五蓋(ゴガイ)捨て 苦悩と疑惑 乗り越えて この世あの世を ともに捨て去る<17>

○少年少女のためのスッタニパータ17
・・・
成長のコツは
焦らないこと。
止めないこと。
毎日少しずつ、
繰り返すこと。


17.第1 蛇の章 1.蛇の経17.

○スマナサーラ長老訳
(悟りを妨げる)五蓋(ゴガイ)を捨て去り、動揺なく、
あらゆる疑問・疑惑を乗り越え、
煩悩の箭(ヤ)を抜いた修行者は、
蛇が脱皮するように
この世とかの世とをともに捨て去る。


○中村元先生訳
五つの蓋いを捨て、
悩みなく、疑惑を越え、苦悩の矢を抜き去られた修行者は、
この世とかの世とをともに捨て去る。
──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。


○正田大観先生訳
五つの〔解脱の〕妨害[さまたげ](五蓋:貪り・怒り・心の沈滞[おちこみ]と眠気・心の高揚[たかぶり]と悔恨・疑惑の思い)を捨てて、
煩悶なく、疑惑を超え、矢を抜いた者
――その比丘は、此岸と彼岸を捨てる
――蛇が老化した旧皮を〔捨て去る〕ように。


○パーリ語原文
ヨー  ニーワラネー  パハーヤ   パンチャ
Yo    nīvaraṇe    pahāya    panca,
者は   妨害を    捨て     五つの

アニゴー    ティンナカタンカトー  ウィサッロー
Anigho     tiṇṇakathaṃkatho     visallo;
苦悩のない   疑惑を越えた      矢を抜いた

ソー  ビック    ジャハーティ  オーラパーラン
So    bhikkhu   jahāti      orapāraṃ,
その   比丘は   捨てる     この世あの世を

ウラゴー  ジンナミワッタチャン  プラーナン
urago    jiṇṇamivattacaṃ     purāṇaṃ.
蛇が    老化した皮を      古い


○一口メモ
今回で、「第1蛇の章 1.蛇の経」は終わります。ですから、今回の偈は今まで述べた16偈のまとめになります。これらの偈はすべて、悟った方、阿羅漢の境地を述べたものでした。あと一歩で悟れるところに居る修行者はこの阿羅漢の境地を聞くことによって、あと一歩を進むことができるのです。

この偈では次の四つの言葉で蛇の経の偈をまとめています。
1.五蓋を捨てる
五蓋とは、正田先生の訳に説明があります。五つの〔解脱の〕妨害[さまたげ](五蓋:貪り・怒り・心の沈滞[おちこみ]と眠気・心の高揚[たかぶり]と悔恨・疑惑の思い)
煩悩を悟りを妨げるという観点からまとめたものです。悟るためには禅定という境地が必要ですから、直接的には禅定を妨げる煩悩になります。この五蓋がなくなると禅定を体験することができるのです。少し細かいことを言いますと、この場合のなくなるは、完全になくなるのではなくとも、冥想の時、五蓋が静まって機能しなくなるということです。それでも禅定は体験できるのです。瞑想をやめると、またこれらの煩悩が現れます。ただこの禅定の体験を活用して修行を進め、禅定で養成された集中力で、智慧を開発することができるのです。

2.苦悩がない
苦悩がないということこそ、ブッダが修行して求めた境地でした。ブッダは苦悩の原因が渇愛であることを悟り、渇愛をなくすことで、涅槃の境地を体得されたのです。そして、苦悩のない境地があることを証明されました。苦悩がないということが、どのようのものか分かりません。また完全に苦悩がない状態がどのようなものか想像することもできないのです。私たちが想像する完全に苦悩がない状態はすべて違うと思った方が安全なのです。安全と言う意味は、悟りを目指す修行者にとってその想像は、修行の妨げになるということです。

3.疑惑を越えた
疑惑は何故あるのかと言えば、真理を知らないからです。真理を悟った方には疑惑はありません。疑惑を乗り越えているのです。蛇の経で繰り返し述べられた真理とは「世間虚仮」でした。世間のすべては、虚構、虚妄、捏造、真実から離れたものであるということでした。これらはサティ(念)を持って、実際の現象をありのままに観察することで悟ることです。すなわち一切の現象は無常・苦・無我であり、執着に値するものなど何もないことを悟った時、一切の疑惑を越えるのです。一切の疑惑を越えた方の境地も想像することもできないのです。

4.矢を抜いた
この場合の矢は煩悩を意味しています。悟った方には煩悩の矢はありません。生きることは困難であり、苦しいことは多いのです。しかし、多くの人々は、実際の生活での苦以上に、自分で作り出した煩悩の矢で苦しんでいるのです。それは欲と怒りと無知によって作り出した苦しみです。欲があれば欲が充足されない苦しみが必ずあります。充足されたとしても、欲は限界がなく、増大しますから、すぐ欲は満たされなくなり苦しみが生まれるのです。怒りはそのまま苦しみであることはすぐわかると思います。蛇の経の始めに述べられていたように、怒りは猛毒なのです。無知は欲と怒りの源(ミナモト)なのです。無知のために苦しみの悪循環を続けているのです。悟った方にはこれらの煩悩による苦しみはないのです。

仏教の教えはこの17偈だけで充分のような気がします。それで蛇の経は終わるのです。


五蓋(ゴガイ)捨て 苦悩と疑惑 乗り越えて この世あの世を ともに捨て去る<17>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~お知らせ~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

イグレック
2013年04月17日 09:11
怒りが猛毒、というのは本当ですね。
昨夜、家族に対して頭に来てジワジワと怒りがあったのです。
翌日起きたら、お腹の調子が悪くなっていました。
怒り以外、他に原因が思いあたりません。
やっぱり怒りはダメと自制しましたが、どうもモヤモヤしていました。
ところが、今日は外出中予想外のラッキーがありました。
嬉しい反面、怖くなりました。
怒りの行為が今すぐに結果を出さず、後々結果を出すべく蓄積された気がしたからです。
ちょっとうまく言えませんが…
それで慌てて怒りを捨てました。
カエルくん
2013年04月17日 11:06
こんにちは。
五蓋の暗記がなかなかできません(^^;
この機会に、きちんと覚えようと思います。
櫻井由紀
2013年04月17日 11:24
「死にたくない」と言う衝動が
来世に移行する。
この悪循環を断ち切るために
「今生きている」と言うシンプルな行為を
サティと正知で実践してみる。
シンプルなのに難しいですね。
ささ
2013年04月17日 18:17
少年少女のスッタニパータで云われてる通り、少しずつ繰り返しを続けていきたいと思います。
こころざし
2016年02月19日 06:14
私事ですが、五蓋はしっかりありますが、それに気が付いて捨てれる度合いが徐々に増えていると感じています。
苦悩はサティに(自分なりに)徹していると、問題になり難くなってきていると思います。
疑惑は、ワンギーサ長老から毎日学びの機会を頂戴出来ているお陰様で、減ってきていると実感致します。世間虚仮をもっと心で分かりたいです。
煩悩は相変わらずボンボンでますが、欲・怒り・無知を減らすように努めています。以前のような・それにまみれた状態にすら気が付かない・・という事はない状況は得ていると思います。
さらに精進したいです。
たか坊
2016年05月03日 19:31
まだまだ「知っただけ」なので、
繰り返し学んで理解したいと思います!

今回も楽しく学べたことを嬉しく思います♪