バラモンの 家に生まれて 何回も 良からぬことを する者がいる<140>及び<141>

○少年少女のためのスッタニパータ140.141.
・・・
バラモンの家に生まれても
度々悪いことをすれば、
この世では非難されて、
あの世では地獄に行く。
行為の結果は止められない。


140.141.第1 蛇の章 7.賤民経 25.26.

○毎田周一先生訳
140.
聖典を読誦する家に生まれ 
いつも聖なる言葉に親しんでゐる婆羅門であつても
よからぬ行ひを屡々してゐるものがゐる

141.
そのやうなものはこの世にあつては非難され
未来に於いては苦難の世界へゆくこととなる
彼の生まれは 彼が苦悩の世界へゆき
非難されることを何等妨げない


○中村元先生訳
140
ヴェーダ読誦者の家に生まれ、
ヴェーダの文句に親しむバラモンたちも、
しばしば悪い行為を行っているのが見られる。

141
そうすれば、現世においては非難せられ、
来世においては悪いところに生まれる。
(身分の高い)生れも、
かれらが悪いところに生まれまた非難されるのを防ぐことはできない。


○正田大観先生訳
140.
〔聖典の〕誦詠者の家に生まれた、
呪文を眷属とする婆羅門たちがいます。
しかしながら、彼らは、諸々の悪しき行為のうちに〔耽っているのが〕、
一度ならず見受けられます。(25) 141.
まさしく、〔現に見られる〕所見の法(現法:現世)において非難されるべき者たちであり、
しかして、未来(来世)には悪しき境遇(悪趣)があります。
〔婆羅門という〕出生は、彼らを妨げません
――悪しき境遇から、あるいは、非難から。(26)

○パーリ語原文
140.
アッジャーヤカクレー    ジャター
‘‘Ajjhāyakakule        jātā,
ヴェーダ読誦者の家に   生まれ     

ブラフマナー     マンタバンダワー
brāhmaṇā      mantabandhavā;
バラモンたちは   真言に親しむ

テー    チャ     パーペース    カンメース
Te      ca      pāpesu       kammesu,
彼らは   しかし    悪い        行為において

アビンハムパディッサレー
abhiṇhamupadissare.
しばしば 見られる

141.
ディッテーワ      ダンメー       ガーラヤー
‘‘Diṭṭheva        dhamme       gārayhā,
見られたる こそ   法で(現世で)    非難されて

サンパラーイェー    チャ     ドゥッガティ
Samparāye        ca      duggati;
来世で          そして    地獄が(ある)

ナ     ネー    ジャーティ     ニワーレーティ
Na     ne      jāti         nivāreti,
ない   彼らを    生まれは     守れ

ドゥッガトゥヤー    ガラハーヤ    ワー
duggatyā        garahāya     vā.
地獄から        非難から     或は

○一口メモ
今回の140番と141番の偈は、昨日と反対にヴェーダ読誦者の家という最高階級のバラモンの家で生まれても、しばしば悪い行為をしているならば、現世では非難され、死後すなわち来世では地獄に落ちるということになるのです。それは、彼らがバラモンの家に生まれても、それを防止することが出来ないのです。

この事実で、改めて、「生まれによって賤民になるのではない。生まれによってバラモンになるのではない。行為にとって賤民になり、行為によってバラモンになる」ことを示しておられるのです。


バラモンの 家に生まれて 何回も 良からぬことを する者がいる<140>

現世では 非難を受けて 死後地獄 行為の結果 止められない<141>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように


私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎緊急連絡:8月10日(土)から8月14日(火)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。尚、朝5時から7時の自主瞑想回は通常通り行います。理由はワンギーサが大阪のアラナ精舎における瞑想合宿に参加するためです。しかし、朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年08月05日 11:51
「心の浄化」は
誰も肩代わり出来ません。

「心のあり方」 ですね。
水口かよこ
2013年08月05日 19:14
思い出
勉強は、イライラする自分がいて、そのせいで、学校の帰り道、いたずらを、しました。畑の方はとってもショックで心病んだだろうなと、今思います。

イライラさせる勉強を憎み、最低限にしました。私は逃げたのです。

この掲示板には、多大なそう言った見えない所での、苦難がおありだったろうと察します。

無駄にならぬよう、今日のブッダのお言葉の多大な慈しみを感じます。

管理人様ありがとう。ブッダに感謝。
こころざし
2016年03月27日 07:51
尊敬されない・喜ばれない存在になってしまうと、未来はないように思います。少なくとも卑下されない・嫌われない生き方は必要になるかと思います。
余談ですが接点のある経営者の姿勢から上記を実感する機会があります。戒めて参りたいです。