我が子供 無病息災 牛飼いは 神望むなら 雨降らせと<24>

○少年少女のためのスッタニパータ24
・・・
誰でも一人では生きてはいけない。
他の生命のおかげで生きてます。
しかし、幸福になるか不幸になるかは
他人のせいではありません。


24.第2 蛇の章 2.ダニア経 7

○毎田周一先生訳
私は自分で働いて暮らしをたててゐる
             と牛飼いダニアはいつた
子供は一人残らず健康で
人から小言など一つも聞いたことがない
さあ若しも降らさうと思ふなら 神よ雨をふらせるがよい


○中村元先生訳
牛飼いダニヤがいった、
「私は自活しみずから養うものである。
わが子らはみなともに住んで健やかである。
かれらにいかなる悪のあるのをも聞いたことがない。
神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」


○正田大観先生訳
牛飼いのダニヤが〔言った〕
「わたしは、自己の稼ぎで〔自らを〕養う者として、〔世に〕存しています。
そして、共に存するべき、わたしの子供たちも、無病〔息災〕です。
何であれ、彼らについての悪しき〔話〕を、わたしは聞きません。
しかして、天よ、もし、望むなら、雨を降らせよ」と。


 アッタウェータナバトーハマスミン
‘‘Attavetanabhatohamasmi,
自分の 賃金で 養う 私は ある

イティ  ダニヨー  ゴーポー
(iti    dhaniyo    gopo)
と   ダイヤは   牛飼い   
  
プッター   チャ  メー   サマーニヤー  アローガー
Puttā     ca    me    samāniyā    arogā;
子供たちは  また  私の   ともに     無病 

テーサン    ナ   スナーミ   キンチ    パーパン  
Tesaṃ      na   suṇāmi    kinci     pāpaṃ,
彼らについて  ない  私は聞か   何であれ   悪を

アタ  チェー  パッタヤスィー  パワッサ    デーワ
Atha   ce    patthayasī     pavassa    deva’’.
また  もし   望むならば    雨を降らせ   神よ


○一口メモ
牛飼いのダニヤさんは、世尊に自分の妻を自慢したことに対して、大切なことは自分の心だと、他に依存せず自立していることが重要だと指摘されました。そうするとダニヤさんは早速、「私は自分で働いて暮らしをたててゐる」と言うのです。

しかし、本当はどうなのでしょうか。生命は誰一人として自分一人では生きていけないのです。すべて自然や他の生命の助けで生きているのです。太陽や水や大地はもちろん、ダニヤさんにとっては、3万頭の牛をかうには、ダニヤさんの使用人とはいえ、彼らの助けがなければかえません。「私は自分で働いて暮らしをたててゐる」と自慢はできないのです。自分は他の人々のおかげで生きていることが事実なのです。

さらに、ダニヤさんは、妻自慢を一蹴されたことに懲りずに、「子供は一人残らず健康で、人から小言など一つも聞いたことがない」と自分の子供たちの自慢をします。ただ、ここで注意すべきことは、私たちはダニヤさんを笑えないのです。

私たちもどこかに、自分の家族を自慢したり、幸福の根拠にしているのです。あるいは不幸の原因にしているのです。自分はあの夫あるいは妻、子供、あるいは舅(シュウト)や姑(シュウトメ)のせいで不幸だと思っているのです。幸福と思うのも不幸と思うのも考え方は同じです。自分の心の外に、自分の幸・不幸の原因を考えているのです。自分の心にその原因があるとは思っていないのです。

さて、これに対して世尊は何と答えるのでしょうか?


我が子供 無病息災 牛飼いは 神望むなら 雨降らせと<24>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~緊急連絡事項~~~~~

◎来る5月3日(金)の朝と夜の自主冥想会はお休みします。ワンギーサが兵庫県三田市のマーヤーデーヴィー精舎におけるウェーサーカ祭に参加のためです。

~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お釈迦様の祝祭日を皆でお祝いしましょう!!!

ウェーサーカ祭

関東方面
2013年5月12日(日)
午前ゴータミー精舎で食事のお布施
午後 渋谷区立文化総合センター大和田さくらホール。入場無料。予約不要。
詳細:http://extech.xsrv.jp/wesak2013/

関西方面
2013年5月3日(金)
場所 マーヤーデーヴィー精舎 午前:食事のお布施 午後:記念法要
詳細:http://mayadevi.blog.eonet.jp/sanda/2013/04/44-bbfe.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年04月24日 11:19
自分の持っている知識で全てを推し量り、
認識世界に対して判断を下す。
判断は単なる自分の主観であるのに、
正しいと言い切って疑わない。
生命は生きているだけで破壊と修復を
繰り返している程病気で、
その肉体もあらゆる物質のかき集めで
何一つとしてあてにならない。
しかしダニヤさんは幸運なことにお釈迦様と
直接お話出来たのですから、
はやく真理に気付いて欲しいです。
自分も虚しい生き方をしない様
お釈迦様の教えに出会えた事を感謝して
日々頑張ります。

カエルくん
2013年04月24日 12:22
こんにちは。
よせばいいのに子ども自慢を始めたダニヤさんを、どこか憎めない人だな、と思います。お釈迦様の説かれる幸福は、次元が違うものなので、絶対に勝ち目はないのに…。
当時社会的地位が高かったであろうダニヤさんが、お釈迦様の前では幼く見えますね。
じゃあ自分はどうなのか…。やはり周囲に依存して生きています。せめて、頼るばかりてなく、自分も頼られる人になりたいです。
こころざし
2016年02月21日 08:12
自分とそれに近い方の幸せを願う状態では、本当の幸いは得られないと実感しています。特にその自分に近い方とトラブルになったときは尚更です。ですが、そのような時も、生きとしいけるものが幸せでありますように、との慈しみの気持ちを持つと、問題にならない・問題が生じないと感じています。
どうしたら幸福になるか、明確に教えて頂けます事を至福に思います。