなことを考えながら読みました。確かに、煩悩を手放せれば自由!ですね。
こころざし
2016年02月18日 06:23
本文の「この世に生きていたいという本能」と、性欲が著明にい出る事がある事から、この世に自分の遺伝子・子供を残したいという本能があるのではと感じています。
そのような本能に捕らわれず、阿羅漢のように生きれるように精進したいです。