友達を 同情すれば 道はずす 危険を避けて 一人で歩く <37>

○少年少女のためのスッタニパータ37
・・・
道理に従えば
冷たく見えることもある。
世間体(セケンテイ)を気にして
同情できない。


37.第1 蛇の章 3.犀の角経 3

○毎田周一先生訳
友達や仲間を哀れんだりすれば
心が縛られて(自在の)利を失ふ
親しみにこの恐ろしさのあることを見抜いて
犀の角のやうにただ一人歩いてゆかう


○中村元先生訳
朋友・親友に憐れみをかけ、
心がほだされると、おのが利を失う。
親しみにはこの恐れのあることを観察して、
犀の角のようにただ独り歩め。


○正田大観先生訳
朋友や知人を慈しみながら(情をかけつつ)、
〔その思いに〕心が縛られた者は、〔自己の〕義(道理)を失う。
この恐怖を、親愛〔の情〕のうちに見る者は、
犀の角のように、独り、歩むもの。


○パーリ語原文
ミッテー  スハッジェー  アヌカンパマーノー
Mitte      suhajje        anukampamāno,
友人を     親友を        同情する者は

ハーペーティ   アッタン   パティバッダチットー
Hāpeti       atthaṃ    paṭibaddhacitto;
失う        道理を     依存した心は

エータン   バヤン    サンタウェー   ペッカマーノー
Etaṃ     bhayaṃ    santhave     pekkhamāno,
この     恐怖を     親交において  観察する者は

エーコー   チャレー   カッガウィサーナカッポー
eko      care      khaggavisāṇakappo.
一人   歩む    犀の角のように


○一口メモ
今回の偈は友達や仲間と親交することについて述べたものです。友達を哀れむとか同情するということは、一般には良いこととされていています。むしろ、同情や哀れみをもたないことは良くないこと、冷酷だとして非難されると思います。

しかし、ここでは友達や仲間に同情することは、友達との関係において心が拘束されて、心が自由ではなくなるというのです。心が自由でないと、物事を正しくありのままに観ることができなくなるのです。正しく物事を見ることができないと、道理に反する行動を起こす危険があるのです。ですから、物事を正しく観察人は友達を同情すること、哀れむことに危険を感じ、恐れを感じるのです。

世間で友達を同情したり、哀れむと言っても、実際はその友達と一緒に愚痴を言うだけのことで、問題の解決につながるような行動は何もしないのです。この点について、あまり具体的に書くと、また私が非難されそうですが、世間では友人が病気になれば、すぐ病院につれていけと言います。私は病気の友人を病院には連れていきません。病院に連れていけば、殺されるだけだと思っているからです。それは哀れみのない、同情心の態度だと非難するのです。ちなみに、最近「医者に殺されない47の心得」とか言う本が売れているそうです。

ブッダの目指すところは、世間レベルの同情や哀れみではないのです。世間の同情は、実は形だけのものであって、友人の本当の幸福や自由を目指いてはいません。友人の目先の欲を満たしてあげようとしているだけなのです。そのことを見極めた人は、同情の欺瞞に気づいて、その危険性を察知して、いわゆる同情や哀れみを避けるのです。ですから、真実を目指す人はなかなか理解されないのです。
また今回のような偈も理解できないのです。


「犀の角のように一人で歩く」の解説は35番の偈の「一口メモ」をお読みください。
生きものを 慈しむけど 子をもたず 仲間求めず 一人で歩く<35>
http://76263383.at.webry.info/201305/article_5.html


友達を 同情すれば 道はずす 危険を避けて 一人で歩く <37>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。



~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お釈迦様の祝祭日を皆でお祝いしましょう!!!

ウェーサーカ祭


関東方面
2013年5月12日(日)
午前ゴータミー精舎で食事のお布施
午後 渋谷区立文化総合センター大和田さくらホール。入場無料。予約不要。
詳細:http://extech.xsrv.jp/wesak2013/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この記事へのコメント

水口かよこ
2013年05月07日 05:04
好きでずっと一緒にいたくて、理性では好きでは生きていけないことを知っていて、ついに別れをお互いが知り、別れに至ることもあります。

お互いが決して気を許すことなく、他に気が行き過ぎて自分を見失うことなく、ともに相手の自立を促す厳しい態度で接すれれば、お互いにとって善い事だと思います。
kumetsu
2013年05月07日 09:23
ここでは、「友人に対しては同情などせずに放って置いて自分は孤立主義を貫け」というようなことが説かれているのではなく、慈悲喜捨の「捨」、すなわち、「自分も他者も生命は全て平等であるから、誰に対しても偏りのない中立的な態度を取るべきある」ことの大切さが示唆されているように思いました。

