勝利者は 疑い離れ 苦を去って 涅槃を楽しみ 人神を導く<86>

○少年少女のためのスッタニパータ86
・・・
勝利者とは
戦いに勝った人です
最強の敵は自分自身ですから、
自分自身に勝った人は
最高の勝利者なのです。


86.第1 蛇の章 5.チュンダ経 4.

○毎田周一先生訳
疑ひを離れ 苦しみを去り
涅槃を楽しみ 貪りを超えて
神々を含む世間を導く人
そやうな人を自覚者達は「道の勝利者」といはれる


○中村元先生訳
「疑いを越え、苦悩を離れ、
安らぎ(ニルヴァーナ)を楽しみ、貪る執念をもたず、
神々と世間とを導く人、
──そのような人を<道による勝者>であると目ざめた人々は説く。


○正田大観先生訳
〔世尊は答えた〕「彼が、懐疑を超え、矢を抜き、
涅槃〔の境処〕に喜びある、貪求なき者であるなら、
天〔界〕を含む世〔界〕の導き手である、
そのような者を、覚者たちは、道の勝利者と説きます。(4)


○パーリ語原文
ヨー   ティンナカタンカトー    ウィサッロー
‘‘Yo   tiṇṇakathaṃkatho   visallo,
彼が  疑いを超え        矢を抜き

ニッバーナービラトー   アナーヌギッドー
nibbānābhirato       anānugiddho;
涅槃を楽しみ        貪りのない者

ローカッサ   サデーワカッサ   ネーター
Lokassa     sadevakassa     netā,
世間の     神々の         導く人

ターディン     マッガジナン    ワダンティ   ブッダー
tādiṃ        maggajinaṃ    vadanti     buddhā.
そのような人を   道の勝利者と    呼ぶ        覚者たちは


○一口メモ
いよいよチュンダさんの疑問に、お釈迦様は答えられます。まず、「道の勝利者」について説明されます。
「疑いを超え」とは、預流果に悟られた方は、疑を克服されておりますが、無明は残っており、一切知者とは言えません。無明を晴らし、一切智者となられたが道の勝利者の資格です。

「矢を抜き」とは苦しみの矢を抜くことです。苦しみの原因である渇愛をすべて滅尽されておられるということです。

このようにして、涅槃を体得され、その境地を楽しむ方なのです。

その境地とは、一切の貪りのない境地なのです。

「神々を含む世間を導く人」とは人間や神々も涅槃の境地に導くことができる方という意味です。

ですから、このような方をすべての困難に打ち勝った「道の勝利者」と覚者たちは呼ぶのです。


勝利者は 疑い離れ 苦を去って 涅槃を楽しみ 人神を導く<86>

javascript:void(0)
○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年06月25日 11:48
もしも煩悩が一つしかないと言うなら
全ての煩悩の大親分「無明」がそれであり
「無明」こそが煩悩組合を作っている。
その「無明」を破り
完全に智慧が現れた一切智者は
人間のみならず
神々をも涅槃の境地に導く
「道の勝利者」なのですね。
これより上の境地は無い
一番上なのですね。
上下左右の概念も無いのですね。
ため息が出るばかりです・・・


こころざし
2016年03月14日 06:05
今も無明ですが、無明100%の頃は何時も視点は外でした。○○を得られれば解決する等で、一番はその無明そのものに気が付いてませんでした。
そのような自分の心に勝てたら、本当の意味で勝利者になると感じました。智慧を持って渇愛を捨てれるようになりたいです。