梭(ヒ)のように 真直ぐに思い 行えば 幸せになり 聖者と言われる<215>

○少年少女のためのスッタニパータ215.
・・・
機織りがどのように
為されているか見ると良い。
縦糸の間に横糸を真直ぐに
右、左に梭(ヒ)を使って入れる。
そこから何が解るか?


215.第1 蛇の章 12.聖者の経 9.

○毎田周一先生訳
215(9)
梭(ヒ)のやうに真直ぐに立って
よくないことはしないやうに
不正な事と正しい事を はっきり見分けてゐる人――
かういふ人を亦 賢い人が「静かな人」であるといふ


○中村元先生訳
215
梭のように真直ぐにみずから安立し、
諸々の悪い行為を嫌い、
正と不正とをつまびらかに考察している人、──
諸々の賢者は、かれを<聖者>であると知る。


○正田大観先生訳
217.(215) 
彼が、まさに、梭(機織の道具・シャトル)のように、真っすぐに自己を安立し、
諸々の悪しき行為(悪業)を忌避し、
しかして、不正と正義〔の両者〕を〔あるがままに〕考察しているなら、
まさしく、彼をもまた、慧者たちは、「牟尼」と知る。(9)

○パーリ語原文
217.
ヨー    ウェー    ティタットー    タサランワ     ウッジュ
Yo     ve       ṭhitatto      tasaraṃva      ujju,
誰でも  まさに    自己を安立し   梭のように   真直ぐに

ジグッチャティ    カンメーヒ    パーパケーヒ
Jigucchati       kammehi    pāpakehi;
避ける         行為を      悪い

ウィーマンサマーノー    ウィサマン    サマンチャ
Vīmaṃsamāno        visamaṃ     samañca,
考察しているならば    不正       公正と

タン    ワーピ     ディーラー    ムニ     ウェーダヤンティ
taṃ    vāpi       dhīrā       muni     vedayanti.
彼を    もまた      賢者たちは    聖者と     知る


○一口メモ
梭(ヒ)とは何か?次の通りです。「織機の付属用具の一。横糸とする糸を巻いた管を、舟形の胴部の空所に収めたもの。端から糸を引き出しながら縦糸の間を左右にくぐらせる。シャトル。」

この偈の意味は、機織りがどのようになされているかわからないと、実感が伴わないのですが、この偈の由来は、舎衛城(サーヴァティ)における、ある長者の娘が高殿から降りて下の階の織物師の部屋に行って、梭を動かしているのを見て、それと対比される、人生の様相を理解しました。そして、すべての人々の言葉や行為が、梭のように真直ぐであったらよいなと思いながら瞑想しました。そうすると、人生の無常・苦・無我の様子が明らかになって来ました。

その様子を察知された世尊は、彼女のために、「誰でも、機織りの梭のように、自分の真直ぐに確立し、悪い行為を避け、公正と不正を考察するならば、その人を賢者らは聖者だと知る」と説かれました。彼女はこの説法を聞いて預流果に悟ったと言われています。

ここで、公正とは何か、不正とは何かを明らかにしておきたいと思います。公正とは真理に適うこと、不正とは真理に反することです。では真理とは何か?「生きとし生けるものが幸せでありますように」ということです。不正とは「生きとし生けるものが幸せでありますように」に反する事柄です。


梭(ヒ)のように 真直ぐに思い 行えば 幸せになり 聖者と言われる<215>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年09月23日 16:38
縦糸を見ても
横糸を見ても
ピーンッと真っ直ぐに張っているから
なめらかに
左右に
滑り行くシャトル。
何度も何度も少しずつ
左右に繰り返し行く事で
見事な織物を織り上げるのですね。
やさしく、丁寧に・・・・・・・ね。

生きとし生けるものが幸せでありますように
こころざし
2016年04月12日 09:33
時間が容赦なく過ぎていく中で、緩んでいるとたわみ・締まりのない状況になる自分を感じる事があります。ハッと気がつき、休息するのか?・実践するのか、実践するならしっかりと、と喝!を入れる自分がいます(と言ってもお尻が重いので、甘いのですが・・)
まっすぐに実践が出来るように精進したいです。