他をけなし 自分のことを ほめる人 下品な彼は 賤民という<132>

○少年少女のためのスッタニパータ132
・・・
自慢話ばかりする友達は
好きではない
人の悪口ばかり言う友達も
好きではない。


132.第1 蛇の章 7.賤民経 17

○毎田周一先生訳
自分のことはほめ ひとのことはけなし
そのうぬぼれのために
下品になつてゐる人
彼を「賤民」と知るべきである


○中村元先生訳
132
自分をほめたたえ、
他人を軽蔑し、
みずからの慢心のために卑しくなった人、
──かれを賤しい人であると知れ。


○正田大観先生訳
132.
彼が、自らの思量によって、しかして、自己を褒め上げ、
さらには、他者たちを見下す、
下劣な者であるなら
――彼のことを、『賤民である』と知るがよい。(17)

○パーリ語原文
132.
ヨー    チャッターナン    サムッカンセー
‘‘Yo     cattānaṃ       samukkaṃse,
彼が   また 自分を      褒め

パレー    チャ     マワジャーナーティ
Pare      ca      mavajānāti;
他人を    しかし    軽蔑する

ニヒーノー    セーナ    マーネーナ
Nihīno       sena     mānena,
賤しい      自分で    慢心によって

タン    ジャンニャー    ワサロー     イティ
taṃ     jaññā        vasalo       iti.
それを   知るべき      賤民        と


○一口メモ
現在、学んでいる経は「賤民経」です。その始めに述べましたように、賤民とは、一般にはインドのカースト(身分制度)の最下層の人々をいいますが、ブッダはその意味を換骨奪胎(カンコツダッタイ)して、「生まれによって賤民なのではなく行為によって賤民になる」と宣言されました。

その文脈で、既に16の偈について述べられてきました。今回の17番目の偈は、自分を褒めるは、自分のカースト(階級)が高いことを自慢しているとくことになります。また、他人を軽蔑するは、他人のカースト(階級)が低いと見下しているのが直接的な意味でしょう。しかし、賤民かどうかは、カーストで決まるのではなく、行為で決まることになると、自分を自慢し他人をけなすという行為が賤民かどうかの問題になるのです。

賤民かどうかは、真理に従うか、真理に反するかで決まります。真理に反するものは賤民です。自分を自慢し他人をけなすものは、「生命は平等である」という真理に反するのです。そのような人は賤民なのです。

自分を自慢することをカースト(階級)に関して考えてきましたが、もっと広く、他の対象に対しても言えることです。例えば、自分の能力や財産や権力について自慢したり、他人を見下すことについても同様です。

以上、理屈ぽく述べましたが、自慢話しばかりする人の話は周りの人々をしらけさせ、不愉快にさせます。さらに、他人を馬鹿にしけなす人の話も聞いていられないものです。やはり、このような人々は賤民と言うべきなのでしょう。

自慢したり、馬鹿にしたりする心の作用は、仏教では漫という煩悩であると教えています。漫については、既に何回も述べてきましたから、サイト内検索で調べてください。


他をけなし 自分のことを ほめる人 下品な彼は 賤民という<132>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

いけざきなかひこ
2013年07月30日 18:01
ワンギーサさん、こんばんわ。

この偈のような現象はバラエティー番組で
たびたび見られます。
笑いに昇華しても、やはりよくないのでしょうか。
私も冗談っぽく自慢話します。
その際は周りから失笑が漏れます・・・。
失笑が漏れるということは
笑いとして成立している証拠なのでしょうね。
こころざし
2016年03月25日 08:41
身近で、人の悪い面ばかりを話題にする方がいます。「そんな人だから縁を切った」という方の近況を誰かに聞いて、それを話題にして悪口を言ってきた事もあります。
何よりその様な時のその方の顔が暗くて・攻撃的な感じがし、頂けないものを感じました。
振り返れば自分も人の悪口をいう時があります。他をけなすような行為をしないように戒めたいです。