親戚や 知人の妻と 浮気する 恐れを知らぬ 賤民と言う <123>

○少年少女のためのスッタニパータ123.
・・・
人の奥さんと浮気をしたら、
自分もまわりの人も不幸にし、
世間から非難され、
地獄におちますよ。
ですから浮気はしないこと。
(「子供のためのダンマパダ309」より)

123.第1 蛇の章 7.賤民経 8.

○毎田周一先生訳
親戚や友達の妻に
無理強ひに又は相愛して
会つてゐるもの
彼を「賤民」と知るべきである


○中村元先生訳
123
或いは暴力を用い、或いは相愛して、
親族または友人の
妻と交わる人、
──かれを賤しい人であると知れ。


○正田大観先生訳
123.
彼が、無理強いで、あるいは、了解したうえで、
親族たちの、あるいは、友人たちの、
妻たちと相見えるなら
――彼のことを、『賤民である』と知るがよい。(8)


○パーリ語原文
123.
ヨー    ニャーティーナン    サキーナン    ワー
‘‘Yo    ñātīnaṃ          sakhīnaṃ     vā,
人は   親族の           友人の      或は

ダーレース    パティディッサティ
Dāresu       paṭidissati;
妻と         現れる

サーハサー    サンピイェーナ    ワー
Sāhasā        sampiyena      vā,
強引に       相愛して        或は

タン    ジャンニャー    ワサロー   イティ
taṃ    jaññā         vasalo     iti.
それを   知るべき       賤民       と


○一口メモ
他人の妻との不倫についてのテーマは、「没落経<108>」にもありました。
妻達に 満足せずに 人妻や 遊女に触れれば 彼は没落<108>
http://76263383.at.webry.info/201307/article_8.html

さらに、ダンマパダの309番の「一口メモ」で少し詳しく述べました。その文章をここに再掲します。
放逸で 他人の妻を 犯す者 悪業不満 非難と地獄(309)
http://76263383.at.webry.info/201212/article_13.html

「今回は地獄に落ちるような悪行為として不倫がテーマになっています。
なぜ、不倫が地獄に落ちるような悪行為なのでしょうか?
それを考える前に性行為について正しく理解しておく必要があります。性行為の目的は生殖です。子孫を増やすために行います。その行為が継続的に行われるように、遺伝子は多くの場合、生殖に快楽と言う副作用を付加しています。多くの生物は快楽を求める形で生殖を行うのです。しかし、生殖の目的が達成すると、快楽を求めるという要求も消えていきます。人間だけが、生殖を目的とせずに、快楽のために性行為を行います。(一部の霊長類は人間と同様な行為があるかもしれません。)

不倫は完全に快楽をのみを目的にして行う行為です。不倫する者にとって生殖は迷惑な産物であり、生殖を目的とするのであれば、本来の配偶者と性行為を行う筈です。快楽のみを求める行為は、欲に基づく行為であり悪行為になるのです。性欲は本能だと、性欲に基づく性行為を全面的に肯定する考え方もありますが、本能に基づく行為は理性で制御しなければなりません。本能に基づく行為だと肯定できないのです。また、性欲は食欲などとは異なり、それを満たさなければ死ぬという欲とはことなります。快楽のみを求める性欲は完全に妄想に基づくものであり、妄想に基づくものであるならば、妄想を止めれば、止むものなのです。

さらに、不倫には、それ以上に大きな問題があります。夫婦というものは信頼関係で結ばれたものです。不倫は夫婦の信頼関係を壊すものです。昨日、一昨日でも述べたように比丘と信者の信頼関係を壊すことは地獄に落ちるような大きな罪であることを述べました。それと同様に、夫婦の信頼関係を壊す行為は地獄に落ちるような悪行為なのです。

ですから、今回の詩で述べられているように、不倫をするものは悪業が増え、満足がなく、非難され、地獄に落ちるのです。さらに、国王にも重い罪で罰せられるのです。すなわち法律で罰せられるということです。」(以上引用)


親戚や 知人の妻と 浮気する 恐れを知らぬ 賤民と言う <123>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎7月17日(水)夜の自主瞑想会から7月21日(日)朝の自主瞑想会は、ワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するため、お休みします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年07月22日 00:21
愛の背理の末の
安っぽい別離に酔い痴れ
追憶の中に生きる
男と女。
鎖でつながれた愛って・・・・・・・
こころざし
2016年03月22日 22:42
不倫をしてしまうと、嘘を容易につく流れになると思います。付随してお金や体力・時間もそちらに使うでしょうし、自分の家庭が疎かになると思います。快楽に心奪われる状況は不幸しか招かないと思いますので、戒めたいです。