欲深く 人を困らせ 狡猾で 慚愧心ない 彼は賤民<133>

○少年少女のためのスッタニパータ133
・・・
道徳を守るためには
「私は悪いことをする人間ではない」という
プライドが必要だ。
さらに人格を向上させるためには
私というプライドを捨てる必要がある。


133.第1 蛇の章 7.賤民経 18

○毎田周一先生訳
怒りつぽくてけち臭く
悪意があつて利己的で
ずるくて恥知らずの厚かましい人
彼は「賤民」と知るべきである


○中村元先生訳
133
人を悩まし、欲深く、
悪いことを欲し、ものおしみをし、
あざむいて(徳がないのに敬われようと欲し)、恥じ入る心のない人、
──かれを賤しい人であると知れ。


○正田大観先生訳
133.
〔他者を〕悩ませ、かつまた、吝嗇で、
悪を求め、物惜しみで、狡猾で、
恥〔の思い〕なく(無慚)、〔良心の〕咎めなき者(無愧)
――彼のことを、『賤民である』と知るがよい。(18)

○パーリ語原文
133.
ローサコー    カダリヨー    チャ
‘‘Rosako      kadariyo     ca,
悩ませ       ケチ       と

パーピッチョ    マッチャリー    サトー
Pāpiccho      maccharī      saṭho;
悪い欲       物惜しみ      狡猾


アヒリコー        アノッタッピー
Ahiriko          anottappī,
慚(ザン)がない    愧(キ)がない    

タン    ジャンニャー    ワサロー     イティ
taṃ    jaññā         vasalo       iti.
それを  知るべき       賤民        と


○一口メモ
昨日も述べましたように、「生まれによって賤民なのではなく行為によって賤民になる」はブッダの述べた真理です。すなわち真理に反する行為をする人は賤人であるということであります。

今回の偈では、真理に反する行為を具体的にいろいろ述べられています。これを理解するために、真理に従った行為とは何かを理解しましょう。慈悲の瞑想は慈悲喜捨の心を育てるものです。すべての生命が幸せであるように思う慈の心に基づく行為は真理です。また困った生命を助けたいという心である悲の心に基づく行為は真理なのです。生命の喜びに共感できる心に基づく行為は真理なのです。また、生命は平等であるという差別感のない心に基づく行為は真理なのです。(ちなみに、昨日の偈は差別感のない心に反する行為について述べられたものです。)

先ず、(他人を)悩ますことです。これは身と言葉で他人に悩みを引き出すことです。自己主張をして自分の意見を押し通すことや怒ったり、怒鳴ったりすることです。これは生命の幸せを願う心と反する行為なのです。

吝嗇(リンショク)、ケチ、欲張りも真理に反する行為なのです。この心に基づく行為は、困った人を助けたいと思う心に反します。ケチな人は困った人を助けたいとは思わないのです。このような人にとっては人を助けるより、自分のもが大切だからです。

悪い欲とは、ありもしない徳を出そうという欲求です。(注釈書より)

物おしみとは、自分のものは使われたくないと言う心に基づく行為です。これがあれば、困った人を助けることはできません。

狡猾(コウカツ)とは、ありもしない徳を顕示することを特徴として、不正を語り、したくはなくとも私がしますなどと言うことです。

慚(ザン)がないは、内心に対する恥がないということ。すなわちプライドがないので悪いことをすること。

愧(キ)がないは、外部に対する恥(怖れ)がないこと。他人の非難を怖れて悪いことをしないという態度ではないこと。

慚愧心によって人間は道徳を守るのです。慚愧心のない人は平気で悪いことをするのです。慚愧心のない人は、真理に反する人であり、間違いなく賤民なのです。


欲深く 人を困らせ 狡猾で 慚愧心ない 彼は賤民<133>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年07月31日 13:16
ブッダの言葉をよく聴き
理解する努力を怠りません。
獣の脳を
強化しないよう
挑戦し続けます。

ワンギーサ先生
有難うございます。

生きとし生けるものが幸せでありますように
こころざし
2016年03月25日 08:45
道徳的に生きるぞ!と決めていますので、そうでない事をしてた時に反省致します。
また、私が○○という様な自我が少ない方が自分のエゴ的な所が減り、見返りを求めない(善)行為の実施に繋がっていく印象を感じています。
エゴから来る利己的な思考等を減らし、純粋に道徳的に生きれるようになりたいです。