世尊言う 家族と財産が 拠り所 拠り所こそが 悲しみのもと<34>

○少年少女のためのスッタニパータ34
・・・
お釈迦様は言われます。
家族に依存するから悩む。
財産に依存するから悩む。
依存しなければ自由です。



34.第2 蛇の章 2.ダニア経 17

○毎田周一先生訳
子を持つものは子ゆゑに悲しむ
             と世尊はいはれた
牛を持つものは同じく牛ゆゑに悲しむ
拠り所こそ人の悲しみである
拠り所をもたないものに悲しみはない


○中村元先生訳
師は答えた、
子のある者は子について憂い、
また牛ある者は牛について憂う。
実に人間の憂いは執著する元のもののない人は、
憂うることがない。」


○正田大観先生訳
世尊は〔答えた〕「子をもつ者は、子たちについて憂う。
まさしく、そのように、牛をもつ者は、牛たちについて憂う。
まさに、諸々の依存〔の対象〕は、人の憂いである。
依存〔の対象〕なき者――彼は、まさに、憂うことがない」と。


○パーリ語原文
 ソーチャティ  プッテーヒ  プッティマー
‘‘Socati      puttehi    puttimā,
 悲しむ     子によって  子を持つ人は

 イティ  バガワー
(iti     bhagavā)
 と    世尊は

ゴーピヨー   ゴーヒ    タテーワ   ソーチャティ
Gopiyo      gohi     tatheva    socati;
牛を持つ人は  牛によって  そのように  悲しむ

ウパディ  ヒ   ナラッサ  ソーチャナー
Upadhī   hi    narassa   socanā,
依存は   実に  人々の   悲しみ

ナ   ヒ   ソー  ソーチャティ  ヨー  ニルーパディ  ティ
Na   hi    so   socati      yo    nirūpadhī’’  ti.
ない  実に  彼は  悲しま     者は  依存のない   と


○一口メモ
牛飼いのダニヤさんの決意を妨害できないでいる悪魔パピーマンに対して、世尊(ブッダ)は最後の一撃の言葉を発するのです。それは悪魔と同じ形式で一言を変えたものでした。それだけに、悪魔はオウンゴールのような打撃を受けるのです。

「子供がいるから、苦しむのだ、子供ゆえに不幸になんだよ。
財産があるから、その維持するために苦しみ、悩むのだ。
人々は、財産や家族があるから不安なんだよ。
それのない人、そのような拠り所のない人は不安や恐怖がなく、安心で自由なのだ。」

悪魔は反論の余地がなく退散しました。ブッダとダニヤ夫婦の勝利に終わりました。

ダニヤ経は、牛飼いと言う現代の日本人にとっては、少しかけ離れた話しのように見えますが、幸福論という視点で見直して見ると、現代の私たちの問題と直結している話しなのです。すなわちそれは、ダニヤの言う俗世間の幸福論に対して、ブッダの教える真の幸福論(出世間の幸福論)をダニヤとブッダの対話で通して教えるものです。

俗世間の幸福論は、家族や財産に依存することです。それは幸福論とは言いながら、人々に悩み苦しみを与えものです。大昔から人々はその幸福論に基づいて生活して、苦しみ、悩み続けています。そこから抜け出すことができずに、失敗を繰り返しているのです。しかし、人々はその幸福論に従って生きているのです。

それに対して、ブッダの幸福論は、ブッダに教えてもらわなければ、分からないことなのです。家族や財産に依存するではなく、それらに依存せず、自立し、自由であること、これが真の幸福であると言うのです。これは今までの常識とは異なるため、理解が難しく、実践は困難な課題です。しかし、よく考えて理解すれば、これこそが真の幸福だと分かります。理解すれば、困難を乗り越えることができます。ですから、先ず理解して下さい。


世尊言う 家族と財産が 拠り所 拠り所こそが 悲しみのもと<34>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。



~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お釈迦様の祝祭日を皆でお祝いしましょう!!!

ウェーサーカ祭


関東方面
2013年5月12日(日)
午前ゴータミー精舎で食事のお布施
午後 渋谷区立文化総合センター大和田さくらホール。入場無料。予約不要。
詳細:http://extech.xsrv.jp/wesak2013/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この記事へのコメント

カエルくん
2013年05月04日 04:55
おはようございます。
ダニヤ経、大好きです。欠けるものがないほど何もかも持っていたダニヤさんが、すべてを無くしたときに家族や財産は無常であって拠り所にならないと、気が付くところがすごいなあと思います。

昨日、家族に病人が出て、一日振り回されました。今日は友人と付き合いで遊びにでかけます。とにかく、周囲に巻き込まれて振り回されっぱなしのGWです。せめて穏やかな心を保とうと思っています。
なかじま
2013年05月04日 08:37
ダニヤ経は三年前のゴールデンウイークに初めて読ませていただいた「ブッダの幸福論」の冒頭にありました。私はこれに衝撃を受け、その日からこの道にご縁をいただきました。縁の深いお経です。衝撃力ありますよね!
ぱん
2013年05月04日 08:40
去年の火事で、入居者が一気に減って困ってます。
アパートも、お客さんが入らないと困ります。
たしかに、財産が悲しみの元ですね。

ただ、ワンギーサ師にいわれたように、
「熟した木の実が自然と木から落ちるように、
(在家で修行つづけていれば、)
自然と出家という流れになる」までは、
わが家のピンチのため、なにかはしたいと思います
静まり
2013年05月04日 12:46
依存することや私のものと思うことは、
「何でも自分の思い通りにできる」
という私利私欲・怒りの考え方で、
それで苦しみます。

かといって無常に依存(間違った解釈)すると、
「何でも、もう無駄だと諦め絶望する」ことで、
それも同じように
「思い通りにならないなら何もしない」
という私利私欲・怒りで苦しみます。

しかし、その思考パターン・行動パターンに、
気づき、智慧と慈悲に書き換える努力をする、
今、改善できることを改善することができる。

それが充実した人生だ、と思いました。
櫻井由紀
2013年05月04日 17:41
心をコントロールし強く育て
自分主義的主観を消し
正しく作動させれば
論理的な認識が働き
どんな状況にも平静、冷静でいられ
正しい判断が出来るようになる。
他に依存して得ていた喜びも
心に生まれたただの現象であったと
理解できれば
苦しみ悲しみは減っていくでしょうね。
幻覚は幻覚であると・・・。ね。
2013年05月04日 19:32
関西のウェーサーカ祭、ありがとうございました。
自分のモノという錯覚に悩まされた自分がいましたが、
この教えで目が覚めますね。
仏教を学んでから気楽に生きていられます。
ありがとうございます。
あすか
2013年05月05日 11:13
ダニヤ経、難しい教えも
ダニヤさんとの会話形式なので
映画や小説のような気持ちで
最後まで放り出さず読めました。^^;
手放す幸せを目指します。
こころざし
2016年02月24日 07:36
生きていく中で自分の居場所探し、という言葉が出てくる時があります。それは人だったり場所だったり、そして今思えば「執着するもの探し」だったりしました。その居場所を見つければ暫くは安泰かもしれませんが、そこもまた変わっていき、そして新たな居場所探しが始まります。
そのようなものでない本当の幸せを、是非得たいです。