欲望は 病気、はれもの 矢と災難 それらを避けて 一人で歩く<51>

○少年少女のためのスッタニパータ51
・・・
欲望は病気だと思えますか?
欲望は災難だと思えますか?
そのように思えれば、
欲望を避けますよね。


51.第1 蛇の章 3.犀の角経 17

○毎田周一先生訳
「これは私にとつて禍ひであり腫物であり難儀であり
病であり矢であり怖れである」と
欲望の向ふ処にこの怖れを見て
犀の角のやうにただ一人歩いてゆかう


○中村元先生訳
これはわたくしにとって災害であり、腫物であり、禍であり、
病であり、矢であり、恐怖である。
諸々の欲望の対象にはこの恐ろしさのあることを見て、
犀の角のようにただ独り歩め。


○正田大観先生訳
これは、わたしにとって、疾患と、腫物と、禍と、
病と、矢と、恐怖とである。この恐怖を、
諸々の欲望の対象のうちに見て、
犀の角のように、独り、歩むもの。


○パーリ語原文
イティー   チャー   ガンドー   チャー   ウパッダウォー   チャー
Ītī        ca      gaṇḍo    ca       upaddavo       ca,
患い      と      腫物     と       禍            と

ローゴー   チャー   サッランチャー   バヤンチャー   メータン
Rogo      ca      sallañca       bhayañca     metaṃ;
病気      と      矢  と        恐怖 と     私にとってこれは

エータン   バヤン      カーマグネース     ディスワー
Etaṃ     bhayaṃ     kāmaguṇesu       disvā,
この     恐怖を      欲望の性質において  見て

eko      care     khaggavisāṇakappo.
一人で   行く     犀の角のように


○一口メモ
今日の偈は欲望を六つの事柄で特徴づけているのです。①わずらい。②はれもの。③災い。④病気。⑤矢。⑥恐怖。本当に欲望がこのようなものだと思ったら、欲望を持つのを止めるでしょう。
① わずらいとは、思い悩むこと。心配、苦労、迷惑などです。たしかに、欲望がなければこれらのことがありません。
② はれもの、はれものは触ると痛いです。押すと汚い膿が出てきます。欲望は触ると痛いですか?知られると恥ずかしいということはあります。欲望の実態はあまりきれいではありません。汚いものですから、隠したいものではあります。
③ 欲望は災難でしょうか? 犯罪は自分が犯したものですから災難と言えませんが、犯罪を犯した人にとっては逮捕されるのは災難なのです。その災難の原因は自分の欲望であったことは間違いありません。スピード違反をした人は、速く行きかったから、泥棒をした人は、物やお金が欲しかったから。
④ 病気とは治療をしなければ治らないものです。欲望は欲望を満たさなければ止むことはありません。しかし、欲望は一度欲望をみたしても、欲望は満足を知らず、さらに欲望は増大するのです。その意味では、欲望は不治の病だというべきなのです。
⑤ 矢とは、身体に刺さった矢です。それが原因で自分が苦しめられているということです。欲望があるときは満たされてない状態ですから、苦しんでいるのです。それが矢でたとえられているのです。
⑥ 欲望は恐怖であるとは、満たされない欲望が満たされるかどうかわからないのは不安であり、それは恐怖です。また満たされた欲望に関しては、それを失うかもしれないという不安や恐怖があるのです。

確かに、よく考えれば欲望にはこのような六つの特徴があることがわかります。賢者は欲望は捨てた方が良いと知っているのです。

ここで、この偈に関して、もう一つ考えておく必要があります。なぜ、欲望を避けるために、犀の角のように一人歩くのでしょうか? 一人歩くことで欲望を避けることができるのでしょうか?

欲望は心に感覚器官(眼や耳、鼻など)からの外部刺激が入ることで現れます。好ましい刺激は欲望になるのです。今回は問題にしませんが、不快な刺激は怒りになります。外部刺激が一つであれば、必要なものとして心はそれを求めます。しかし、二つ以上の外部刺激に対しては、比較ということが起こります。比較によって欲望は増大するのです。一人でいれば比較が少いのですが、二人以上であれば必ず比較が現れ、欲望は増大するのです。ですから、欲望を避けるためには、一人歩く方がよいのです。


欲望は 病気はれもの 矢と災難 それらを避けて 一人で歩く<51>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎5月27日(月)から6月2日(日)まで、ワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するため、ゴータミー精舎における朝晩の自主瞑想会はお休みいたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年05月21日 12:11
無気力、無関心によって
未だ欲望が表面化していない状態と、
長い修行の持続と忍耐によって
欲望が無くなった状態は、
全く異なる次元的状態であるけれども、
眠っていて穏やかではあるが
機会があればいつでも表面に
引きずり出される危険性のある欲望と言う
腫れ物は、大きくならないうちに
痛みを伴うけれどギュッと
汚い膿を押し出して、
刺さっている矢を抜くのは
恐怖でありますけれども
傷が深くならないうちに化膿しないうちに
引き抜いて
風にサラッと乾かすのが良いのでしょうね。
最後にかさぶたが取れれば
何の心配も無くなりますね。

欲望が現れたら
ピンポイントで
やっつけます。
静まり
2013年05月21日 23:36
濃い味の料理やお菓子をつい食べ過ぎてしまい、吹き出物ができて痛みます。

それが治ったとしても、またいつ出てくのかという恐怖もあります。

治療したいので、好ましい刺激が触れたところでストップし、欲望の危険を検めて離れることにします。
こころざし
2016年03月01日 06:17
欲が強い時、それはもう病気と感じます。その欲に自分が支配されているような状況になります。
また、その欲を満たすことで、自分が他より凄い・・みたいな錯覚に陥る事もあります。ブランド品等はその類になりますでしょうか。
欲を捨てていきたいです。