束縛を 牡牛の如く 断ち切って 神望むなら 雨降らせよと<29>

○少年少女のためのスッタニパータ29
・・・
真理が見えれば
未練を断ち切ることは、
リンゴが木から離れて
落ちるようなもの。


29.第2 蛇の章 2.ダニア経 12

○毎田周一先生訳
牡牛のやうに束縛を断ち切った
           と世尊はいはれた
象がつる草を踏みにじつてゆくやうに
私はもう二度と母胎に帰ることはない
さあ若し降らさうと思ふなら 神よ雨をふらせるがよい


○中村元先生訳
師は答えた、
「牡牛のように結縛を断ち、
臭い臭いのする蔓草を象のように踏みにじり、
わたしくしはもはや母胎に入ることはないであろう。
神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」


○正田大観先生訳
世尊は〔答えた〕「雄牛のように、諸々の結縛を断ち切って、
象が蔦葛[つたかずら]を〔踏み敷く〕ように、〔諸々の束縛を〕踏み砕いて、
わたしは、胎内へとふたたび近づき行くことはないでしょう。
しかして、天よ、もし、望むなら、雨を降らせよ」と。


○パーリ語原文
 ウサボーリワ  チェトゥワ  バンダナーマ
‘‘Usabhoriva   chetva    bandhanāni,
 牡牛のように  切断して   結縛を

イティ  バヤワー
(iti    bhagavā)
と    世尊は

ナーゴー  プーティラタンワ   ダーライトゥワー
Nāgo    pūtilataṃva      dālayitvā ;
象は   臭いつる草の ように  踏み砕いて

ナーハン    プヌペッサン  ガッバセッヤン
Nāhaṃ     punupessaṃ   gabbhaseyyaṃ,
私は ない   再び近づく   母胎の寝床に

アタ  チェー  パッタヤスィー  パワッサ  デーワ
Atha  ce     patthayasī    pavassa   deva’’.
また  もし   望むならば   雨を降らせ  神よ


○一口メモ
前回、牛飼いダニヤさんは、自分の牛たちをしっかりと確保するために、杭を打ち込み、新しい縄を編んだのですが、世尊は俗世間と絆である結縛(執着)を断ち切ったのです。それは牡牛が結び綱を断ち切るように、象がつる草を踏みちぎるように、しっかりと断ち切ったのです。

世尊には、牛や財産が悩み苦しみの原因であることが分かり過ぎるほど分かるのですが、ダニヤさんは分かりません。いつまでもそれらに執着しているのです。

世尊は、さらに次のように言います。「わたしは、胎内へとふたたび近づき行くことはないでしょう。」これは輪廻して、再び生まれ変わることを拒否したのです。これは輪廻することの苦しみを知りつくしたからです。これは、もっと生きたいという本能を拒否したのです。これは苦しみの原因である渇愛を克服したことです。渇愛を克服した人は、すべての苦しみを克服した阿羅漢なのです。

阿羅漢ならば「神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」と言う資格があるのです。実際に大雨が降っても何も問題ないからです。


束縛を 牡牛の如く 断ち切って 神望むなら 雨降らせよと<29>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。

~~~~~緊急連絡事項~~~~~

◎来る5月3日(金)の朝と夜の自主冥想会はお休みします。ワンギーサが兵庫県三田市のマーヤーデーヴィー精舎におけるウェーサーカ祭に参加のためです。

~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お釈迦様の祝祭日を皆でお祝いしましょう!!!

ウェーサーカ祭

関東方面
2013年5月12日(日)
午前ゴータミー精舎で食事のお布施
午後 渋谷区立文化総合センター大和田さくらホール。入場無料。予約不要。
詳細:http://extech.xsrv.jp/wesak2013/

関西方面
2013年5月3日(金)
場所 マーヤーデーヴィー精舎 午前:食事のお布施 午後:記念法要
詳細:http://mayadevi.blog.eonet.jp/sanda/2013/04/44-bbfe.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


この記事へのコメント

静まり☆
2013年04月29日 04:43
0時くらいからラジオ聴きながら
PCやってたら、頭が冴えて
夜更かししてしまいました…

渇愛の発生システム、心のからくりを
見破るのが、ヴィパッサナー実践ですね。

生きとし生けるものが
幸せでありませように
カエルくん
2013年04月29日 06:26
おはようございます。
しがらみに縛られています。問題は、自分が好んで縛られているところです。いろいろと付き合いが発生して、せっかくのGW、自由になる日がありません…。まずひとりになる時間を確保することからはじめます。
水口かよこ
2013年04月29日 09:09
渇愛は相手が有って成り立つもの、その相手というものに自分がならないように、自立した心で居たいものです。
どんな渇愛の雨が降りかかっても、しっかりと自立していたいものです。
櫻井由紀
2013年04月29日 11:29
結局は心が弱いから
いい加減に自ら作り上げたルールを
完全無欠だと盲信し疑わず
宇宙の法則、自然の調和を壊してまで
自分のものにしようと執着する。
固定化した様に見える存在も
実は瞬間毎の現象の連続でしかなく
主観で自分の都合のいい様に
捻じ曲げた実体の無い幻想に
惑わされ続けその輪から抜けられない。
妄想に憑りつかれないように
四念住で強固な心を育てられるよう
努力いたします。
こころざし
2016年02月23日 14:38
本文の「俗世間と絆である結縛(執着)」を拝見してハッとしました。まさにそれにまみれて毎日を送っています。そして放っておくと、本能的?にそれを守ろう・維持しようとしてしまいます。
そのような執着を捨てて、出世間の世界に少しでも近づきたいです。