最高を 最高と知り 疑惑ない 不動の聖者 道説き示す<87>

○少年少女のためのスッタニパータ87
・・・
最高が最高と分かるには
いろいろなものを見て、
最高のものに
めぐり合わなければならない。


87.第1 蛇の章 5.チュンダ経 5.

○毎田周一先生訳
この世界で最高のものを最高のものと知り
正に此処で真理を述べ それを詳しく説き明かし
疑ひを断ち切り 情欲から解放された智慧の人を
修業者の中の第二の「道を説き示す者」と(自覚者達は)呼ばれる


○中村元先生訳
この世で最高のものを最高のものであると知り、
ここで法を説き判別する人、
疑いを絶ち欲念に動かされない聖者を
修行者たちのうちで第二の<道を説く者>と呼ぶ


○正田大観先生訳
彼が、この〔世において〕、最高のものを『最高のものである』と知って、
まさしく、この〔世において〕、法(真理)を告知し、区分するなら、
彼のことを、疑いを断ち〔心の〕動揺なき牟尼(沈黙の聖者)を、
比丘たちのなかの第二の者である、道の説示者と言います。(5)


○パーリ語原文
パラマン      パラマンティ     ヨーダ       ニャトゥワー
‘‘Paramaṃ     paramanti      yodha       ñatvā,
最高のものを   最高であると    彼はこの世で   知って

アッカーティ    ウィバジャテー   イデーワ      ダンマン
Akkhāti       vibhajate       idheva       dhammaṃ;
説く         判別して      まさにこの世で   真理を

タン    カンカチダン      ムニン    アネージャン
Taṃ    kaṅkhachidaṃ    muniṃ    anejaṃ,
彼を    疑惑を絶つた     聖者     不動の  

ドゥティヤン   ビックナマーフ      マッガデースィン
dutiyaṃ     bhikkhunamāhu     maggadesiṃ.
第二の      比丘達を  言う    道を説く人と


○一口メモ
この偈では、「この世界で最高のものを最高のものと知り」の説明をしなければならないのならないのです。すでに道の勝利者、道の説示者、道に生きる人、道を汚す人という言葉を使いながら、道の説明をしませんでした。しかし、この道が最高のものなのです。この道とは何か?最高のものとは何か?

仏教の答えは簡単です。それは涅槃です。涅槃は最高とブッダは述べられています。また仏教を海に譬えて、世界のどこの海の水が塩味がするように、仏教のすべての教えはただ一つの涅槃の味がすると言われています。

涅槃は涅槃という言葉を知ればよいのではなく、またその意味を知ればよいのではないのです。その境地を体得して、その境地から自然に実践できることが理想です。それは悟りの最終段階に達した阿羅漢のみができることなのでしょう。

涅槃は言葉で表現できない世界とされていますが、仏教を学ぶ人はそれなりのイメージを持っていると思います。そのイメージの方向性が正しい方向を向いていれば、問題は少ないと思いますが、私が現在思う処は、多くの人々は反対の方向を向いているように思います。お釈迦様がおられた時代には何百、何千、何万という方が悟られたとい話が経典に述べられていますが、現代では、悟られた方はほんの少数のようです。いろいろ間違った情報の氾濫にあるのではないかと思います。

仏教の研究は、多くの仏教研究者によって行われていますが、それらは結果の世界、知識の世界で仏教が研究されています。この世界で最高のものは結果の世界や知識の世界ではなく、原因の世界、智慧の世界のものなのです。そのことを忘れずに涅槃を理解しようとすれば、涅槃は難しいものではなく、むしろ簡単なこと、自然なことだとわかると思います。それは自我をなくした世界でしょう。

そのことを解き明かす方が「道の説示者」というのです。


最高を 最高と知り 疑惑ない 不動の聖者 道説き示す<87>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年06月26日 11:07
どんなに熱心な仏教研究者であろうが
仏道を実践して悟りの実体験を伴わない
仏教研究では
砂上の楼閣の様な者が説く
机上の空論ととられかねない。
実際に涅槃の境地を体得していない者が
有限の言葉でもって
無限の涅槃を
表現出来るはずはありません。
泳げない人が、泳ぎ方を研究して
本を出したって・・・ねえ・・・・
最高のものを最高と知りたかったら
それを体得した聖者に教えていただき
ごちゃごちゃ言わず、考えず
実践実践実践、ただやるだけです。
がんばります。
こころざし
2016年03月14日 06:09
仏教に関する本やその関連を学ぶ団体や会は沢山あると思います。集客や信者獲得、金儲けの要素が入ると、本筋が容易に変わってしまう印象を感じます。
また地元で有名なある修行お寺は観光寺でもあり、収入を得られる為にか、現代受けする内容の仏教が教えてられていると伺った事があります。
こちらで学ばせて頂き、お釈迦様が教えて下さった涅槃を目指したいです。