行ないが 粗暴・残酷 物惜しみ これが生臭 肉食ではない<244>

○少年少女のためのスッタニパータ244(6)
・・・
あいつは生臭だ。
友達を裏切った。
じゃ、お前はどうなんだ。
何も人にあげないだろう。


244.第2 小さな章 2.生臭経 6.

○中村元先生訳
244
粗暴・残酷であって、陰口を言い、
友を裏切り、無慈悲で、極めて傲慢であり、
ものおしみする性で、なんびとにも与えない人々、
──これがなまぐさである。肉食することが(なまぐさい)のではない。


○正田大観先生訳
247.(244) 
彼ら、粗野な者たち、凶悪な者たち、陰口を言う者たち、
朋友を裏切る者たち、慈悲なき者たち、高慢の者たち、
さらには、施さないことを戒として、誰にであれ施さない
――これが、生臭です。まさに、肉を食べることではありません。(6)

○パーリ語原文
247.
イェー   ルーカサー    ダールナー    ピッティマンスィカー
‘‘Ye     lūkhasā      dāruṇā       piṭṭhimaṃsikā,
彼ら    粗野な       強暴な       陰口を言う

ミッタッドゥノー    ニッカルナーティマーニノー
mittadduno      nikkaruṇātimānino;
友を裏切る      慈悲のない・極めて傲慢な

アダーナスィーラ      ナ    チャ    デンティ     カッサチ
Adānasīlā           na     ca     denti       kassaci,
施さないことを性として   ない  そして   与え        誰にも

エサーマガンドー   ナ    ヒ    マンサボージャナン
esāmagandho      na    hi     maṃsabhojanaṃ.
これが生臭      ない   決して  肉食


○一口メモ
昨日は生臭とはどのような人なのか述べました。欲望に対して抑制のない人などが生臭だと述べました。今回は更に、次のような人が生臭であると述べています。

① 粗野な人、粗野とは広辞苑には、「言語・挙動などがあらくて卑しいこと。露骨で礼儀を欠くこと。」と書いてあります。
② 陰口を言う人とは、相手の前では甘いことを言いながら、背を向けると誹謗する人です。
③ 強暴な人は荒々しく、悪語を弄する人です。
④ 友を裏切る人、友達が自分の妻・財産・命について信頼を置いてくれるのに、その友達の妻・財産・命に対して間違った行為をする人です。
⑤ 慈悲のない人とは慈悲の心が欠けて、衆生の不利を望む人です。
⑥ 極めて高慢な人とは、自分の家柄・財産・容色・能力などのどれかを自慢して、他人を軽蔑する、あるいは自己顕示欲のある人です。
⑦ もの惜しみの性格がある人です。
⑧ 誰にも何も与えない人です。

この偈では以上八項目の点を指摘して、これらの人は生臭だと述べています。確かに、その通りだと思います。であるならば、自分にそのようなことがないか、自分にこのような性格はないか厳しく点検してみる必要があります。私達は他人のことはよくわかりますが、自分のことになるとよくわかってない場合が多いからです。これら一つでも思い当たることがあるならば、その点を頑張って、修正する必要があります。生臭にならないために。


行ないが 粗暴・残酷 物惜しみ これが生臭 肉食ではない<244>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎10月25日(金)から10月31日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。
理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。



◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

みき
2013年10月18日 06:08
おはようございます、ワンギーサ先生。『生臭』にならないように自分を戒めて鍛えていきたいと思います。全ての『生臭』をなくすことは大変難しく思われるので、自分ができることを一つでも徹底します。少しずつでも実践を通して成長できたらよいですね。
櫻井由紀
2013年10月18日 09:30
欲望や敵意と言った
間違った観念を抱く人間は
無智ゆえ
自ら苦海に飛び込み
溺れる。
何一つ所有せずとも
「慈悲心」だけあれば
それで良いのです。

生きとし生けるものが幸せでありますように
ぽん母さん
2013年10月18日 21:21
大きいものは多分ない、
けど小さいものは・・・いっぱいあります!
聖者の方々に非難されるような
どんな小さな罪もおかさないように、
これからも慈しみと気づきを実践します。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
MK
2013年10月18日 22:14
もの惜しみの性格が結構あります。
自分がギリギリでやりくりしているのに、食事をおごるだとか、余分に払うだとかなかなかする気にならず…。
そのわり、皆からの好意には甘え、おごってもらうことがしばしばあります。

せめておごってもらった分だけでも、或いは自分の小遣いを削ってでも、もの惜しみを捨てるために、人のために、生臭にならないために、お金を使えるようになります。
こころざし
2016年04月24日 09:32
人の事は見えても、実はその流れを自分の悪行為が作っていないかを観察できるようにしたいです。また何か嫌な事をされると容易に怒りが出る自分ですが、その怒りを止めて、ではどのように接するのが良いのか、沈黙するのか?その場を離れるのか?穏やかに対応していくのか?・・そのような智慧が持てる余裕があるようになりたいです。その為にはまず自分が生臭でない様にする事が必要と思います。その実践をして参ります。