賢明な 同志がいれば 幸いだ いないのならば 一人で歩く<47>

○少年少女のためのスッタニパータ47
・・・
自分より優れた人か
同じくらいの人ならば
親しく付き合って、共に学ぼう
いないのならば、一人で学ぼう


47.第1 蛇の章 3.犀の角経 13

○毎田周一先生訳
道に達した友こそはほめられてよく
優れた 同心の友には親しみ近づくがよい
さういう人に会へなければ 自分の生活を浄めながら
犀の角のやうにただ一人歩いてゆこう


○中村元先生訳
われわれは実に朋友を得る幸を讃め称える。
自分より勝れあるいは等しい朋友には、親しみ近づくべきである。
このような朋友を得ることができなければ、罪過のない生活を楽しんで、
犀の角のようにただ独り歩め。


○正田大観先生訳
たしかに、〔わたしたちは〕道友の成就(獲得)を賞賛する。
最勝の道友たち、〔自分と〕等しい者たちとは、親しくするべきである。
これらを得ずして、罪なき〔独存の生活〕を享受する者は、
犀の角のように、独り、歩むもの。


○パーリ語原文
アッダー   パサンサーマ   サハーヤサンパダ
Addhā     pasaṃsāma    sahāyasampadaṃ,
確かに     賞賛する      友ができること

セッター   サマー   セーウィタッバー   サハーヤー
seṭṭhā    samā     sevitabbā       sahāyā;
最勝の   同等の    親交すべき      友

エーテー   アラッダー    アナワッジャボージー
Ete       aladdhā      anavajjabhojī,
彼らを    得ないならば   罪のない受容者

エーコー   チャレー   カッガウィサーナカッポー
eko      care      khaggavisāṇakappo.
一人で   行く      犀の角のように


○一口メモ
毎日コメントをしてくれるカエルくんに次のようなコメントを書かれてしまいました。
「こんばんは。
やはり、スッタニパータは出家の方のもののように感じてしまいます。頭でわかっても、在家の身で実践は難しいです(^^;)
この偈の境地に近づくために、今の私にできることは何だろう?
宿題にしたいと思います。」

私の恐れていたことなのです。よく分からないところはコメント欄の質問や意見を書いてください。

確かに、カエル君の言うように、出家向けのように感じてしまうのは止むを得ないのですが、ブッダは出家、在家はあまり意識されていないと思っています。死後でなく、この世で涅槃を目指しているかどうかは問題になります。しかし、現世利益を求めている人には縁のない内容ではあります。

犀の角経では、「犀の角のように一人で歩く」で結ばれていますから、仏教は孤独を推奨しているように思われますが、仏教は孤独を推奨しているわけではないのです。因縁を重んじています。ですから、人間関係が重要な課題なのです。「一人で歩く」も人間関係の一形態なのです。人間関係が非常に大切だから、「一人で歩く」ということになるのです。賢明な友人、善友がいない状況で、愚かな、悪友しかいないのならば、そのような人々の悪影響を受けないために、「一人歩く」必要があったのです。

しかし、ブッダが出現し、サンガが形成さて以後は、一人歩く必要はないように思います。善友を求める意思があれば、善友に会うことができると思います。


賢明な 同志がいれば 幸いだ いないのならば 一人で歩く<47>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

池崎中彦
2013年05月17日 06:02
ワンギーサ比丘様、おはようございます。

善友・悪友についてなのですが、
私はテーラワーダ仏教協会に
(現時点では)世俗的な利益を求めたり、己の欠陥を治すために
いつもお邪魔させていただいてます。
昨日もお世話になりました。ありがとうございます。

そのような私が、純粋に悟り・解脱を目標として
テーラワーダ仏教協会に出入りしている
会員の方(あるいは方々)と
仲良くすることは、やはり良いことではないのでしょうか?

私自身は
「(悟り・解脱を目標としている方の)
足を引っ張っている側面もあるのかな?」
という自己分析をしております。

上手く言えませんが、若干のジレンマを感じております。
櫻井由紀
2013年05月17日 10:25
お釈迦様が示された
彼岸に達する道を
修められるよう、
煩悩の垢を
瞬間瞬間洗い落とす修行に
励みます。

自分が
「善友の条件を満たす人間」にならなければ
智慧の眼を持たなかったら
同心の友、あるいは
自分よりずっと優れた方々を
見分けられませんものね。
何よりもまず「自分」が
「善友の条件を満たす」努力ですね。
静まり
2013年05月17日 14:32
「犀の角のように一人で歩く」といわれると、やはり「仏教は孤独で暗い」というイメージでした。

しかし、ヴィパッサナーによって悩みなく気軽に、自分が笑顔で明るくしていけば、それによって自ずと周りの人とも仲良く楽しくやっていけるのではないかと、最近になって思えるようになりました。

今度バイトを始めるので、実践してみます。
こころざし
2016年02月29日 07:23
ここまで学ばせて頂く中で、涅槃を目指す事を理解して・実践していく大切さを分かった方は、日常には(ほぼ)いないと感じています。
そのような意味で、それが分って頂ける法友のご縁のある方は大変貴重と思います。
共に学ばせて頂きながら・随喜・共感しながら、そしてその涅槃を目指せるようになりたいです。