牧場には 見渡す限り 牛の群れ 神の望むなら 雨降らせと<26>

○少年少女のためのスッタニパータ26
・・・
自分の財産を誇る人は、
その財産で苦しむ。
その財産が減らないように、
なくならないように。


26.第2 蛇の章 2.ダニア経 9

○毎田周一先生訳
子牛も 乳を飲んでいる子牛もゐる
            と牛飼いダニアはいつた
子を持つ牛も これから子を持つ牛もゐて
牛達の王である牡牛も亦ゐる
さあ若し降らさうと思ふなら 神よ雨をふらせるがよい


○中村元先生訳
牛飼いダニヤがいった、
「未だ馴らされていない牛もいるし、
乳を飲む仔牛もいる。孕(ハラ)んだ牝牛もいるし、交尾を欲する牝牛もいる。
牝牛どもの主である牡牛もいる。
神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」


○正田大観先生訳
牛飼いのダニヤが〔言った〕
「〔わたしには〕子牛が存在します。乳牛(母牛)が存在します。〔子を〕宿した雌牛が〔存在します〕。〔子を〕宿したことのない雌牛もまた、存在します。
さらには、牛たちの主[あるじ]たる雄牛もまた、存在します。
しかして、天よ、もし、望むなら、雨を降らせよ」と。


○パーリ語原文
 アッティ  ワサー  アッティ  デーヌパー
‘‘Atthi    vasa   atthi     dhenupā,
 いる    子牛   いる     母牛(乳を飲む牛)    

イティ  ダニヨー  ゴーポー
(iti    dhaniyo   gopo)
と    ダニヤ   牛飼い

ゴーダラニヨー  パウェーニヨーピ  アッティ
Godharaṇiyo    paveṇiyopi      atthi;
孕んだ牛      処女牛       いる

ウサボーピ  ガワンパティーダ  アッティ
Usabhopi   gavampatīdha    atthi,
牡牛     牝牛の主 ここに    いる

アタ  チャー   パッタヤスィー  パワッサ   デーワ  
Atha  ce     patthayasī     pavassa    deva’’
また  もし    望むなら     雨を降らせ  神


○一口メモ
牛飼いのダニヤさんは、これまでの世尊の言葉を聞いても、その意味がよく分かっていないようです。安定した生活、順調な仕事、牧場、妻や子に価値を置き、それらがあれば幸せだと思っているのです。ですから、ダニヤさんは、さらに自分の財産である牛について、分類して、子牛、母牛(あるいは乳を飲む牛)、子をはらんだ牛、処女牛、牝牛の主の牡牛がいると自慢しています。これらの牛たちがいれば、いつも乳牛がいることになります。

パーリ語のdhenupāは、乳を吸う子牛とも乳を飲ます母牛とも取れるのです。ちなみに中村先生の訳は、注釈書通りの訳です。繰り返せばこの五種類は、未だ馴らされていない牛、乳を飲む仔牛、孕(ハラ)んだ牝牛、交尾を欲する牝牛、牝牛どもの主である牡牛となります。

ダニヤさんは、またこの言葉の最後に「神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」と述べますが、実は、真っ黒な雨雲はどんどん大きくなって近づいているのです。マヒー河の辺りの草原で草を食んでいる3万頭の牛達は、あの河が氾濫したらどうなるのでしょうか。


牧場には 見渡す限り 牛の群れ 神の望むなら 雨降らせと<26>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。

~~~~~緊急連絡事項~~~~~

◎来る5月3日(金)の朝と夜の自主冥想会はお休みします。ワンギーサが兵庫県三田市のマーヤーデーヴィー精舎におけるウェーサーカ祭に参加のためです。

~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お釈迦様の祝祭日を皆でお祝いしましょう!!!

ウェーサーカ祭

関東方面
2013年5月12日(日)
午前ゴータミー精舎で食事のお布施
午後 渋谷区立文化総合センター大和田さくらホール。入場無料。予約不要。
詳細:http://extech.xsrv.jp/wesak2013/

関西方面
2013年5月3日(金)
場所 マーヤーデーヴィー精舎 午前:食事のお布施 午後:記念法要
詳細:http://mayadevi.blog.eonet.jp/sanda/2013/04/44-bbfe.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この記事へのコメント

カエルくん
2013年04月26日 09:01
こんにちは。
何でも持っているダニヤさん。あと、徳を積めば最強ですね!
わざわざ神様を挑発しなくても、いつか雨は絶対ふるし、世界一のお金持ちの上にも必ず生老病死は訪れる。学校で教えたらいいのに、と思います。
自分が持っている資産(わずかな収入と健康)を、有意義に、誰かのために使える人になれますように、と思いながら読みました。
櫻井由紀
2013年04月26日 10:02
生命はただの不満のエネルギーの流れで
きりなく変化し続け
完璧な満足を得られない。
次から次へと探し求め
苦しみの連鎖から抜けられない。
再生し続ける渇愛と言う
根源的な欲望を満たすために
競争したり戦ったり。。。

何かを得ても「じゃ 次は?」

何かを得る事を失敗しても「じゃ 次は?」

いつまで続けるのでしょうか?
こころざし
2016年02月22日 06:08
○○を得ているから安心だ・凄いだろ!、みたいな光景に出会う事があります。その方には失礼ですが、無知を感じる機会です。
そのようなものに捕らわれて・偽りの安心感を持つのではなく、もっと大切なことを学び・実践し、そして心を成長させたいです。