寒暖や 飢えや渇きを 堪え忍び 小欲知足 一人で歩く<52>

○少年少女のためのスッタニパータ52
・・・
お腹がすいたら、
すぐに食べないで、
すいたお腹を感じてみよう。
すいたお腹も悪くない。


52.第1 蛇の章 3.犀の角経 18

○毎田周一先生訳
寒さと暑さと飢ゑと渇きと
風と太陽の熱とあぶと蛇と
これらすべてのものに堪えて
犀の角のやうにただ一人歩いてゆかう


○中村元先生訳
寒さと暑さと、飢えと渇えと、
風と太陽の熱と、虻と蛇と、
──これらすべてのものにうち勝って、
犀の角のようにただ独り歩め。


○正田大観先生訳
寒さと、暑さと、飢え、渇き、
諸々の暴風と猛暑、そして、諸々の虻と蛇――
これらの一切をもまた征服して、
犀の角のように、独り、歩むもの。


○パーリ語原文
シータンチャ   ウンハンチャ   クダン     ピパーサン
Sītañca       uṇhañca      khudaṃ     pipāsaṃ,
寒さ と       暑さ と      飢え        渇き

ワータータペー   ダムササリーサペー   チャ
Vātātape       ḍaṃsasarīsape       ca;
風  熱        虻   蛇          と
サッバーニペーターニ    アビサンウィトゥワー
Sabbānipetāni         abhisambhavitvā,
一切のもの           堪えて

エーコー    チャレー   カッガウィサーナカッポー
Eko       care      khaggavisāṇakappo.
一人で     行く      犀の角のように


○一口メモ
ブッダの最大の発見は、苦があり、その原因が欲望であることを洞察したことであります。さらに、苦の生滅した涅槃と涅槃に至る方法についても付けくわえなければなりません。昨日の51番の偈では欲望の6つの危険性を述べました。つまり欲望が苦、苦しみを作りだしていることについて述べました。

しかし、同時に欲望は苦を避けるために現れるのです。寒ければ身体温めるものがほしくなるのです。身体を温めるセーターやオーバーやマフラーや手袋、さらに部屋を暖める暖房器具です。寒さだけでもいろいろなものが欲しくなります。暑ければ身体を冷やすもの。暑さを避けるものが欲しくなるのです。暑くても快適に過ごせる衣類や、今度は部屋を冷やす冷房器具です。寒くても暑くてもいろいろなものが欲しくなるのです。そうするとそれらを購入するために、苦しい思いをして働かなくてはなりません。しかし、働いてもお金が足りなければ、悩みが現れ、苦しまなければなりません。苦を避ける行うことで、苦を増やすことになるのです。この矛盾を明確に理解する必要があります。

この矛盾を解決する方法は、苦を避けるために、欲望を増やさなければよいのです。寒いときはセーターだけで満足して、オーバーや暖房器具を望まなければよいのです。暑い時は軽装にして、特別な衣類を望んだり、冷房器具を求めなければよいのです。すなわち、今あるもので満足して、特別なものを望まなければ苦は増えません。今の苦に堪えることができるならば、苦をなくすことができるのです。

以上、寒さと暑さについて調べてみましたが、飢えや渇きについても、虻や蛇についても同じようなことが言えます。今あるもので満足すること、小欲知足が苦をなくす、苦を避ける正しい方法なのです。小欲知足は、苦しみを無理して、我慢する苦しい方法のように、思われる方もおられると思いますが、上で説明したように、苦しみを避けるために欲望を増やすのでなく、苦しみを避けるために欲望を減らす方法ですから、非常に理性的で合理的な方法なのです。知恵ある人はそのことがよくわかりますから、正しい方法を淡々と行うのみです。苦しいことではありません。苦から離れる道なのです。そのことを理解できない人が多いですから、犀の角のように一人行くのです。


寒暖や 飢えや渇きを 堪え忍び 小欲知足 一人で歩く<52>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎5月27日(月)から6月2日(日)まで、ワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するため、ゴータミー精舎における朝晩の自主瞑想会はお休みいたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

nori
2013年05月22日 08:53
ワンギーサ比丘さま
はじめまして。テーラワーダ会員。奈良在住のものです。
最近このサイトをしり拝読させていただいております。
わかりやすく解説してくださり心が落ち着きます。
ありがとうございます。

まさに現在仕事探しをしている最中なのですが、この給料では足りないなどとあれこれ迷っております。
今回の偈を読み、なるほどと思いました。
自分の生活をよく見直し、減らせるものを減らせば、心にもゆとりができそうな気がいたします。

まだまだ欲のかたまりのような人間ですが、これからもどうぞご指導のほどよろしくお願いいたします。

櫻井由紀
2013年05月22日 12:37
なるべく人工的なものを避け
自然と調和して暮らしてみると、
エアコンの効いた部屋は
夏は寒すぎて、冬は暑すぎると感じます。
体は人工的なものを敏感に察知して
すぐに反応します。
冬にエアコンの効いた部屋に入ると
私の顔はすぐに真っ赤っ赤になって
ちょっと恥ずかしい思いをします。
私にはその部屋が暑すぎるので
「こんなに部屋を暖めちゃって、
体調がおかしくなりそうだし
電気代ももったいないなあ。」と
一人思っています。
しかし大雪の降った日や、夏40度位の猛暑時は
さすがに死なない程度の対処でのりきっています。
慣れてしまえばそんなに苦では無くなる様です。
頭で考えると妄想なので苦になりますが、
実体験を実況中継してリピートすると
のりこえられるのでしょうかね。
静まり
2013年05月22日 13:56
暑さ寒さに悩まされるので、適切な対処をして乗り切りたいです。

蚊などの虫が部屋に入ってきてイライラする事もあります。
殺生しないことは大変で恐怖や悲しみを感じます。
逃がしたり、入らないようにしたり、放っておいたりして慈しみを育てたいです。

また、蚊の音など不快と感じますが、音として観察したいです。
カエルくん
2013年05月22日 19:42
こんばんは。
久しぶりにコメントいたしますが、毎日拝見しています。
犀の角経が難しく感じるのは、最後に必ず一人で歩もう、とあるからかもしれません。
いろいろなしがらみに、時にはいやいやながら、時には好んで、しばられている自分がいます。親しい人たちと接しながらにして、執着を断つ方法が分かりません。
義務を果たしながらも淡々と、と思うのですが、なかなかうまくいきません。慈悲の瞑想をすると、心が少し落ち着きます。
こころざし
2016年03月01日 06:26
寒いと着こみます。布団も増やします。そして暖房器具を使いたくなります。色々な暖房器具がありますが、収入が伴わないと買えません。その収入が伴わない時の絶望感?的なものは凄まじいのではと思います。私事ですが転職して収入が激減し車を手放し、千円が大金のような生活をした事があります。それでも何とか足りたので私は究極・・までは行ってないと思います。
欲を減らし小欲知足で生きて、そして苦を減らして参りたいです。