仲間など 親しい人との 別れ避け 一人で暮らし 一人で歩く<41>

○少年少女のためのスッタニパータ41
・・・
別れがつらいから
親しい人を作らずに、一人暮らす人は
恐ろしく、消極的な人に見えます。
実は、彼は真実を見極めているのです。


41.第1 蛇の章 3.犀の角経 7

○毎田周一先生訳
仲間と一緒に居れば遊びまた楽しみ
子供等にも大きな愛著を感じる
いとしい者と別れるつらさはあるにしても
犀の角のやうにただ一人あるいてゆこう


○中村元先生訳
仲間の中におれば、遊戯と歓楽(カンラク)とがある。
また子らに対する情愛は甚だ大である。
愛しき者と別れることを厭(イト)いながらも、
犀の角のようにただ独り歩め。


○正田大観先生訳
道友の中にいれば、遊興と喜悦が有る。
また、子たちのうちにあれば、広大なる愛情が有る。
愛しき者との別離を忌避する者は、
犀の角のように、独り、歩むもの。


○パーリ語原文

キッダー   ラティー   ホーティ   サハーヤマッジェー
Khiḍḍā    ratī      hoti       sahāyamajjhe,
遊戯      楽      ある      仲間の中にいれば

プッテース    チャ   ウィプラン   ホーティ   ペーマン
puttesu      ca    vipulaṃ     hoti     pemaṃ;
子の中にでは  また   広大な     ある     愛情が

ピヤウィッパヨーガン          ウィッジグッチャマーノー
Piyavippayogaṃ            vijigucchamāno,
愛しい者との別離を          回避する者は

エーコー   チャレー   カッガウィサーナカッポー
eko      care      khaggavisāṇakappo.
一人で   行く      犀の角のように


○一口メモ
生命は苦を避けて生きています。しかし、人間はそれだけでは満足しないで、楽しみを求めて生きているのです。いろいろな娯楽や芸術もこの楽しみの対象です。楽しみを求めている間は、楽しみはまだないのですから、本当は楽しくない、あるいは苦しいのですが、将来楽しくなるのだという期待で、苦を我慢して忘れているのです。しかし、楽しみが得られても、心はすぐに満足をしなくなります。それは苦しみです。それが心の性質です。

いつでも、楽しみが得られるとは限りません。楽しみが得られないことの方が多いのです。そのことは冷静に自分の経験を調べてみればわかるはずです。楽が得られないと苦しみを感じるのです。そのときの苦は、楽しみを求めた故の苦しみなのです。

子供に対しては、仲間以上の楽しみがあるのでしょう。どんなに暗い雰囲気のところでも、赤ちゃんが一人いればば明るくなります。スナラサーラ長老は子育てほど、楽しく、面白いものがないといいます。しかし、子育てがストレスになっているお母さんもいます。楽しみを求めていると必ず、その反対の苦を忘れてはいけません。
楽は苦があってなりたっているのです。

知恵のある人々は、楽と苦の成り立ち、本質を見極めているのです。ですから、それらから超越する態度が自然に現れるのです。つまり、知恵ある人はバカなことはできないのです。一人で生活し、一人で歩くことになるのです。しかし、まだ
それほど知恵がない人々は、仲間と知恵を学ぶことが必要でしょう。


仲間など 親しい人との 別れ避け 一人で暮らし 一人で歩く<41>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように
*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お釈迦様の祝祭日を皆でお祝いしましょう!!!

ウェーサーカ祭


2013年5月12日(日)
午前ゴータミー精舎で食事のお布施
午後 渋谷区立文化総合センター大和田さくらホール。入場無料。予約不要。
詳細:http://extech.xsrv.jp/wesak2013/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年05月11日 11:58
結局「楽」は「苦」の
別の側面でありますから、
俗世間で得られる「楽しみ」は、
実は「前の苦」が「次の苦」に
転化しただけであるのに
表裏一体の「楽」=「苦」を
「満足したい、もっと もっと」と
際限無く追い求め続ける。
「苦」を滅尽する事が
究極的な「楽」、本物の「楽」
であると言う仏教真理を
学ぶこと無く一生を終える事の無い様
努力していきます。
静まり
2013年05月11日 13:29
何かを得る楽しみは
それを失う苦しみも
同時にありますよね。

しかも、櫻井さんのコメントにもあるように
得ることは苦しみから
別の苦しみに移動することですね。

未来を犠牲にする今だけの楽しみも
未来の楽しみのため
今を犠牲にすることでも
刺激・快楽を求めて苦しみ続ける事でもなく
本当に役に立つことをする。


遠離(Paviveka)を楽しむ
静寂を楽しむ者として

人とかかわる時は
慈悲の心で関わり
学びを楽しみたいです。


「遠離を楽しむ」は「一人を楽しむ」
ということで、
ダンマパダ 205
「にがそうな 遠離の味を 味わえば 心は寂静 真理が観える」が勉強になりました。
カエルくん
2013年05月11日 19:27
こんばんは。
独身なので、親と死に別れた時が、独りの生活の始まりです。いずれ来る確率の高い独り暮らしの静けさを楽しみにしつつ、いまは親のお世話を修業と思って楽しんでいます。
こころざし
2016年02月27日 07:41
友達が・仲間が欲しいと求めて外に出た事があります。得られたものは自分の勝手な夢的な理想とは違う事ばかりでした。それよりも、○○を学びたいとか・◎をしたい等の目的で動いた方が、結果的に良い友人や仲間が出来た経験があります。
無知で動いてしまうのではなく、真実が分って+必要な動きが出来るように努めたいです。