殺生と 盗みと嘘と 姦淫が 生臭である 肉食でない<242>

○少年少女のためのスッタニパータ242(4)
・・・
生臭は
食べものによるものでは
ありません。
悪いことをして
心が臭くなるようなこと。


242.第2 小さな章 2.生臭経 4.

○中村元先生訳
242
「生物を殺すこと、打ち、切断し、縛ること、
盗むこと、嘘をつくこと、詐欺、だますこと、
邪曲を学習すること、他人の妻に親近すること、
──これがなまぐさである。肉食することが<なまぐさい>のではない。


○正田大観先生訳
245.(242) 
〔過去仏カッサパは答えた〕
「命あるものを殺すこと、〔命あるものを〕打つことと切ることと縛ること、
〔物を〕盗むこと、
虚偽を説くこと、欺くこと、さらには、騙すこと、
〔役に立たない〕学問に従事すること、他者の妻と慣れ親しむこと
――これが、生臭です。まさに、肉を食べることではありません。(4)


○パーリ語原文
245.
パーナーティパートー    ワダチェーダバンダナン
‘‘Pāṇātipāto          vadhachedabandhanaṃ,
生きものを殺すこと     打ち・切り・縛ること

テッヤン    ムサーワードー  ニカティワンチャナーニ  チャ
theyyaṃ    musāvādo      nikativañcanāni       ca;
盗むこと    嘘をつくこと    欺き・だますこと       と

アッジェーナ  クッジャン   パラダーラセーワナー
Ajjhena     kujjaṃ      paradārasevanā,
学ぶこと    邪曲を     他人の妻に親しむこと

エーサーマガンドー   ナ    ヒ     マンサボージャナン
esāmagandho       na    hi      maṃsabhojanaṃ.
これが生臭        ない   決して   肉を食すること


○一口メモ
生臭い獣の肉や魚の肉を食べることを生臭さと言われていたようです。しかし、過去仏のカッサパ仏はそうではないと次のように言われました。「生臭とは、食べるものが生臭いのではなく、死んだ時に肉が臭いものをいうのだ。」と。

生きものを殺すこと、盗むこと、嘘つくこと、他人の妻に親しむことなど、後に五戒と定められて項目の4つまでがなすべきことでないこと、すなわち悪いこととして指摘されています。これらの行為で心が汚れ、不快な悪臭を放つようになるのです。食べるものが悪臭を放ち生臭いから、生臭と呼ばれるのではないと述べています。

一方、煩悩のない人々は、たとえ死体になっても悪臭はない。肉食が生臭というのではないというのです。

この立場から見ると、戒(道徳)を守らない人は生臭であり、戒(道徳)を守る人は生臭ではないということになります。そうであるならば、ある出家者を批判して、生臭坊主という言葉が使われますが、在家者も生臭人間にならないように注意した方がよいと思います。

最後に、酒類の使用を禁止した五戒についてとの違いについては次のように考えます。道徳は他人との関係で問題になることです。酒類を使用すること自体が罪ではないのですが、酒類の使用することによって、理性をなくすようになり、罪を犯す恐れがあるため、五戒には親切に酒類の使用を禁止しているのです。しかし、過去仏の時代では、酒類の使用の禁止を言う必要がなかったのではないかと思います。


殺生と 盗みと嘘と 姦淫が 生臭である 肉食でない<242>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎10月25日(金)から10月31日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。
理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。



◎11月2日(土)の夜のゴータミー精舎における自主瞑想はお休みいたします。
理由は八王子・正山寺のカティナ衣法要にワンギーサが参加するためです。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年10月16日 09:51
盲目的に「苦行修行」を
盲信実践するティッサさんには
正しい観察と判断が出来ず
「生臭」が
「心」の事である事が
分かりませんでしたね。
しかしながら、
物質を作るのは
半分は「心の領域」ですから
心が汚れていれば
身体を洗っても洗っても
デオドラントが効かない程
臭く、汚れ、
心が清らかであれば
身体も臭くなく
むしろ薫るでしょうね。
生臭人間にならないように気をつけます。

生きとし生けるものが幸せでありますように
MK
2013年10月16日 22:35
色々堅苦しく考えすぎていたのかもしれません。
ですが酒類の使用は罪ではないのでしょうか?もしそうなら、酒はほどほどにと付き合い程度に飲むことは罪ではないのでしょうか。
とりあえず、五戒をしっかり守って、臭くない人間を目指します。
こころざし
2016年04月23日 07:43
本文を拝見し、もし食べ物だけ注意してそして五戒が守れなければ、意味がないと感じました→その人の姿はきっと生臭く見えるかと思います。それはある意味で人間らしいとも思いますが、とても出家者とは言えないと思います。また、仏道を実践している在家とも言えないと思いますので、戒めたいです。