婆羅門や 出家修行者や 乞食を 嘘でだます人 破滅は必定<100>及び<99>

○少年少女のためのスッタニパータ99.と100.
・・・
だます人は
真実によってだまされる。
彼は真実を信じないから。


99.と100.第1 蛇の章 6.没落経 9.と10.

○毎田周一先生訳
第四の没落者は
迎言る通りなのはよく解りました
では世尊よ 第五の没落の始まりはどこにあるのでせうか
それをお示しください<99(9)>

婆羅門や修行者や
その他の乞食(コツジキ)する人を
うまいこといつてだますのは
没落の始まりである<100(10)>


○中村元先生訳
99
「よくわかりました。おっしゃるとおりです。
これが第四の破滅です。
先生! 第五のものを説いてください。
破滅の門は何ですか?」

100
「バラモンまたは<道の人>または
他の<もの乞う人>を、
嘘をついてだますならば、
これは破滅の門である。」


○正田大観先生訳
99.
〔天神が尋ねた〕「かくのごとく、まさに、このことを識知します。
彼は、第四の滅びの者です。
世尊よ、第五の者のことを、説いてください。
何が、滅びつつある者の入り口ですか」〔と〕。(9)


100.
〔世尊は答えた〕「彼が、婆羅門を、あるいは、沙門を、
あるいは、また、他の乞食者を、
虚偽の論で騙すなら
――それが、滅びつつあるの者の入り口です」〔と〕。(10)


○パーリ語原文
99.
イティ     ヘータン     ウィジャーナーマ
‘‘Iti       hetaṃ      vijānāma,
そのように  実にそれを   識別する

チャトゥットー   ソー    パラーバウォー
catuttho      so      parābhavo;
第四の      彼は     没落する人

パンチャマン   バガワー    ブルーヒ
Pañcamaṃ    bhagavā     brūhi,
第五を       世尊よ     説いて

キン    パラーバワトー      ムカン
kiṃ     parābhavato       mukhaṃ’’.
何が    没落しつつある人の  入口

100.
ヨー   ブラフマナン    サマナン     ワー
‘‘Yo    brāhmaṇaṃ    samaṇaṃ    vā,
者は   バラモン      沙門       または

アンニャン    ワーピ    ワニッバカン
aññaṃ      vāpi      vanibbakaṃ;
他の      或は も    乞食者

ムサーワーデーナ   ワンチェーティ
Musāvādena       vañceti,
嘘によって        だます

タン    パラーバワトー   ムカン
taṃ    parābhavato     mukhaṃ’’.
それが  没落しつつある者の         入口


○一口メモ
前回は、自分を産み、育ててくれた親に対する恩を忘れるという悪行について述べましたが、今回は、諸悪をなくしたと言われるバラモンや、諸悪を鎮めた出家修行や、その他の乞食者に対して、「必要なものをお布施しますよ」となど言いながら、お布施しない人々は、それが原因になって破滅あるいは没落しますということが述べられています。

この偈では、バラモン、修行者、乞食者に対してとなっていますが、対象は限定して考えなくともよいと思います。どんな人に対しても嘘をつくことは、没落の原因になるのです。

嘘をつく者は嘘をつかれると言われます。これは仕返しとして嘘をつかれるという意味もありますが、嘘をつく者は、自分が嘘をつく人間だから、他の人間を自分と同じように考えて嘘をつくと考えてしまいます。そこで、人間を信用しません。相手が本当のことを言っても、嘘をつかれたと思うのです。本当のことを嘘だと思った人間は、事実を虚偽だと思うのですから、それに基づいて行う行動は失敗します。没落します。

また、嘘をつく人は、周りの人々から信用されません。他の人間に信用されない人間は成功しません。そのために、不幸になるのです。

嘘をつくということは、真理に反する行為なのです。真理によって、嘘は没落させられるのです。真理とは嘘と反対の性質を持っているのです。


第四の 没落の原因は わかります 第五の原因を 教えて下さい<99>
婆羅門や 出家修行者や 乞食を 嘘でだます人 破滅は必定<100>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

てくてく
2013年07月04日 06:26
おはようございます。
○パーリ語原文について質問いたします。
100番のヨーからワンチェーティまでの日本語訳を教えてください。

生きとし生けるものが幸せでありますように
ワンギーサ
2013年07月04日 08:56
てくてくさん、皆さん、おはようございます。
うっかり、日本語訳のを忘れました。
ごめんなさい。
すぐに、書き込もうとしていますが、
サーバーの都合か、まで書き込めません。
書き込みができるようになりましたら、
すぐに掲載します。
櫻井由紀
2013年07月04日 11:15
怠惰な軟弱者は
嘘がいかに残酷であるか理解していない。
その時、心に溶け出している心所で
自分勝手に主観に基づいて判断する。
心は瞬間瞬間変化し、
一貫した気持ちなど無く
ただ回転し続ける妄想の
瞬間的認識が判断であるので
その下した判断に従って口にした言葉は
感情の洪水の様なものであり
その瞬間的心所の産物は
真理で無いから、その場限りである。
真理に逆らう者の行く末は
決まっていますね。
こころざし
2016年03月17日 07:13
職場で、自分を中心にする為嘘を平気でつく方がいました。最初は友人になってくれてもどんどん離れて行き、最後はいじめを受けた等の発言をして退職して行かれました。
また、他人には仕事姿勢に厳しくても自分には甘く、また気に入った人とそうでない人との対応が違う方も、平気で嘘をつくのと同類な印象を感じます→人が離れていきます。
嘘をつかずに生きる事は、大切な自分の心を育てる要素になると感じています。また不用意な発言をせずに沈黙する姿勢にも繋がっています。戒めて参りたいです。