森の鹿 自由に歩く 食求め 智慧ある人も 一人で歩く<39>

○少年少女のためのスッタニパータ39
・・・
鎖につながれて
吠えるイヌたちと
月に向かって
雄叫びするオオカミと
どちらを選ぶ


39.第1 蛇の章 3.犀の角経 5

○毎田周一先生訳
野獣が林の中を捉はれなく
何処でも食を求めてゆくのと同じく
目ざめた人の自在なのを見て
犀の角のやうにただ一人歩いてゆこう


○中村元先生訳
林の中で、縛られていない鹿が
食物を求めて欲するところに赴くように、
聡明な人は独立自由をめざして、
犀の角のようにただ独り歩め。


○正田大観先生訳
縛られていない〔野生の〕鹿が、
林のなかで求めるままに餌場に行くように、
識者たる人は、独存〔の境地〕を〔あるがままに〕見る者として、
犀の角のように、独り、歩むもの。


○パーリ語原文
ミゴー   アランニャンヒ   ヤター   アバッドー
Migo      araññamhi         yathā     abaddho,
鹿が      林における         ように    縛られてない

イェーニッチャカン   ガッチャティ   ゴーチャラーヤ
yenicchakaṃ      gacchati      gocarāya;
求める所へ       行く         餌場へ


ウィンニュー   ナロー   セーリタン   ペッカマーノー
Viññū        naro    seritaṃ     pekkhamāno,
智慧のある    人が    独存を     観察して
エーコー    チャレー   カッガウィサーナカッポー
eko       care       khaggavisāṇakappo.
一人で   行く    犀の角のように


○一口メモ
林の中の野生の鹿は、自由にえさのある所を探して行きます。家畜は縛られたり、おりの中に入れられていて、自分で自由に行動できないのです。家畜は飼い主の与えるえさに依存して生きているから自由ではないのです。野生の動物はそのようなえさに依存していないため、自由です。しかし、野生の動物は食べ物が得られないという危険性はあります。もっとも家畜の場合は食べられてしまうかもしれないという命の危険性はあるのです。

この偈では智慧ある人は、野生の動物のように「独存」しているというのです。セーリタというパーリ語は辞書に「独存」という訳がのっています。中村先生は「独立自由」と訳されていますが、これは分かりやすい訳だと思います。智慧ある人は、何ものにも依存していませんから、そのため執着もないのです。このような人は独立自由なのです。そのような方を見た人は、何にも依存しないように、犀の角のように一人行くのです。

毎田先生は、パーリ語のミゴーを鹿でなく、野獣と訳されています。家畜に対して野生の動物と言うことを強調したいという意図だと思います。

この偈の趣旨とは、少しずれるかもしれませんが、だいぶ以前に大河内一男という東大総長だった方が卒業式で「太った豚になるよりは痩せたソクラテスになれ」と述べたそうです。太った豚には自由はないのです。痩せていても智慧のあるソクラテスは自由であったのです。(何しろ彼は死さえ自分で選択しました。)その言葉を太った豚のような官僚たちに、その言葉を聞かせたいと思います。

太った豚と言えば、ダンマパダ152が思い出されます。
152 学ぶこと 少ない人は 牛のよう 肉は増えるが 智慧は増えない
152 http://76263383.at.webry.info/201208/article_1.html


森の鹿 自由に歩く 食求め 智慧ある人も 一人で歩く<39>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。
朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。
但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。
変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。
詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お釈迦様の祝祭日を皆でお祝いしましょう!!!

ウェーサーカ祭


関東方面
2013年5月12日(日)
午前ゴータミー精舎で食事のお布施
午後 渋谷区立文化総合センター大和田さくらホール。入場無料。予約不要。
詳細:http://extech.xsrv.jp/wesak2013/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この記事へのコメント

カエルくん
2013年05月09日 05:08
おはようございます。
お前は家畜だ、と言われて嬉しい人はいませんね。やはり自由な状態を目指すべきだと思います。
やっと休みボケから回復してきました。この二日間は、仕事中も休みにあったあれこれを思い出しては妄想し、ひどいものてした。
何よりも心を良く調教し、自由になりたいです。
櫻井由紀
2013年05月09日 10:31
戦後日本文学を代表する作家の一人で三島由紀夫と言う稀に見る天才的才能を持った作家がいました。彼の小説、戯曲、評論等は古典美、日本の雅、愛国心、超越的美意識、生と死等を主題し、他とは一線を画する作品群を次から次へと執筆しました。私は結構長い間、この三島由紀夫に耽溺し、寝てもさめても三島ワールドにどっぷりと浸かっていました。私が仏教に興味を持つきっかけになったのが、三島の作品で、彼の遺作に「豊饒の海」と言う長編四部作があり、大乗仏教、唯識を使って物語が展開していくのですが、私はそれの虜になり無我夢中で読み耽りました。彼は晩年政治的傾向を強めて自衛隊に入隊し彼自ら中心とする民兵組織「楯の会」を結成。後に自衛隊市谷駐屯地のバルコニーでクーデターを促す演説の後、割腹自決。この壮絶な人生を送った彼の言葉の中で日本の将来を暗示している名言があります。「無機的な、からっぽなニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目ない、或る経済大国が極東の一角に残るだろう。」これはまさに彼の全てを表していて50年前に日本の将来の姿を予見していたという先見性のすごさに驚かされ、今回のお釈迦様の言葉を読んだ時、私の脳裏にピカッと稲妻のごとく「三島の一匹狼の人生」が過ぎりました。私もこの先達に習って頑張ってみようと始めた仏教的一匹狼的生き方の出発点を久方ぶりに思い出しました。その後テーラワーダ仏教に出会い、三島の作品も以前ほど興味深く感じなくなり、本も手に取ることもなくなりましたが、あの当時三島世界に出会い、それが今に繋がっている事に感謝しこれからずっとお釈迦様の真理の教えを学ばせていただきたいと思い精進いたします。個人的な話を長々と書いてしまい申し訳ありません。
静まり
2013年05月09日 15:37
貪瞋痴の刺激を食べるよりも、
智慧と慈悲を育てて生きていこう、
と思いました。
SRKWブッダ
2014年09月30日 18:32
理性によって死を恐れないことは出来得る。しかしながら、理性によって死を超えることは出来ない。

解脱した人が、死を超え、死を恐れない境地に達する。理性によっては死の本質を知ることは出来ないが、解脱した人は死の本質を完全に理解しているからである。

***
こころざし
2016年02月26日 07:07
自分の固定概念・見解の中で生きていると、特別危機にならない限り、その状況に安住すると思います。そしてその中で良いとか悪いとか狭い範囲で評価して、その状況がずっと続くと感じます。
そのようなものに安住せず、本当に大切な事やその実践をして、本当の自由を得て智慧を持てるようになりたいです。