具体的に言えば、私(A)の親しい友人(B)にとって敵対する第三者(C)がいたような場合、親しい友人Bにも、友人の敵である第三者Cのいずれに対しても肩入れすることなく平等に扱う態度のことを「捨」と理解することができると考えます。

例えば、友人Bがその敵である第三者Cの失敗・不幸を見て喜んだり、Cの成功・幸福を見て怒り悲しんだりする毎に、私AがBに肩入れ・共感して熱くなって興奮し、Bと一緒になってCの失敗を見て喜び、Cの成功を見て悲しむというような態度をとってしまうことがあり得ます。
しかし、このような態度は間違いでしょう。これを防ぐのが、クールな「捨」であると思うのです。

友人の幸福を望み、友人が苦しみから逃れることを願い、友人の成功を喜ぶ、ということはとても大切な「慈・悲・喜」でありますが、ややもすると熱くなりすぎてしまうかもしれません。
そこで、この冷たい「捨」によってバランスを取ることができれば、智慧の発現へと繋がっていくような気がするのです。

さらに言うならば、自国が他国と戦争をして勝てば自分のこととして喜び、負ければ自分のこととして悲しむ、という態度に陥るべきではなく、戦争自体に反対し、その勝ち負けに対しても共感せず、巻き込まれることなく常に冷静に中立の気持ち・態度を保つべきである、ということではないでしょうか。

皆様に智慧の光が現れますように
生きとし生けるものが幸せでありますように
櫻井由紀
2013年05月07日 10:12
昨日の朝、近所に住む一人暮らしの
おばあさんの飼っていたワンちゃんが
13年という犬生を終えました。
おばあさんは身寄りも無いので
ワンちゃんを子供の様に溺愛していました。
どんなに悲しいか分かっていましたが
何かお手伝い出来ればと思い
「ワンちゃんの亡骸はどうされますか?」と
あえて平静な心で現実的にたずねてみました。
すると「庭にあなを掘って、そこに葬りたい」
と具体的に答えてくださったので、
私も心の中で「それがいいな。悲しみの原因
になる亡骸はあまり長く眼に入る所に置いて
おかないで、地水火風の地の要素が一番強い
物体は地に返してあげたいな。」と思って
私は早速スコップで穴を掘りました。
おばあさんは「夕方頃葬りたい」と仰ったので
私は了解して家に戻りました。
夕方5時頃おばあさんの家を訪ねると
おばあさんはこう言いました。
「午後に友達がきて、友達はこう言ったの。」
「あんた今朝犬が死んだってのに、もう穴に
埋めちゃうのかい?随分冷たいねえ。
一晩一緒に寝てあげるのが一番慈悲深いよ。」
と。
またまた「心が冷たい」と言われてしまいましたが
でもおばあさんの友達もやさしさで仰ったのでしょうね。
兎に角、亡くなったワンちゃんの来世のために
功徳を積んで回向いたします。
ワンちゃんありがとう。おつかれさまです。







静まり
2013年05月07日 10:15
友人に同情しているつもりでも、実は自分に欲・怒りが生じてやっているのか、良く観察したいです。

「目先の欲を満たしてあげようとしているだけ」ではなく、本当に役に立つか冷静に観ていきたいです。
カエルくん
2013年05月07日 20:07
こんばんは。
すごい!充実したコメント欄ですね。勉強になります。

以前上司に、憐れみや同情は相手を一段低く見たときの感情だから控えるように、と教わったことがあります。具体的には「可哀想」という言葉を使ってはいけない、と。
その通りだな、と思ったので実践してます。
やはり大切なのは、慈悲喜捨てすね。

↑なんてことを言っていますが、このGW、家族や友人たちに巻き込まれて振り回されっぱなしでした。捨の心から遠く離れて(^^;
反省してます。
SRKWブッダ
2014年09月30日 16:02
情欲にとらわれている間は、哀れみは心を縛る縄となるだけである。ところが、この情欲を超えたとき、哀れみは解脱の一つの因ともなる。

ただし、実際にこれを為すのは容易ではない。人々(衆生)は、お涙頂戴であって、好んで、情欲にどっぷりと浸かっているからである。

***
こころざし
2016年02月25日 20:26
以前、友達が持っているなら僕も買おうとか、友達が集うなら僕も行かなければ・・みたいな仲間と同調する大切さを一番にしていた事がありました。もしその時に仲間が犯罪に行く様なものがあれば、自分がそこに参加せず止まれていたか自信はありません。
そこには自立できない・依存の姿勢があったと思います。
本当の意味で成長出来るように、自立して一人でも修行できる様な域になりたいです。