欲望を 制することなく 悪をなす これが生臭 肉食でない<243>

○少年少女のためのスッタニパータ243(5)
・・・
悪いことをすると
生臭の臭いがたまる。
それが加齢臭かな。
神々には人間は臭いそうだ。
悪いことをする人が多いのかな。


243.第2 小さな章 2.生臭経 5.

○中村元先生訳
243
この世において欲望を制することなく、
美味を貪り、不浄の(邪悪な)生活をまじえ、
虚無論をいだき、不正の行いをなし、頑迷な人々、
──これがなまぐさである。肉食することが(なまぐさい)のではない。


○正田大観先生訳
246.(243) 
彼ら、この〔世において〕、諸々の欲望〔の対象〕にたいし自制なき人たち、
諸々の味にたいし貪求ある者たち、不浄の状態と交わる者たち、
『〔何であれ〕存在しない』という見解(断見論)ある者たち、
不正なる者たち、捉えどころなき者(教え難き者)たち
――これが、生臭です。まさに、肉を食べることではありません。(5)


○パーリ語原文
246.
イエー   イダ    カーメース    アサンニャーター   ジャナー
‘‘Ye      idha    kāmesu     asaññatā         janā,
誰でも    ここで   欲望に     抑制がない       人々

ラセース   ギッダー    アスチバーワマッスィター
rasesu     giddhā      asucibhāvamassitā;
味において 貪り        不浄な存在と混ざり

ナッティカディッティー    ワイサマー     ドゥランナヤー
Natthikadiṭṭhī         visamā       durannayā,
虚無的見解(を持ち)    不正で       導き難い

エサーマガンドー  ナ   ヒ     マンサボージャナン
esāmagandho     na   hi      maṃsabhojanaṃ.
これが生臭      ない  決して  肉食


○一口メモ
昨日の偈では、戒(道徳)を守らないことが生臭である、肉食が生臭ではないと述べられました。今日の偈では、そのことをもう少し、心の内面に注目して、生臭とはどのような人であるのか述べています。

先ず、欲望に対して抑制のない人は生臭であるということです。更に具体的に、美味しいものを求めて貪っている人が生臭なのです。グルメブームに乗って、美味しい料理を求めて渡り歩いている人は生臭と言われてしまうようですね。

次は「不浄の(邪悪な)生活をまじえ」あるいは「不浄の状態と交わる者たち」と訳された意味は何なんでしょう。注釈書によりますと、「その味を貪るため、味を得るために、『種々の間違った生活(邪命)』と呼ばれる不浄な状態と混じりあっている。」と書かれています。お酒を飲むということも含まれているのかもしれません。昨日の偈では飲酒のことは書かれていませんが、ここで書かれているのかもしれません。

「虚無論をいだき、」或は「『〔何であれ〕存在しない』という見解(断見論)ある者たち、」は何かは具体的に書いた方が分かりやすいでしょう。十項目の邪見です。①布施はない、②献供はない、③祭祀はない、④善作・悪作の諸業の果報はない、⑤此世はない、⑥他世はない、⑦母はいない、⑧父はいない、⑨化生・有情いない、⑩沙門・阿羅漢はいない(『南伝』64巻、255頁)。これらはブッダが一番批判した邪見です。

「不正の行いをなし」あるいは「不正なる者たち」とは、昨日述べた不正な行いを為す者達を言っています。

「頑迷な人々、」あるいは「捉えどころなき者(教え難き者)たち」は、現世に執着し、こだわり、真理を悟り難いことです。頑固な人、教え難い人は確かにいて、そのような人は成長は困難です。(また逆に、素直な人は、育てやすく、すぐに成長します。慈経の始めに詳しく述べられていました。)

これらの人々が生臭であり、肉食をする人を生臭というのではないのです。


欲望を 制することなく 悪をなす これが生臭 肉食でない<243>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎10月25日(金)から10月31日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。
理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年10月17日 09:48
虚無論を抱けば
やりたい放題
無責任な悪業をなす事になり
その愚者は自ら
阿鼻地獄に落ちる
「苦果」を受け取るでしょうね。
放逸に流される者の
垂れ流す「生臭さ」は
地獄の獄卒が
その悪臭を嗅ぎ取るでしょうね。
恐ろしい・・・・・・・・・・・・・・・

生きとし生けるものが幸せでありますように
ぽん母さん
2013年10月17日 21:27
美味しいもの好きなので耳が痛いです。
さっそく食事にサティを入れてみました。
ほとんど味わっていないことに気づきました。
今までいったい、
どうやって美味しいと判断してたんでしょうか・・・
明日も身体を修復して維持するためだけに、
適量を守って食べます。
日常のサティは難しいですが、
毎晩の瞑想はすっかり日課になりました。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
MK
2013年10月18日 00:17
食事に対しても、普段の生活に対しても、欲少なく戒を守り、正しい生活をすることが生臭ではないと聴くと、なるほどと思いました。
ただ、美味しいものを求めて貪っている人って、あまりにも多すぎる気がします。特に、美味しいものを食べる、お酒を飲むということは、現代人にとって当たり前のことであり、当然の欲だと思われている節があると思います。
だからといって、僕もそうしたいというわけではありません。
生臭な体にならないためにも、引き続き五戒を守ります。
こころざし
2016年04月23日 07:46
道徳を守らないと、それはどんどん顔に出ると思います。それは心の色合いやオーラ?みたいな表現にもなるでしょうか。道徳を守り輝いている人にはない暗さがあるように思います。
そのような生臭さを持たない様に自分を律し、気を付けて参りたいです。